伝説の終焉〈5〉―デルフィニア戦記第4部 (中公文庫)

  • 397人登録
  • 4.09評価
    • (76)
    • (52)
    • (56)
    • (2)
    • (0)
  • 30レビュー
著者 : 茅田砂胡
  • 中央公論新社 (2005年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (369ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122045842

伝説の終焉〈5〉―デルフィニア戦記第4部 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • リィをタンガから助け出し、一気にゾラタスを倒してしまおう大作戦へ。リィたちが強すぎてますますぽかーんとします。次で最終巻なのでさみしくなります。

  • 囚われの王妃の奪還回であり、タンガとの結着回。

    自由戦士になったウォルがすぐにでも城に忍び込むのかなと思ってたけど、そううまくはいかず、タンガ王子の登場もあって、ちょっとヤキモキする前半だった。

    王妃が復活したら、すごい事になるんだろなとは思っていた。
    いやしかし、そうか、天変地異レベルの凄まじさだったか。
    まさに神の鉄槌だな。
    ソドムか。
    でも、そんな天変地異も、ルウの不老不死も素直に受け入れるウォルはやっぱり大物(のバカ)だな。

    麻薬の禁断症状に苦しむリィの姿はやはり苦しい。
    復活したリィの姿はとても嬉しい。
    ゾラタスは倒したけど、王妃の怒りはこんなもんじゃ収まってないよなあ。
    次巻での怒濤の活躍を期待する。
    それにしてもゾラタスを仕留める方法が半ば色仕掛けとは、いいのか?(笑)

    さて、あとはケイファードのタンガ王子を駆逐して、西はオーロンを破れば大団円かな。
    リィ達との別れが近付いている。
    あと一巻。

  • 2015/03/04

  • 万能パワーを解禁したリィさん。もはやデルフィニアの危機感はゼロです。ここまできたら後はどう締めくくるのかにかかってる。

  • 2014/8/1購入

  • 想像以上に圧倒的。ついに最終局面へ。
    すぐさま続きが読みたいような、まだ読み終わりたくないような。

  • 再読。タンがのゾラタスやナジェックには反吐が出そうだが、リィが無事に戻って良かった。リィとルゥの活躍も凄いが、国王はじめ騎士達の活躍も胸がすく思い。女性陣があまり出て来なかったのも良かったが、夫に遅れまいと必死に馬を駆るシャーミアンが健気で可愛い。

  • 王様と間男の息の合い方が可笑しい。

    リィもなんとか助かったし、
    いよいよ最後を感じさせる展開。

  • 再読ー。

  • 十二国記好きなら楽しめるはず。

    デルフィニア戦記シリーズ

全30件中 1 - 10件を表示

茅田砂胡の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

伝説の終焉〈5〉―デルフィニア戦記第4部 (中公文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

伝説の終焉〈5〉―デルフィニア戦記第4部 (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

伝説の終焉〈5〉―デルフィニア戦記第4部 (中公文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

伝説の終焉〈5〉―デルフィニア戦記第4部 (中公文庫)のKindle版

ツイートする