蚤の王―野見宿禰 (中公文庫―コミック版)

  • 52人登録
  • 3.87評価
    • (7)
    • (6)
    • (10)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 安彦良和
  • 中央公論新社 (2004年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122044128

蚤の王―野見宿禰 (中公文庫―コミック版)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 安彦良和の古事記シリーズ其の三。「神武」と「ヤマトタケル」を繋ぐ時期の物語。「ヤマトタケル」は古事記と謳ってはいないですが。
    土師氏の起源となる話でした。個人的には、当麻蹶速と野見宿禰の大格闘漫画としゃれこんでほしかったのですが。

    そちらは夢枕獏さんに期待することにします。

  • 手仕事が人の心を癒していく展開は感動的だったし、芸術も手仕事として捉えると、そこにはより一層広い意味があるような気がする。これまでのシリーズの流れを考えると、文化が出来上がっていく過程を見ている感覚にもなった。

  • 【古代】

全3件中 1 - 3件を表示

安彦良和の作品

蚤の王―野見宿禰 (中公文庫―コミック版)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

蚤の王―野見宿禰 (中公文庫―コミック版)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

蚤の王―野見宿禰 (中公文庫―コミック版)を本棚に「積読」で登録しているひと

蚤の王―野見宿禰 (中公文庫―コミック版)はこんな本です

ツイートする