デルフィニア戦記 第四部 伝説の終焉2 (中公文庫)

  • 393人登録
  • 4.03評価
    • (71)
    • (53)
    • (64)
    • (1)
    • (0)
  • 29レビュー
著者 : 茅田砂胡
  • 中央公論新社 (2005年3月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (335ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122045026

デルフィニア戦記 第四部 伝説の終焉2 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ナシアスがとうとうラティーナと結ばれます。バルロ有難う有難う!そしてまさかのリィ負傷。何だか心配な流れだけど大丈夫なのかな。

  • 前半は、前巻から引き続き二組の男女の恋の進展模様。
    ナシアスの方はめでたしめでたしでゴールインできたけどイヴンの方は難しいなあ。
    ひとまず棚上げになってしまった。
    もちろん最後にはうまくいくんだろうけど、どう決着付けるのかな?

    後半は、結構久しぶりに合戦の始まり。
    リィの活躍やいかにと思っていたら、なんと初めてのリィの負傷。
    でも、それからがすごかった。
    リィを守るものの凄まじさ。
    その後のリィとウォルのやり取りのなんとも言えない微笑ましさ。
    いや、知らずに頬が緩んでしまうよ(笑)
    そうか、二人の関係は猛獣と猛獣使いだったんだ。
    実によく似合ってる(笑)
    じゃれ合う姿がとてもいいなあ。

    そしてそんなリィを守ろうとするシェラの決意。
    個人的ハイライトは傷つき動けないリィにシェラが告げる場面。
    『あなたは負傷して動けない。だから、あなたの代わりにわたしが行きます。今だけ、わたしをあなたの手足にしてくれませんか?』
    そんなシェラに口付けて見つめるリィ。
    行ってこい、と告げられたように思うシェラ。
    なんだか胸が熱くなってしまった。
    シャラは月だという。
    月とはなんだろうと思っていた。
    その伝説の一端も語られるのだけど、でもたぶん、月とは太陽によって光り輝くものなのだ。
    太陽の光が強くなればなるほど、月の光も増すのだ。
    シェラはそんな月になれたのかな。

    いよいよ冬も終わる。
    次巻、大いなる合戦の始まりだろうか。

  • 2015/02/13

  • 結婚とか舐め合いとかそういうのお腹いっぱいだから!ヽ(`Д´#)ノ

  • リィが別次元の者であることを強く意識させられた。

  • 再読。レティシアの毒矢に倒れたリィ…。この時の、何があっても命をかけて守ってくれる、助けてくれる“無二の味方”を失うかもしれないという切羽詰まったウォルの心情を痛い程感じて涙が出た。デルフィニア戦記は、このお互いに無二の味方と自信を持って信じ合うウォルとリィの物語だと思う。だから愛妾だとか側室だとか、他の人の恋愛話などはどうでもいい。男とか女とかに関係なく、命をかけても相手を守るというウォルとリィの信じ合う心、それが自分が心底欲しいものだったのだと、リィが倒れたこの巻で気付いた。例え自分にはそれが手に入らなくても、あるいはもう失ってしまったからか、お互いを信じ合うウォルとリィをずっと見ていたい。

  • そう来たか、という展開。
    そろそろ、終わりに向けて動き出す、ということか。

  • 再読ー。

  • 十二国記好きなら楽しめるはず。

    デルフィニア戦記シリーズ

  • イヴンとシャーミアンがじれったくて思わずニヨニヨ。

    リィの怪我には驚いた。

全29件中 1 - 10件を表示

茅田砂胡の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

デルフィニア戦記 第四部 伝説の終焉2 (中公文庫)を本棚に登録しているひと

デルフィニア戦記 第四部 伝説の終焉2 (中公文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

デルフィニア戦記 第四部 伝説の終焉2 (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

デルフィニア戦記 第四部 伝説の終焉2 (中公文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする