嗤う伊右衛門 (中公文庫)

  • 1434人登録
  • 3.81評価
    • (241)
    • (184)
    • (368)
    • (9)
    • (2)
  • 171レビュー
著者 : 京極夏彦
  • 中央公論新社 (2004年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (381ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122043763

嗤う伊右衛門 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • おどろおどろしい四谷怪談が京極先生の手によって読後暫く放心してしまう程、美しい純愛小説に。
    四谷怪談といえば、伊右衛門は極悪非道。お岩は控えめで、夫からの理不尽な仕打ちで亡くなり怨霊となって出てくる恐い女、というのが長年のイメージでした。
    ところが、嗤う伊右衛門での二人は全くの別人となっています。
    伊右衛門とお岩は本当は愛し合っているのだけど、不器用で、気付くのが遅かった。もしくは知らないままの方が良かったのか。

    ラストの二人は美しいです。

  • 四谷怪談の話は、片顔崩れたお岩さんが怨霊となり、
    恨んだ相手を呪い殺す、くらいのことしか知らなかったけど、
    お岩さんの夫、伊右衛門を中心にした新解釈のお話し。

    岩の気高さ、頑固さ、聡明さが描かれていて、怪談話ではなく
    歴史小説として読んだ。
    ぶ厚いけど、文体のテンポがいいのでどんどん読める。

    喜兵衛の悪徳っぷりが徹底している。
    又市のキャラが好き。
    一番怖いのは、梅。
    最後はぞっとするけど、純愛にも感じる。

  • 読んでいて苦しかった。
    わかったことは妖怪や幽霊などよりもよっぽど人間の方が恐いということ。
    うまくいかずに自分のいいように捉え隠し明るく生きてみても、綻んだ瞬間の雪崩のような出来事にただただ、恐怖を感じる。
    小さなすれ違いから大きな誤解を生み、でもそれを埋めるにはそもそもの環境が違うわけで、解決方法さえわからずにいる…
    人間ってやはり複雑だなぁ、と。

    この小説、私は嫌いでした。
    ジワジワくる嫌悪感を持ちつつ、ただひたすら終わるのを待つだけ。
    でもやっぱり圧倒的なパワーがあって、読んでいて辛いのに途中で放り出すことはできないもどかしさ。
    また10年後読んでみたら違う感想が出てくるのだろうか。
    こんなにも嫌なのに間違いなく印象に残る一冊です。

  • 11月の9冊目。今年の195冊目。

    『しゃばけ』に続き、時代物を読みました。面白かったですね。ただ、残念なことに私の知識不足のせいで、いまいち建物や道具などがうまく頭の中でイメージできないですね。もともと『四谷怪談』という話が元ネタにあるらしいですが、それとは全然違うっていう話ですね。まぁ元ネタはこれを読むまで知らなかったし、内容もかじった程度なので、全然わかりませんがね。ただ、それでもこの本はそれ自体面白い。何が面白いって訊かれると難しい。色々後から来る感じですね。じわーっと。

  • 高田衛さんの解説により、又さんが四谷雑談集生まれと初めて知る…。
    こうなったらそちらも読んでみなきゃって読みやすいのあるかな。

  • 1回読み終わってすぐに読み直したのは久しぶりだ。

    1回読んだだけでは理解できなかったところがいくつかあったのと、「もっと奥深いはず」と思ったから、2回読んだ。 2回目のほうが面白かった。面白いというか涙が出そうになった。

    まずは使われている言葉が凄くいい。江戸時代に本当に使われていた言葉なんだろうか、それとも作者の作った言葉なんだろうか。適切に言葉や文言が選んであり、この物語の雰囲気を作り出し、内容をぐっとよくしている。

    また、私の苦手な登場人物が多いパターンで、梅と袖や、直助と又市なんて1回読んだだけでは理解ができなかったが、2回読むことでやっとそれらの関係がわかるようになった。

    2回読んでもまだ良くわからない箇所がいくつかあった。もしかしたらこれがつながってくると、もっと楽しめるのかなぁ。

    ・母親の存在
     針売りの母親の話と、確か最後に伊右門が「母が恋しいか?」と言うが関連ある?

    ・結局岩があのような顔になったのは誰のせい
     わざとぼかしてあるのかな。最後に又市が伝えようとしたことから想像するのでOK?

    ・蚊帳
     うーん。かなり重要なものだったと思うんだけどな。結界みたいなイメージで良いのかな。

    ・木が水を吸い上げる音  これも良くわかんなかったんだよね。その不気味さがいったいどこにかかってくるのだろう。
      京極氏の本は分厚いのに挑戦したいのだが、なかなか踏み切れなくて。でもこんなに面白いんなら近々別のも挑戦してみるかな。

  • 四谷怪談のお岩さんの話。でも全然幽霊の怖さはない。
    歪んだ人たちの中で、岩と伊右衛門が本当にかっこよく見える。
    京極夏彦で今のところ一番薦めたい本。

  • 疱瘡を病み、顔崩れても凛として正しさを失わない女・岩と、生まれてこのかた一度も笑ったことのない侍・伊右衛門。
    京極夏彦版「四谷怪談」!

    それぞれがそれぞれに生きにくさを抱えていて、それをどうにかしたいと思いつつも、どうにかするだけの上手い方法も、かといって全く見てみぬふりも出来ず。ただこの辛さをどうにかしたいのに、どうにもすることができずにいることの、この不器用さ。
    ここのところを、鈍感になれないがために苦悩し、しかし誇りがあるがゆえに誰にも甘えられないというのが、この京極版のお岩さんである。彼女の造詣が素晴らしい。私は本家の四谷怪談の話をほとんど知らないのであるが、これが画期的なお岩さん像であることは想像がつく。
    この誇り高い岩と伊右衛門が出会うことによって、物語は進んでいくのだけれど、しかし二人が出会ってもそう事は上手く進まない。むしろ、もどかしく、ままならない展開ばかりで、生きることに拙い二人に胸が痛くなるばかりである。
    正直であること、正しくありたいと願うことは、口で言うのは簡単だけれど、実際の生活レベルで実践しようとするならば、よっぽど恵まれた環境と恵まれた偶然がなければ自分が傷ついていくばかりなのかもしれないなぁ、と思うと少々切なすぎる。
    そういう意味では、この伊右衛門と岩にはもっと「あざとさ」が必要だったのだろうと思う。

    というわけで、書かれている内容はとても身に染みたのであるが、そのくせ私の評価は☆三つ。
    なぜかというと、どうも私は京極氏の文章が読みにくくてしょうがないのです・・・肌に合わないといいうか。『姑獲鳥の夏』も、読んでいる間は結構辛かったしなぁ。それと、京極さんの本は文章がページを跨がない、ということなので、ページごとにそのことを「ほんとかな?」と確認してしまうんだよね(笑)。それで読んでいる間も、気がそれてしまうというか。
    あ、この文庫でも本当に一ページも文章がページを跨いでいるところはありませんでした。凄いけど、そこにそれだけ労力を使う必要があるのかと、ちょっと疑問。

  • 怪談というより、人間の情念。岩が魅力的。

  • 第25回泉鏡花文学賞受賞作品。
    四谷怪談のお岩と伊右衛門だと思って読んでいたら、予想外の展開、予想外の登場人物設定に非常に引き込まれました。ところどころ涙する場面もあり、最後は涙が頬を流れて本を閉じるという形になりました。お岩と伊右衛門の間の愛情は非常に深かったです。

    お岩という女性を通して、当時の女性というものがどういう立場なのか、妻とはどういう立場のものなのかということがよくわかりました。

    生きている間に出会うたくさんの人の中に、自分を大切に思ってくれる人がいる。しかし、素直にその気持ちを伝えられなかったり、受け入れられなかったり…。出会いが生む切なさから「愛」という感情を知るのかもしれません。

全171件中 1 - 10件を表示

京極夏彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

嗤う伊右衛門 (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

嗤う伊右衛門 (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

嗤う伊右衛門 (中公文庫)の単行本

嗤う伊右衛門 (中公文庫)の新書

嗤う伊右衛門 (中公文庫)のKindle版

ツイートする