スカイ・クロラ (中公文庫)

  • 5699人登録
  • 3.62評価
    • (512)
    • (607)
    • (1038)
    • (131)
    • (32)
  • 646レビュー
著者 : 森博嗣
  • 中央公論新社 (2004年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (333ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122044289

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

スカイ・クロラ (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • 5月に入って晴れの日が続いて、きれいな青空を見ているとなんだか無性に読みたくなった。以前断片的に見た映画の記憶が、晴れた空の映像が多いものとして頭に残っているからだと思う。
    私は小説を読むときはいつも頭の中にそのシーンが映像で浮かぶのだけれど、このスカイ・クロラはどこを読んでいても、浮かんでくるのは青空だった。先入観と映画の情報があって全く初めて読むとは言えないから、まっさらな状態で浮かんだものではないけれど。そんな青い空の下を飛ぶのは戦闘機で、キルドレと呼ばれる戦死でしか死ぬことのない年をとらない子供たちが戦争をしている。私は飛行機にも戦闘機にも全く明るくないんだけれど、何となくコックピットからの眺めが頭に浮かぶ。描写が詳しくて、寝る前に読むと夢うつつな中で空を飛んでいたりする。読んでいると、飛びたくなる。戦争とは、かなしいもの、なのかもしれないけれど、そんな一言で表すことができるわけないけれど、この物語の中には、戦争に生きる意味を、術を見出している人間がいる。そして戦っていない者でも、何も荷担していないとは言えない、そういう世界なのだ、戦争が起こる世の中とは。そんなことが描かれていた。晴れた空の下に広がる物語は、美しく、どこか寂しかった。

  • 死を内包した物語。

    飛行機は、そもそも死を内包した乗り物である。
    それが戦闘機とくれば、死はますますあからさまになる。
    その飛行機乗りとして子どもを乗せる。
    それがスカイ・クロラの物語の世界である。

    空のシーンとした静けさを感じさせるような文章。
    淡々とかすな息遣いで語られる物語。

    主人公の僕“カンナミ”は草薙水素という女性の上司のもとに赴任する。
    ともに大人になるのを拒否したキルドレ。
    出会いから、恋愛めいた空気がかすかにたちこめる。
    しかし、それは、実は。
    僕は優秀なパイロット。
    注意深く、手順を踏まえて、敵を撃つ。

    物語は飛行シーンと地上シーンとで
    異なる空気感を醸す。
    飛行シーンは精密なマシーンのようにマニアックで静謐な孤独。
    地上シーンは人との関わりの中での孤独。

    キルドレは孤独。
    コクピットも孤独。
    群衆も孤独。

    「理解しようとするほど、遠くなる。
    どうしてかっていうと、理解されることが、僕らは嫌なんだ」

    「死にたいと思ったことがある?」
    「だから、しょっちゅう」

    「電話のベルが鳴ったり、止んだりするみたいなものなんだ」

    「鳴りっぱなしじゃ煩いし、鳴らなかったら、
     電話がどこにあるのか、みんな忘れてしまう」

    そして、キルドレのもう一つの志向は死。

    物語はラストへ静かに加速する。
    フルスロットルで上昇する飛行機のように。

    森博嗣の小説は理科系ミステリーという
    新境地を拓いた。

    理科系の段階的思考を果てしなく積み重ねて。
    あるいは仮説の構築をいくつも繰り返して。
    それらは頭脳の中で。
    そして、熱の少ない、静かな文章を紡ぐ。
    ラストまで一気に。

    静けさ。科学の果てのリリカル。
    それは宇宙飛行士が地球上に戻って見る
    宗教的境地にも似ている。

    このスカイ・クロラは
    空を飛ぶ物語。
    その文章はリリカルで地表を離れて浮遊している。

    カンナミは空を飛んで
    敵を撃ち落とし
    仲間とかすかに触れ合い
    草薙という上司と対峙する。
    永遠は一瞬。
    永遠に大人にならないこと。
    永遠は死。
    大人にならない子どもは
    だから、空を飛ぶ。

  • 『スカイ・クロラ』再読3回目
    JKになってお小遣いアップした記念(?)で大人買いしたシリーズ。
    つぅ…とした感じで起伏があまりないストーリーが相変わらず心地よかった。
    確たる自己を持っていないのに周囲に合わせない主人公に魅力を感じてしまい読むにつれこんな人になりたいと毎度思う。2017.7.26

  • 映画があったなー、くらいしか知らなかったのですがふとしたきっかけで読もうと思いました。
    なんですかこの世界観は。詳細に説明されるわけではないけれど、徐々に明らかになっていく状況と、真実と、一緒にほぐされていく物語。死ぬってなんだろう、と考えさせられる一冊です。

  • クールを通り越して空虚な少年少女がすがすがしく格好良かった。途切れ途切れで改行で空白の多い文章も良い。こういうのが鼻につく人もいるのも分かるけど、この軽さは無理やり引き伸ばしたからではないと思う。

  • 退屈を凌ぐことが、生きること。
    大人にならない、年をとらないキルドレにとって、生きることと死ぬことは、いることといないこととも捉えることができる。
    死なないことを願う人もいるが、死ねない時には、死ぬことを願うのだろうか。
    昔読んだ本で、死にたくないという感情を持つ時は、何かやり残したことがある時って書いてあった。
    キルドレにとって、飛行機に乗ることも、相手を撃ち落とすことも、ハンバーガーを食べることも、お酒を飲むことも、いつか撃ち落とされるのを待つ間の退屈しのぎでしかないのであれば、死にたいって思う感情は抱き得るのではないか。

  • 映画を見てから前情報なしで読んだので結末が違うことにびっくり。考察サイト等を読むと作品に込めた思いが原作・映画で違うのではないかというものがあり納得。
    説明過多の時代にぼんやりとした設定を用意しつつ深い入りしない点が非常に新鮮であった。
    映画は基本的に原作に忠実であるが何点か相違点がありそういったところを追いながら読むのもまた楽しかった。
    森博嗣の文体やキャラクタは気取った感じがしてそれほど好きじゃないところもあるが、かっこいいなって思わされてしまう妙がある。

  • 何気にこのシリーズだけは読んでいませんでした。買ってから2年ぐらい寝かしてたかな。
    独特の世界観がなのに、スッと理解できるのが面白い。アニメ版の表紙の方を買ってしまったので、青い表紙の方をもう1冊買うか悩み中。

  • 結局物語のテーマを掴みきれずに読み終わった。テーマが全くないというわけではなく、読み手によってそれは違ってくるだろうということ。しかし、たとえ何かしらのテーマを見つけ出したとしても、それを解釈していくのは相当の労力を必要とするだろう。「難しい」とはまた違う感じ。なんだろう。矛盾しているかもしれないが、透明すぎて(眩しすぎて)かえって「見えない」。僕の表現力だとこう表すのが限界だ。

  • 【よく使う言葉だけどこれは終わりの始まり】

    理解しようとすれば、儘撃ち落される。この物語を楽しむコツは風を読んで上手くその風に乗ることだ。

    ひらひら開いては閉じて。
    上と下はなくなって、ただ白いだけの空と、ただ暗いだけの空の間で踊るのは、ワルツ。

  • この透明感溢れる世界観はなんだろう?
    「戦闘機乗り」の特殊な感覚や感情は判らないけれど、「空」を飛びたいという気持ちは素直に共感できる。「地上」に戻りたくないという気持ちも。
    だから、彼(彼女)らは永遠の子供なのだ・・・と思う。

  • 絵画のような風景。映画のような情景。美しい文章と世界観が相まって形作られる世界。大人にならない永遠の子供、キルドレ達を通して、生きるとは何か静かに語りかけてくる。彼等は言う。大人には飛ぶことはできない、と。まだ僕はこのような美しい世界を見たことはない。まだ見れていないのか、それとももう見れないのか。どちらなのだろう。

  • 大人にならない子供達が戦闘機に乗って戦闘を繰り広げる。
    子供なのに肝が座ってるし、私たちより大人な気がするけど…主人公たちは子供だと言い張る。
    森博嗣らしからぬ作品とも言えるけど、キャラ達の言葉には森さんらしい言葉が含まれて、やはり、森さんの作品だと再確認できる。
    ミステリー要素はないが、楽しめた。
    専門用語は出てくるものの、そんなのは関係ないので、十分だった。
    そういうのを気にする人には向かないかも。

  • 灰色。
    ここにある世界は全体が灰色に包まれていて、
    過去も未来も遠くに霞んでいる。
    特別な子どもたち。彼らはその運命を知りながら、闘い続ける。
    映画も見たけれど、淡々とした言葉の中に、微かに心が揺らぐ場面ーそれはそっと風が髪を揺らす程度の場面ーが印象に残っている。
    幼さと大人びた感情という相反する感情の表現がとても上手く描かれた作品。

  • 『僕たち子供の気持ちは、大人には決してわからない。
    理解してもらえない。
    理解しようとするほど、遠くなる。
    どうしてかっていうと、理解されることが、僕らは嫌なんだ。
    だから、理解しようとすること自体、理解してない証拠。
    僕たちは、確かに、退屈凌ぎで戦っている。
    でも……、
    それが、生きる、ということではないかと感じる。
    そう、感じるだけだ。
    違うだろうか?
    生き甲斐を見つけろ、と昔のマニュアルには書いてある。
    見つけられなかったら退屈ひなるからだ。
    つまり、退屈を凌ぐために、生き甲斐を見つける。
    結局、昔から何も変わってはいない。
    遊びでも仕事でも勉強でも、同じだと僕は思う。
    淡々と生きている僕たちは、それがよくわかる。
    僕はまだ子供で、
    ときどき、右手が人を殺す。
    その代わり、
    誰かの右手が、僕を殺してくれるだろう。
    それまでの間、
    なんとか退屈しないように、
    僕は生き続けるんだ。
    子供のまま。』


    『戦争を知らない大人たちに捧げよう。
    彼らの過ちは、三つある。
    子供たちが自分たちから生まれたと信じている。
    子供たちより多くを知っていると思い込んでいる。
    子供たちがいずれ自分たちと同じものになると願っている。
    それらの妄想の馬鹿馬鹿しさといったら、
    戦争よりも悲惨なのだから。』

  • 戦闘機パイロットである主人公カンナミが、戦場での命の駆け引きや基地の人間関係を通して「生きることとは何か」を考えていく作品。

    まず見応えがあるのが戦闘機の臨場感溢れるアクション。まるで自分も一緒に操縦桿を握って、空を縦横無尽に飛んでいるかのようなスリルと興奮を味わうことができる。ただ映像と比較した時に文章としての価値があるかというと、映像の域を超えてはいないように感じた。なんというか、伊坂幸太郎のスローモーションくらいのものが欲しかった。

    物語の構成としては、序盤から意図的に隠されてきた部分が最後に明らかになって、そこまでの流れに新たな意味が生まれてくるという形。でも謎自体にはあまり驚きはない。この構成自体が物語の間ずっと「謎は何なのか」を意識させ、読み手の想像を誘うからだ。これは作者が謎自体を重要視しているわけではないということだろう。

    また主人公カンナミは戦争を仕事と割り切っているのだが、それが徐々に揺れ動いていく様子が描かれている。ただそれはまだ動き出したばかりで終着した感はない。これは一巻しか読んでいない自分の邪推だけれども、シリーズが終わってないことから考えれば当然で、恐らくシリーズ全体を通してカンナミの物語が語られるのではないだろうか。

    でも「スカイ・クロラ」で描かれているのがカンナミだけだとはとても思えない。それに物語の視点はカンナミに据えられていて、言い換えれば情報がさりげなく制限されているような気もする。とにかく言いたいのは、もう一つの物語、それもクサナギの物語が隠されているのではないかということである。

    クサナギはカンナミの上司として基地をまとめている女性だが、かつてはパイロットだった一面ももっている。さらに作中では少しづつ彼女のプロフィールが明かされていくのだが、最後まで読んでみるとカンナミの将来の姿を予言しているように感じられないこともない。

    だが実際にクサナギが何を考えてどう行動してきたのか、という点については不明なままで、カンナミの知っている彼女の過去と彼女の行動からしか、それを推測することはできない。逆にいえばそれが作者の意図であり、読み手それぞれに想像する余地が与えられている。

    (追記:調べてみると次巻「ナ・バ・テア」ではクサナギの過去が、クサナギの視点で語られるとのこと。これは楽しみ!)

    不親切なまでに語られない。でもそこに味わいがあるのが、この「スカイ・クロラ」のような気がする。

  • 無機質。

    それが,このシリーズの雰囲気。

    言葉の一つ一つが,死を想わせる。
    嫌悪すべき死ではなく,匂い立つような死へ郷愁。

  • シリーズを読み終えました。正直、淡々としているし、理解が追いつけない部分が多々あったように思う・・・。でも全てを一読で理解する必要もないようにも思われた。文章中にも理解されたいと思わないってあったし・・・(笑)
    ただ、わけの分かんない感じのなかにもキルドレたちの透き通ったような感情や感性が伝わってきて、圧倒されたような気がした。
    アニメもあるようだし時間をかけて、スカイ・クロラシリーズを味わいたいと思う。

  • シリーズものとは知らずに最初に読んだ。広告解説には、「哀れみ」なんて書いてあったけど、それには違和感。人間の孤独は際立ってるけど、孤独感で寂しくなったりはけっしてしない。むしろ孤独こそが住みか。俗世との遊離感や、遊離への願望は感じるけど、パイロットはみんな少なくとも「哀れみ」みたいなものを互いに感じたりしない。いろんな生死があってもそれは摂理。湿った感情はどこにもない。どこまでもスカッと澄み渡っている。それが基本になってる。それがサイコーだ。クサナギはその基本を持っている。どこかで何かを見失ったらしい。真相は明かされるんだろうか、知りたいな。

  • ずっと気になっていた小説を、薦められたのをきっかけに一気に読了。
    ひさしぶりに、すごく好きな話に出会えた。

    何かほかの人とは違う過去を持っているのを匂わせる主人公、戦闘機のエースパイロット。
    淡々と語られる彼の静かな心情。
    この世界に私が感じた謎には答えが与えられぬまま廻ってゆくストーリー。
    読むだけで脳裏に映像が浮かぶような巧みな文章に引き込まれ、短時間で読み終えてしまった。

    謎の答えを知るためにも、明日には続編を買ってこようと思った。

  • 洗練された描写が、読み進める間にも一々趣き深く、変調な比喩表現も実に面白かった。
    “死”と云う無への変革に焦がれる草薙、“生”への思考が欠落した主人公のカンナミ。飛行を生死と捉え、叉人生を様々に比喩し、形容する。動きの無い感情が機械的な場景の中に融和され、繰り広げられる日常の断片を感情の表現に宛がう。
    プロローグとエピローグは夢の中として相互に繋がり、叉その夢は現実より鮮やかに色付けられている。

    戦争を普遍のものとし、死を一つの日常とした本書は、その人物各々に奇特な感性を持たせていて、会話文も心地好い重さを孕んでいる。主人公の思考の流れも、飛行時の描写も面白く、叉美麗に思う。

    詩の様に感情の無い哀愁や懐古を改行で強調しているのは、小説の形としては余り綺麗だと思えないが、それだけの意味や重要性を纏っている。

    読み易く、素敵な一冊だった。

  • なんだろう。
    時代、状況などの外部設定は全く語られていない。

    ただ、飛ぶこと。
    それが仕事であるということ。
    それだけが与えられ、淡々とストーリーが進んでゆく。

    「仕事も、女も、友人も生活も、飛行機もエンジンも、生きている間にする行為は何もかもすべて、退屈凌ぎなのだ。
    死ぬまで、なんとか、凌ぐしかない。
    どうしても、それができない者は、諦めて死ぬしかないのだ。
    それは、大人も、子供も、きっと同じ。
    同じだろう、と思う。
    もちろん、想像だけれど…。」


    人間は、二種類に分けられる、と私は勝手に思っている。
    それは、生きる理由を問うてしまう人間、と問わずに済んでいる人間、だ。おそらく、一般に「普通」と呼ばれている人間は後者であると思う。しかし、中には意味を問うてしまう人間がいる。

    そのような人間が一度はたどり着く答え、それがこの引用文にあるような、「退屈凌ぎ」なのだと思う。

    「僕たちは、確かに、退屈凌ぎで戦っている。
    でも…、
    それが、生きる、ということではないかと思う。
    そう、感じるだけだ。
    違うだろうか?
    生き甲斐を見つけろ、と昔のマニュアルには書いてある。
    見つけられなかったら、退屈になるからだ。
    つまり、退屈を凌ぐために、生き甲斐を見つける。
    結局、昔から何も変わってはいない。
    遊びでも仕事でも勉強でも、同じだと思う。
    淡々と生きている僕たちには、それがよくわかる。
    僕はまだ子供で、
    時々、右手が人を殺す。
    その代わり、
    誰かの右手が僕を殺してくれるだろう。
    それまでの間、
    何とか退屈しないように、
    僕は生き続けるんだ。
    子供のまま。」

    僕を通して、シンプルに、スマートに語られるこの言葉たちは、すっと、心に沁みる。そうだ、生き続けるんだ。子供のまま。


    「周りのみんなは、理由をたくさん用意する。この世は、うんざりするほど理由でいっぱいだ。ゴミのように理由で溢れている。人はみんな理由で濁った水を飲むから、だんだん気持ちまで理由で不透明になる。躰の中に、どんどん理由が沈澱する」

    「そして、また…、
    戦おう。
    人間のように。
    永遠に、戦おう。
    殺し合おう。
    いつまでも。
    理由もなく、
    愛情もなく、
    孤独もなく。
    何のためでもなく、
    何も望まずに…」


    これが、森さんの提示する答えなんだろう。

    生きるために生きる。
    その、一見倒錯した論理。

    生きることに、そもそも理由なんてないのだ、という論理。

    これらは、もはや使い古された、手垢の付いた論理、とも言える。しかし、まだ、内包する真理を失ってはいない。

    森さんの淡々とした語り口で新たな血肉を与えられた思想。素朴で良質な文章。とても美味しくいただきました。

  • この小説をなんと形容すればよいだろう、
    夢のような、真っ白な、線画のような、童話の様な
    綺麗な小説だ。清潔な小説だ。
    人が決して届かない、遥か上空を飛んでいるようなそんな小説だ。

    感情の無い主人公の目線で話が進むからか、
    または、人間がほとんど登場しないからなのか
    無駄な感情や欲望、人間の息遣いがまったくもって排除されている。
    だからこそ、この小説は完成されて美しい。

  • 空虚な透明感が心地よかった。物語は徹底して主人公目線で語られ、余分な説明は一切ありません。むしろ必要な説明すらないと言ってもいいかもしれないくらい。この分かりにくさを歯痒く感じる人もいるでしょうが、徐々に視界が開けてゆくようにゆっくりと物語世界が見えるようになっていく感じが押しつけがましくなくて自分は好きです。

  • 中学生のときにすごく感銘を受けた本。何の運命か、また手に入ったので読んだ。

    飛んでいる瞬間にだけ、自分の「無」を確認できるキルドレ。それは本当の自分の姿。
    人は確かなものを目にできると安心感を覚える。だけど、その確かなものが「無」でしかなかったら……。

    キルドレは、人間の不安定さが作り出す誰にでもある状態なのだと思う。
    最初に読んだときは中学生だったので、自分の時期的にどストライクで、その不安定さに共鳴した。

    今回の感想はちょっと違う。
    確かに、「無」の感覚は今の自分にもある。
    だけど、そもそも自分の底には確実なものなどなくて、経験をもとに確実な何かをいかに築いていけるかどうか。そういったことに目を向けていけるかどうかが大事なように思える。

全646件中 1 - 25件を表示

スカイ・クロラ (中公文庫)に関連する談話室の質問

スカイ・クロラ (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

スカイ・クロラ (中公文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

スカイ・クロラ (中公文庫)の新書

スカイ・クロラ (中公文庫)のKindle版

スカイ・クロラ (中公文庫)の単行本

ツイートする