坊ちゃん忍者幕末見聞録 (中公文庫)

  • 38人登録
  • 3.33評価
    • (3)
    • (4)
    • (8)
    • (2)
    • (1)
  • 11レビュー
著者 : 奥泉光
  • 中央公論新社 (2004年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (353ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122044296

坊ちゃん忍者幕末見聞録 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • 夏目漱石「坊ちゃん」風の語りで綴られた、幕末コメディーだ。

    主人公は庄内藩に住む忍者の末裔松吉。忍者として活躍する場はなく、実力もいまいちあぶなかしい。日頃は農業や養父の甚右衛門と馬医者などをして暮らしている。
    そんな彼が医学をきちんと学ぶべく、江戸へ行こうと思い立った。
    同じ村の大店の息子寅太郎の守を兼ねて、費用も出してもらって江戸へ行くはずが、攘夷かぶれの寅太郎にのせられて京に行くことに。
    京で医師のもとに弟子入りできたはいいが、時は幕末である。京でなにも起きないわけがなく、松吉も思わぬ事件にまきこまれることになる。

    とにかく、松吉はじめ登場人物が面白い。手持ちぶさたに宿の老夫婦の手伝いをして養子にとのぞまれたり、京でも畑仕事に癒されたりする松吉の、のんびりした性格に、坊ちゃん語りの活きの良さが良い味を出している。
    口ばっかりでお調子者の寅太郎や、堅物の平六、そして妙な名前の苺田など、面白い人物がたくさん。
    坂本龍馬や新選組の沖田、土方らが登場するのも、歴史ファンには嬉しい。決して出番は多くないけど、それぞれの性格をとらえた登場の仕方も、ツボをついて、なんとも心憎い。

    また、松吉が現代の京都にまぎれこんでしまい、地下鉄に乗ったり、ツアー客や修学旅行生に囲まれてしまったり、ときどき現代語で考えていたりと、時空を超えた楽しい演出もある。
    幕末ファンでも、そうでなくても、漱石ファンでも、そうでなくても、楽しく読める作品だ。

  • 『吾輩は猫である殺人事件』の奥泉光さんが描いた作品ということで、いつ坊ちゃんやその登場キャラが登場するか、いつ舞台がつながるか、と待ち構えていましたが、『坊ちゃん』とは直接関係ないようです。
     終盤、幕末に居るはずの語り手が何度か現代の京都にタイムスリップする場面があるので、どうせなら一度くらい、明治時代の愛媛の坊ちゃんの世界にタイムスリップすれば良かったのに。
         
     語り手の横川松吉は口下手で、切れの良い啖呵を切る場面はありませんが、冷徹な観察者であり、人物描写は辛辣です。
         
     メインとなる事件は、姉小路卿暗殺事件。
     語り手の横川松吉は偶然、下手人側のやり取りらしきものを目撃して事件に巻き込まれていく。
     この姉小路卿暗殺事件というのは、本当にあったようです。
          
     もちろんその他にも主人公やその仲間にまつわる小さな事件が発生し、日々は過ぎていくのですが、なにぶんメインの大事件に行きつくまでが長い長い。
     物語は主人公が子ども時代に霞流忍術の修行をしたことや、悪友・鈴木寅太郎との京へ向かう道中、その道中に二人の仲間と知り合うことなど、様々な普通の日常が語られる。メインの事件が起こるのは、ようやく本の半分に辿り着いた頃。
     最初からバンバン事件が起こるサービス満点のエンタメ系小説とは違います。
     そういう点で、本作品は、純文学寄りなのです。
           
     京都では開国・攘夷・佐幕・討幕派入り乱れてごちゃごちゃと権力闘争やっています。
     中には悪どい連中もいて、純真な田舎者はカモにされたりします。
     そんな時代に生まれてなくて良かった。
     というか、今またそんな時代になりつつあるとか、今後そのような時代になりそうだとか。
         
     横川松吉が姉小路卿暗殺の犯人を知っているらしい、ということで、宇都宮の国士・遠山大膳なる役者侍が乗り込んで来て談判します。
     口達者な遠山大膳は見事な反対尋問によって松吉の自信を喪失させ、なかったことにしようと企みます。
     いつの世にも橋下徹のような黒を白と言いくるめるような連中はいるもんですね。
     多分、人類の歴史始まって以来、多くの勇気ある告発者がこのような屁理屈によって葬られてきたことでしょう。
     やはり告発する時は、確実な証拠と人的手回しが必要。
         
     そして物語のクライマックス、奇しくも同じ『坊ちゃん』をテーマとした
    『贋作『坊っちゃん』殺人事件』(柳広司)のラストのような見開きモブシーンを思わせるごちゃごちゃ慌ただしい展開に。
         
     ところで、苺田幸左衛門という侍が登場して仲間のようになるのですが、苺田という姓或いは地名は現実にあるのでしょうか。
     検索すると、『苺田さんの話』(小沢真理)というマンガばかり出て来てよく分かりません。
       http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20150819/p1

  • カンチョー飯渕です。せめて副館長になりたいです。

    第5回日比谷図書館チャンプル(2012/10/14)、自分で手にとって借りてみました。

    荒筋も普通というか、そんなに主人公が滅多メタに活躍するわけではなく、何より、忍術がほぼ出てこないというシュールさ。
    でも、漱石的な明るい笑いの文学という感じで結構楽しめました。

    奥泉さんて、芥川賞作家だったんですね。そして、坊ちゃん殺人事件の作者だったんですね。どうりでー。

  • 電子ブック版で読了

  • 時は幕末、庄内藩。師匠で養父でもある甚右衛門から霞流忍術を仕込まれた横川松吉。幼なじみの寅太郎を道連れに、医者を目指して京へ旅立つ。やがて二人は京で尊攘の志士たちの熱気に巻き込まれ…。『読売新聞』掲載に加筆。

  • 奥泉光は何となく固いイメージがあったんですが、私が間違っていましたごめんなさい。
    幕末の世をマイペースに見歩く松吉忍者(しかし忍者としてはまったく役に立たない)に和む。
    和んだ。

  •  全然面白くなかったです……。<br>
     漱石の「坊っちゃん」を擬した文体が主人公松吉の性格とマッチしていない。それでも最初はそこそこ楽しかったんですが、その文体も途中で勢いがなくなってしまうんですよね。ときどき知的な語彙が顔を出してしまったりして。<br>
     そのうえ終盤のアレは何なんだろう? もう初めからそういうおバカなファンタジーにしていたほうが、むしろ面白かったんじゃないかと思います。<BR>
     もう一つ悪いことには、この中公文庫版に付された解説がたいそうまずいんです。全く熱が感じられなければ、読者が気づかないことを指摘してくれもしない。学期末のレポートを渋々書いている文学部の学生のよう。おそらくこの解説を書いた人もつまらなかったんじゃないかと思わされてしまう。<br>
     逆に言えば、なぜ漱石の「坊っちゃん」が面白いのかが分かる、というところには価値があるかもしれないけれど、到底オススメできません。

  • だからいったいどのへんが『坊ちゃん』なのか?
    と言うツッコミは、奥泉光作品なのでしても無駄。
    ともあれ、庄内藩で叔父さんと一緒に忍術修行に精を出していた横川松吉君が、幼なじみで調子コキだが金持ちの息子の鈴木寅太郎君と京都でいろいろするお話です。
    つうか、松吉は巻き込まれてるだけだがよ。
    そのへんが、坊ちゃん的客観的冷静さの持ち主と言うかリアリストっつーんですか?
    それにしても、夏目漱石と言う人は笑かすのがうまい作家だったんだなあ、と逆説的に感心したワシなんでした。
    肩の力を抜いた幕末モノと言う点では、『彦馬が行く』に相通じるモノがあるかもな。
    お勧めです。

  • 「(漱石の)坊ちゃん」「忍者」「幕末」。因数分解しても、共通因数はとりあえず「日本」ということだけという設定がほどよくシャッフル。良質のエンタテイメントです。本家「坊ちゃん」の文体そのまま、坊ちゃん忍者こと松吉はやたらと理屈っぽいわ間抜けな忍術は出てくるわ最後にはSFネタもからむわ。やーもう拍手喝采。

全11件中 1 - 11件を表示

坊ちゃん忍者幕末見聞録 (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

坊ちゃん忍者幕末見聞録 (中公文庫)はこんな本です

坊ちゃん忍者幕末見聞録 (中公文庫)の単行本

坊ちゃん忍者幕末見聞録 (中公文庫)のKindle版

ツイートする