ローマ法王―二千年二六五代の系譜 (中公文庫)

  • 23人登録
  • 3.43評価
    • (1)
    • (1)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 竹下節子
  • 中央公論新社 (2005年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122045491

ローマ法王―二千年二六五代の系譜 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • ローマ法王の系譜はそのまま宗教史でもありヨーロッパ史でもある。キリスト教は日本人にとっては馴染みが薄く、ヴァチカン国元首であり最大宗派カトリックの長ということも知らない人が多いのではないか。

    ローマ法王は絶大なる権威を持ち歴史に暗躍する負の印象を持たれることもあるが、本書を読めば毎朝信者の来訪を受け入れ対話するために数ヶ国語を操るローマ法王の人柄と博識さが伝わってくる。(第1章)またキリスト教と歩みをともにしてきたヨーロッパ史も興味深い。(第2章、第3章)苦難の時代を乗り越え、純然たる宗教的象徴として昇華し、ポーランド出身のヨハネパウロ2世の果たした影響力は今の法王にまで脈々と受け継がれている。(第4章)

    ちょうど本書を読んでいる最中、フランシスコ法王の「インターネットは神からの贈り物である」というメッセージがニュースになっていた。こういう柔軟性も、神の子の代理という立場でありつつも、法王が持つ人間的魅力の一つであろう。

全2件中 1 - 2件を表示

ローマ法王―二千年二六五代の系譜 (中公文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ローマ法王―二千年二六五代の系譜 (中公文庫)はこんな本です

ツイートする