神はサイコロを振らない (中公文庫)

  • 778人登録
  • 3.30評価
    • (30)
    • (113)
    • (200)
    • (37)
    • (10)
  • 147レビュー
著者 : 大石英司
  • 中央公論新社 (2005年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (422ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122046238

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
奥田 英朗
東野 圭吾
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

神はサイコロを振らない (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • 行方不明になった旅客機が10年振りに羽田に生還し、着陸する。
    残された家族は墜落したと思い、既に遺族となり、それぞれの日常を歩んでいた。一方の乗客たちは10年前のまま。。
    だが、3日後に元の世界(10年前)に戻り、、消滅すると
    10年前に自身の論文をトンデモ扱いされ、職を追われた元東大教授が説く。
    それぞれの家族との対面、本人たちの思慮が。。

    話としては面白いが、登場人物が多過ぎて焦点がぼやけてしまう。
    色々な事象を表現したかったのは理解できますが。。

  • 物語の設定のうまさが、さまざまな想いをつくる。

    10年という 時差が 突然 うまれる。
    そして、3日後には 死んでしまう。
    という設定。

    飛行機が行方不明となった ということで、
    乗っていた人たちの関係者は 『死』 を受け入れた。
    ところが 実は 生きていたんだ ということで
    『死』から 『生』にもどっても 10年は 取り戻せない。
    その混乱の中で かかわり合いを 再度 みつめる。

    飛行機に乗っていた人たちは 自分たちの『死』はしらない。
    そして、10年間たっている という 浦島太郎 の世界。
    あんたは 『死』んでいたんだと、関係者に言われる。
    それを受け止めることは できないが 10年の変化の中で
    認めざるを得ない状況になる。
    さらに、後3日間で あなたは 『死』 を迎えると宣告される。
    じょじょに 『死』を 意識し始める。

    仮の『死』から 事実としての『死』。
    つねに 死に向き合うことで、
    生きることの意味、愛するということ、親子の関係、
    そして、様々な事件に遭遇したことの痛み。
    これが 東日本大震災でいわれた 『絆』 なのかもしれない。

    この設定の中に 一体誰を乗客とするのか?
    それが 物語の 彩りを 作り上げていくのだろう。

    奇跡の生還であり、飛行機に乗った人たちは
    10年の歳月をしらないままに やってきたのだ。
    失われた10年。
    神戸大震災がおこり、サリン事件が起こった。
    死んだとされて 遺族は 様々な試練を受けた。

    非現実的な出来事を想像できる範囲内で描く。
    リアリティがないが故に、リアルとなる。
    航空会社のスタッフの献身的なサポート。
    市役所の人々。縁のある人々が かさなる。
    ドキュメンタリーの手法がうまく構成する。
    群像がおりなす 不思議な空間。

    ひとは、それぞれ 輝くときがある。

  • 小林聡美がCAの役でドラマ化されたのは何年前だろう?懐かしくなって本を読んでみたら、やはり設定他が違っていたが、最後は(T_T)私だったら残された3日間を、どう過ごすだろう?

  • ふと昔あっていた連ドラを思い出して読みたくなったので購入。あのドラマは設定を変えてあったことを初めて知った。
    死んだと思っていた大切な人が帰ってきたら、そして3日後にはまたいなくなってしまうとしたら…。自分に置き換えて考えずにはいられない。きっと私はみっともなく取り乱して、行かないでって泣いてすがる気がする。
    逆に自分が10年ぶりに大切な人たちの元に帰ってきたら…こっちは不思議なくらい想像がつかない。したいことがあるといいな。
    たった3日間、されど3日間。短い奇跡が起こす物語に、泣きたくもかるけど、胸がじんわり温かくなる小説だった。

  • 尾崎文庫。
    たくさんひとが出て来すぎて 途中で誰が誰やらわからなくなる。
    どんなに愛しいひとでも いきなり10年後に戻ってきたら どうだろ。しかもまたすぐにいなくなるのに。愛情というより こちらのいまの状況によって うれしかったり 困惑したり 。
    ビミョーだ。

  • 10年前に消えたはずの航空機が10年後に突如現れたら…という話。搭乗者は10年前のまま歳をとっていない。だけど世の中や周りの人間にとっては10年という時が過ぎていて…

  • 設定が面白くて、登場人物も個性的だから飽きずに読めた。

  • 【資料ID】158154
    【分類】913.6/O33
    文学のコーナーに並んでいます。

  • やっぱり、最後はそうなっちゃうのか・・・。

  • 2015.04.再読
    ドラマ化もされたらしいが圧倒的に原作の方が評が良いように思う。タイムリープものとしてはやや異色な気もするが、これはこれで面白かった。

  • これが、TVドラマ「神はサイコロを振らない」の原作である。ドラマと異なり主人公は男(ドラマでは小林聡美)であり、もちろん恋愛という要素も出てこない。正統SFらしく真面目でドラマとはテーマも違う。タイムパラドックスにも取り組んだハードな内容となっている。発想が素晴らしい。

  • おぉー、やっと読み終わったー。
    読み進まなくて苦労したー。

    とにかく登場人物が多すぎた。
    登場人物と場面がコロコロ変わってしまうので、感情が入り込んだ頃、別の家族の話に変わってしまう。という繰り返しで、その都度緊張感が途切れちゃった。
    もうちょっとスポットを当てる家族を絞り込んで、深く追求した内容なら、もっと話しにのめり込めた気がするのにな。
    なので結果、どの家族のこともあまり印象に残ってません。

    10年間を取り戻すために、与えられた3日間を前向きに生きようとするそれぞれの家族。
    だけど、失ってしまう悲しみをもう一度味わなければいけないという絶望感を考えたら、私だったらそんなに前向きに過ごせないかな。なんてちょっと思ってしまいました。

  • よく出来たファンタジーって感じ。飛行機事故とか家族とか過去と未来とか色んな要素が詰まってて、読んでて飽きない。

  • 古本屋でジャケ買いして、あまり期待していなかったが・・・面白かった。
    最後のオチも読めず最後まで期待や希望が持てる作品。
    是非再読したい。

  • ネタはいいけど、無理が有りすぎでいまいち。

  • 本来ならこのドラマチックな展開にワクワクするところですが、実際に今マレーシア航空機が消息を絶つという問題が起きていて、早く何事もなく見つかってほしいと願うのが現実のところです。

    群像劇好きですが、登場人物の多さに最初ちょっとてこずりました。後半は一気読みです。06年のドラマも見て見たかったな。

  • 私にしては珍しくSF物を。
    テーマは面白いと思うのだが、
    これは文章よりも映像の方が断然良さそう。
    何故なら、登場人物が多すぎて、
    途中で名前を見ても誰が誰だかわからなくなったので。

  • タイムリープものとして読むには少し物足りないかもしれない。

    登場人物が多いのにうまくまとめましたね。

  • となりで寝息を立てている娘がいっそう愛おしくなった。何気ない家族の時間、大切にしなくては。

  • 登場人物が多すぎて誰が誰やら… そしてその一人一人のエピソードがあまりに薄い。もっと面白くなりそうだったんだけもなー。
    なんだか無意味に読む時間がかかってしまった作品でした。

  • 10年前に失踪した飛行機が、時空を超えて現代に戻ってきたという話。人の絆は不幸な事故のせいで、一瞬で消えてしまうことがある。伝えたいことを伝える時間は、意外と短いのかもしれないと考えた。

  • 「今」
    の大事さは誰も今考えてないと思う。
    でもまさに今、大切な人が死ぬこともあり得るし、このレビューを書いている今、大地震が起こる可能性もある。
    事故や災害で無くなった人だって誰も今死ぬなんて思って無かったはずだからね。その家族や関係者も。
    そういう話。

  • ぼろ泣きです。
    本でこんなにぼろぼろ泣いたのは久しぶりかも。図書館で借りた本だったけど、これはちゃんと買って手元に置いておきたいなぁ。

    帰ってきた人達も素敵なんですが、待っていた人達の一生懸命さに心打たれます。限られた時間だとわかっているからこそ、全力で彼らをサポートしようとする心意気がかっこいい。
    突然10年後の世界に放り出された人に、好きに行動していいですよ、なんて言って放置するのは簡単だけど、それじゃ絶対に[好きに行動]なんてできないですもんね。
    前半の疾走感溢れるサポート劇は、ずっとどきどきしました。

    群像劇なのでとにかく登場人物が多いのですが、私はそこが、そこが!大好きです。
    色んな人物の話を飛び飛びに渡り歩いて時間が進んでいくので、続きが気になって気になって一気読み。

    好きな人物がたくさんすぎて困る。
    機長さんかっこよかったなぁ。

  • 興味を持って最後まで読めました。
    たくさんいる登場人物たちに、ドキュメンタリーっぽく淡々とスポットが当てられていく感じでした。

  • きっちりと定められた世界観のおかげですんなり入り込めた。人生は重さじゃ測れない。生きていることの尊さを感じた。

全147件中 1 - 25件を表示

神はサイコロを振らない (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

神はサイコロを振らない (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

神はサイコロを振らない (中公文庫)の単行本

神はサイコロを振らない (中公文庫)のKindle版

ツイートする