完璧な病室 (中公文庫)

  • 1623人登録
  • 3.54評価
    • (112)
    • (183)
    • (364)
    • (30)
    • (1)
  • 160レビュー
著者 : 小川洋子
  • 中央公論新社 (2004年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122044432

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
伊坂 幸太郎
川上 弘美
有効な右矢印 無効な右矢印

完璧な病室 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • 短編集。以下の2つが気に入った。

    「揚羽蝶が壊れる時」
    呆けてしまった祖母を"新天地"という老人ホームに預けることになった。
    しかし主人公は、祖母ではなく自分が異常なのではないかという疑問に支配され続ける。
    それは、一度考えると体中に広がる。自分が正常だとどうして言えるのか―。

    「ダイヴィング・プール」
    幼い孤児リエの泣きじゃくる姿と、学生の孤児純の飛び込みの姿、筋肉だけが自分を気持ちよくしてくれる・・・。
    孤児院を経営する親の元に生まれた彩の歪んだ何かが見える物語。

  • 個人的な好みで言うと、『冷めない紅茶>>>>>完璧な病室>>>ダイヴィング・プール>=揚羽蝶が壊れる時』という感じ。特に、『冷めない紅茶』を読んだのは二度目だったのだけれど、静かで、狂おしくて、さみしくて、うつくしい話だなあと思った。
    小川さんのお話を読んでいると、何だか拷問道具を眺めているような気分になる。残酷で、とてもうつくしい。

  • 初めての小川さんの本。
    全体的にアルコール消毒したような綺麗で冷たい文体の印象です。
    恋は恋と言わないかんじがもどかしくて脆そう。
    『ダイヴィング・プール』が一番好き。水泳男子の胸筋って素敵ですよね〜(^o^)

  • 小川洋子さんの初期作品ということで、後期の作品に比べれば荒削りな印象をうけたが、透明な、それでいてグロテスクな矛盾する2つの要素が彼女の中でまじりあい、静謐さを生み出している描写は相変わらずで引き込まれた。

  • 小川洋子女史の最初期の作品です。

    彼女の文学って、身体のどこかに何かしら欠如部分が有るんです。そこを埋めようと必死になっている様子がどこか切なくて、官能的で美しい気がします。
    標題にも成っている「完璧な病室」は病院という閉ざされた空間で死にゆく弟との時間を描いたもの。隔離された世界で美しくブドウを食べる弟と、外の世界に住む私の薄汚れた食事や生活の対比をすることで、弟の特別な存在感がとても鮮明に浮き上がってくるような気がします。

    他に三篇のお話がありますが、私はなかでも「ダイヴィング・プール」にかなりやられました。やられたというのは、本当に精神的に落ちてしまいまして。

    あらすじは、孤児院で一緒に暮らす純に心を寄せる彩。優しい心と美しく泳ぐ彼に夢中な彼女は毎日彼の泳ぎを見に行くが、彼はけしてそのことに触れようとはしない。けれど、無垢な幼子のリエの愛し方がわからない彩は、泣きだしたリエにいじめ傷つけるという残酷な気持ちを太らせることしかできない。そうして、腐ったシュークリームを与え入院にまで追い込んでしまう。けれど、純には全てを見破られてしまう。「いつも彩ちゃんをみていたから」というまるで愛の告白のような言葉とともに、ようやく後悔と罪深さと自分の澱んだプールの中に純は飛び込んでくれないのだと、思い知る。

    私自身、別に何か罪深いことをしたことは有りませんが、こういった感情に覚えはあります。何より、ここまでの負のオーラで溢れた文章でいて美しい世界を作り出せる作者に尊敬の念を抱いてしまいます。

  • 小川洋子の肉々しい話は苦手だ。すべては即ち生きることの描写なのだけれど、自分がとても醜い肉塊に思えてくる。実際そうなんだろうけれど(食物連鎖のサイクルからはみ出す生物に何の意味がある?)。駅で、駅員と警察を困らせる精神障害の女性を見た。地下通路で、暗いうろのような目ばかり目立つホームレスの男性とすれ違った。私はどちらも怖い。しかし、私とそういった人たちに差異なんてないのだ。アイデンティティという言葉で纏められる。うんざりしてしまう。

  • 人間の三大欲求の一つ、「食べること」に対する嫌悪感は、不完全な生活を送る「わたしたち」に対する体と心の警鐘なのかもしれません。もはや裁いてはもらえない小さな罪と嘘を重ねて人は大人になるのでしょう、断罪されたい欲求を押し殺しながら生きるしかないのです。

  • 『冷めない紅茶』が収録されているのか、、、と思っていたら、福武文庫の2作品の再構成なんですな、この本は。誰も悪い訳ではないんだけれども、何か騙された感あり。
    まぁさておきまだ初期の段階では、フェチへの関心がそれほど濃厚には表出しとりませんなぁ。後出しジャンケンでは決してなく、まだまだ感満載な初期作品集であります。

  • 病室ないし孤児院など閉鎖的な空気感の短編集。
    個人的に「タイヴィングプール」のラストが好き。

  • 図書館で借りた本。

    透明で、心の繊細な部分を抉るようなお話。
    特に完璧な病室が印象に残った。

  • じっとりとした、少しずつ病んで壊れていくような短編2つ。息苦しい。出てくる食事が本当に不味そう。生活感のない病室。死に向かう、愛しい弟だけがいる空間。新天地に入れられた祖母。自分の内側に確かにあるもう1つの命。正常と異常、真実と幻想の境界線はあやふやで、誰にも決定できない。

  • 短編集,2編
    死に向って透明な感じになっていく弟を,静かに見つめる姉の不思議な感覚がこの世に生きてないかのようだ..そして,吃音のあるS医師の孤児として実の親に育てられたというエピソードに,なんという残酷なことかと,心が締め付けられるようだった.

  • 『博士の愛した数式』がすごく好みに合ったので別作品をと思い、こちらの作品を読んでみた。
    ちょっと思い描いていた雰囲気と違う感じで、静かに暗い感じに戸惑った。
    表題作以外は少し合わなかった。

    「揚羽蝶が壊れる時」
    女の体の内部をどろっと暗く表現してるところがあるんだけど、自分も女だから想像するだけで気持ち悪くなってしまう、そんな表現で、気持ちは良くないけど、ある意味「表現がうまい」ということなんだろうな。。。
    自分がわからなくなるってどういう感じなんだろう。
    今は今で今だから、本当に想像がつかない。
    「ダイヴィング・プール」
    今後、このふたりの関係性はどうなっていくのだろう・・・っていうモヤモヤを残す終わり方で正直「うーわー気持ち悪うー」ってなってるんだけど、これを最後にもってくることで、こちらもある意味【読後感】って点では収録順がうまく構成される・・・ってことになるの、かな?

  • 2015年6月28日に開催されたビブリオバトルinいこまで発表された本です。テーマは「告げる」。

  • 言葉が不気味で美しい。

  • 短編集。
    『人質の朗読会』の次に読んだので、話が全く違う種類の内容で驚きました。
    透明感があるなかで、心の奥がドロドロするような、どこか不健康な薄気味悪さがまとわりつく本でした。

  • 小川洋子さんの初期作品です。
    静謐な文章と称される通り、常にどこかこの世の一切から身を引いたような雰囲気を感じます。
    執拗にすら感じられる細やかな表現は、人によってはしつこく感じるかもしれません。
    小川さんの感受性の豊かさそのものである風に感じます。
    ストーリーというより、その表現を楽しむお話たちだと捉えました。

    私は小説を書いています。
    最近、溢れ出る言葉をそのまま書いているが、もっと伝わりやすく書くべきかと悩んでいました。
    しかし、技量はどうであれ、感じたそのままを表す事に改め惹かれるような文章でした。

  • 「その気持ちは、始まったばかりの恋愛に似ていた。裸の赤ん坊を抱いた時のように、柔らかくて暖かい。人を愛しはじめる時、わたしは必ずそんな気持ちになった。その人の言葉も仕草も肉体も、全部が快感を与えてくれる。自分の感情の醜いところが音もなく剥がれ落ちていく。自分の内側がどんどんきれいになっていくの。感じる。そして痛いくらいにひたむきに、その人を求める」(p51)
    美しい恋愛論。
    食べものを受け付けなくなるたびに真白く透明になっていく弟の皮膚が生々しく浮かぶ。

  • いつもの小川さん。

  • すごく初期の頃の作品と知らずに読んだ。揚羽蝶の壊れる時、は抽象的でよくわからなかった。印象に残ったのはダイビングプールです。他のはピンとこなかった。
    博士に愛した数式、以外はちょっと合わないかも。

  • 表題作を。1文目に惹かれて購入。潔癖すぎるくらいに白い情景が美しく映る小説でした。

  • タイヴィング・プールが一番印象に残った。少女の嗜虐性がすごくリアルで一気に読めた。

  • こんなんでも愚弟が大好きなんで、なんだか読むのが辛うなってしまいました。あんまり覚えておりません。

  • 「完璧な病室」「揚羽蝶が壊れる時」「冷めない紅茶」「ダイヴィング・プール」の4編。
    小川さんらしい短編集。
    「揚羽蝶が壊れる時」はタイトルが好みすぎる割にはお話は好みではなかったのだけど、アルツハイマーになってしまったおばあちゃんと、同じ施設にいるお年寄りたちと自分、いったいどっちが正常なのか?と、主人公が悩む話。
    「完璧な病室」に出てくる病院の先生と「ダイヴィングプール」の主人公は孤児院をやってる親の元に生まれた実子。本当の親がいるのに、孤児として孤児院で育ち、だけど、自分には里親は一生見つからず、実の親がいるのに自分は一生孤児という不条理。うーん。小川さんっぽい^^
    小川さんのお話には同じ設定がよく出てくるんだけど、この「どっちが正常なのかわからなくなってきて、徐々に踏み外していく主人公」という設定がよく出てくる。

  • 2014年の53冊目です。
    小川洋子の2004年に出版された短編文庫本です。
    収められている作品は、それ以前に出版されたものです。
    「完璧な病室」(1989年)芥川賞候補
    「揚羽蝶が壊れる時」(1988年)海燕新人文学賞
    「冷めない紅茶」(1990年)芥川賞候補、野間文芸新人賞候補
    「ダイヴィング・プール」(1989年)芥川賞候補
    4つの短編は、デビュー作品の「揚羽蝶が壊れる時」を含め初期の作品で、小川洋子の作風を確立した作品集だと感じます。私なりの書評を書いてみました。
    透明感が強く汚れたものが排除された静謐な空間に対する強い欲求を感じます。
    「完璧な病室」は、不治の病で入院する弟を、姉が看病する話ですが、姉にとって弟の病室で過ごす清潔で汚れの無い時間が掛けがえのないものになっていきます。「揚羽蝶が壊れる時」は、母親が死んで祖母に育てられた私が、老いて壊れてしまった祖母を介護施設に預ける時の私の心を精密にかつ俯瞰しながら表現しています。「冷めない紅茶」は、中学校時代の同級生が、その当時図書室で働いていた司書の女性と結婚していた。その夫婦と自分との関係性の中で司書の女性の奇妙な存在感が気になる作品です。「ダイヴィング・プール」は、孤児院を営む両親と主人公の女子学生と多くの孤児たちの暮らしをベースに書かれています。孤児の一人である純は、飛び込みの選手。主人公の彼女は彼の飛び込みをプールサイドで見つめている時、恍惚感にも似た気持ちに包まれる。その彼女の心には、同時に残虐性がうごめいている。10代の少女の心に垣間見える無垢な残虐性とは異なるもので、恍惚感の増大を抑止するかのように息づいています。

全160件中 1 - 25件を表示

完璧な病室 (中公文庫)に関連する談話室の質問

完璧な病室 (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

完璧な病室 (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

完璧な病室 (中公文庫)の文庫

完璧な病室 (中公文庫)の単行本

完璧な病室 (中公文庫)のKindle版

ツイートする