西の善き魔女〈2〉秘密の花園 (中公文庫)

  • 936人登録
  • 3.81評価
    • (135)
    • (104)
    • (189)
    • (12)
    • (2)
  • 95レビュー
著者 : 荻原規子
  • 中央公論新社 (2004年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (295ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122044609

西の善き魔女〈2〉秘密の花園 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「小公女」のような話になってきたように思えた。
    寄宿学校のせいだろうか?
    まぁ、フィリエルはセーラなんかより、鼻っ柱が強いし、悲壮感がまったくない。むしろドタバタ喜劇。
    少女マンガ的だっていうの、よく分かる。
    私には腐女子的発想がないことを再確認。若干引いた箇所もアリ。

    レアンドラ、カッコいいね。
    敵にまわしたらこれほど怖い人もいないかも、だけど……待てよ。
    アデイルもその妹だった。あの登場シーン、大差ないや。

    いやぁしかし、女子校ってこーわーいー。

  • えへへ

    面白いので我慢できずに2冊目読んでしまいました^^
    おっもしろいなー

    女学校に潜入しました
    キスもしてしまいました^^
    へへへ

    なんか気持ち悪いなあわたし
    ふたりがかわいくて仕方ないです
    ときめきまくりです
    おもしろいおもしろい

    絵が描きたいです
    佐竹さんの絵ももちろんすてきなんですが、誰か描いてくれないかな~
    ピクシブに絵あったりするかなあ
    今度探しにいってみよう

  • 王道な流れで今回は女学校へ行く事になる主人公。まさかのルーン達も途中から入り、面倒が更に増えますが、乗り切る事で主人公は成長しています。色んな意味で怪しげな雰囲気漂う閉鎖空間で発生する集団心理、ひとが集まって指示ひとつで動かせる事が怖いです。次回は王宮へ行く事になりましたが、ファンタジー版大奥と予想がつくので読むのがまた怖いです。

  • この巻では主人公フィリエルが女子修道院に編入させられます。そこは女の花園…と聞こえはいいけれど、どこにでもある女子高のように出るものは打たれる女の怖さを凝縮した世界。物語なので、さらに過激に死人まで出る始末。
    もちろん型にはまるフィリエルではないので、そこでも徐々に味方をつけ、更にマリエと女装したルーンの編入によりさらに問題は表面化。
    対立する生徒会の黒幕にはアデイルの姉も登場。
    すったもんだの末、全員宮廷に行くことになり、退学となりました。
    何よりも一巻目でアデイルの腐女子ぶりが、神のごとく学園で称えられており、アデイル渾身の一作として書いた義兄とルーンの物語が文芸部の手によってばらまかれたの知ってなお、最後の最後に白馬でルーンを迎えに行かせるというなかなかの演出ぶり。
    フィリエルの無防備さにいら立つルーンの変化は、意外に性急で、これからどうなるこの二人といったところ。
    女子高にありがちなお姉さま的な見せ場もあり、まるで少女漫画のように展開して、ノーマルな人たちが敬遠しそうな内容であるにもかかわらず、読ませてしまうのはさすがだなと思いました。
    私は何でもオッケーの人なので、何これ面白い、と素直に思い、あっという間に読み終えました。

  • せっかく面白いのに、1巻より大分ホモホモしい。毎巻趣向を変えてくれそうなので、そこに期待だ。

  • 女子高に編入して、いじめ・無視からヒロインにのし上がっていく様は気持ちよかった。でも、ルーンはやりすぎ。

  • 前巻で「アデイルのBL作家話はいるのか?」と書いたけれど、そうか!こうなるのか!面白すぎて一気に読んじゃいました。しかしどこの世界も女ばかりだと恐い世界になるなぁ。

  • うーん…なんか眠い。
    いまいち読み取れない。登場人物たちは「だってあたくしはそうしなければならないのよ、わかるでしょう」と話しているため、彼女たちにとっては自明の理らしいのだが、なんだかよくわからない。

  • フィリエルとルーンの関係がいきなり進んだので展開の速さにビックリした(°д°)
    学園物はもっと続くのかと思いきや、この巻で終了のようなので少しガッカリ。
    今後フィリエルの身に何が起きてくるのか次巻が楽しみ。

  • 幼なじみのルーンの安全を守るため、フィリエルは、伯爵と女王候補アデイルに力を貸すことを約束。 貴族の娘としてふるまうのに必要な教育を受けるべく、修道院附属学校に入学する。 しかし平和に見えた学園は、乙女たちの陰謀が渦巻く場所。 フィリエルは初日から生徒会の手荒い歓迎を受けることに……。 胸躍る長篇ファンタジー第二巻。

全95件中 1 - 10件を表示

荻原規子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
荻原 規子
荻原 規子
有効な右矢印 無効な右矢印

西の善き魔女〈2〉秘密の花園 (中公文庫)に関連する談話室の質問

西の善き魔女〈2〉秘密の花園 (中公文庫)を本棚に登録しているひと

西の善き魔女〈2〉秘密の花園 (中公文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

西の善き魔女〈2〉秘密の花園 (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

西の善き魔女〈2〉秘密の花園 (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

西の善き魔女〈2〉秘密の花園 (中公文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

西の善き魔女〈2〉秘密の花園 (中公文庫)の作品紹介

幼なじみのルーンの安全を守るため、フィリエルは、伯爵と女王候補アデイルに力を貸すことを約束。貴族の娘としてふるまうのに必要な教育を受けるべく、修道院附属学校に入学する。しかし平和に見えた学園は、乙女たちの陰謀が渦巻く場所。フィリエルは初日から生徒会の手荒い歓迎を受けることに…。胸躍る長篇ファンタジー第二巻。

西の善き魔女〈2〉秘密の花園 (中公文庫)の新書

西の善き魔女〈2〉秘密の花園 (中公文庫)のKindle版

ツイートする