隋唐演義〈4〉女帝武則天ノ巻 (中公文庫)

  • 49人登録
  • 3.56評価
    • (4)
    • (6)
    • (15)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 田中 芳樹 
  • 中央公論新社 (2004年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122043923

隋唐演義〈4〉女帝武則天ノ巻 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • この巻はきついなぁ。
    前半の主人公だった秦叔宝も今はなく、活劇というよりも陰謀の時代になってしまい、則天武后やら韋后やらがライバルや夫(!)まで殺しまくる。
    特に則天武后が王氏と蕭氏の四肢を切断して殺しちゃうあたりは、有名な話だけど何とも凄絶。
    早く開元の治にならないかと思いつつ読みました。

全1件中 1 - 1件を表示

隋唐演義〈4〉女帝武則天ノ巻 (中公文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

隋唐演義〈4〉女帝武則天ノ巻 (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

隋唐演義〈4〉女帝武則天ノ巻 (中公文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

隋唐演義〈4〉女帝武則天ノ巻 (中公文庫)はこんな本です

隋唐演義〈4〉女帝武則天ノ巻 (中公文庫)の単行本

ツイートする