日本の歴史 (7) 鎌倉幕府 (中公文庫)

  • 73人登録
  • 3.96評価
    • (10)
    • (3)
    • (11)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 石井進
  • 中央公論新社 (2004年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (565ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122044555

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

日本の歴史 (7) 鎌倉幕府 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • とにかくわかりやすい。個人的にはこれまでの中では5巻が最高でしたが,それに匹敵するくらい分野のバランスも取れていて面白かった。このシリーズは名作が多い。

  • 平氏の滅亡から承久の乱を経て、北条時頼の得宗専制体制までの歴史を収めた第7巻、非常に有名な表紙の源頼朝の肖像画は現在では足利尊氏の弟の足利直義ではないかという説が注目を集めるようになっている(頼朝の頭が異様に大きい本書に掲載された頼朝の木像のイメージと比べるとこの絵は恰好が良すぎるので怪しい。)本作を読むと一見頼朝を中心に万全な体制でスタートしたと思われる鎌倉幕府の体制は実はかなり脆い点が多く、御家人の様々な思惑が一触即発の状態であったことが本書で知ることができる。この時代の歴史資料である「吾妻鏡」が北条氏に都合のいいようにまとめられており、頼朝の不審な死、頼朝の子供の実朝の死についても、私たちが信じている真実とは全く異なっている可能性があることを知ることができる。千葉氏、梶原氏、和田氏、畠山氏といったライバルを巧妙に蹴落としていく北条政子(名前がはまりすぎている)と北条義時のやり方は現代の政治にも共通する世界だと思う。この時代は魅力のある登場人物が多く登場するので非常に読みやすいので、これから本シリーズを読破したいと考えている方は第1巻ではなく、本書から読み始めることをお勧めする。

  • 鎌倉時代前期の政治史を中心とした通史ものでは最高傑作だと思う。

  • 中学生の時に購入して、はや20年が過ぎようとしていますが、その間、何度読み直したことか・・・。古典的名著。

全4件中 1 - 4件を表示

日本の歴史 (7) 鎌倉幕府 (中公文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

日本の歴史 (7) 鎌倉幕府 (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

日本の歴史 (7) 鎌倉幕府 (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

日本の歴史 (7) 鎌倉幕府 (中公文庫)はこんな本です

日本の歴史 (7) 鎌倉幕府 (中公文庫)の単行本

日本の歴史 (7) 鎌倉幕府 (中公文庫)の単行本

日本の歴史 (7) 鎌倉幕府 (中公文庫)の文庫

ツイートする