小説のゆくえ (中公文庫)

  • 69人登録
  • 3.28評価
    • (0)
    • (5)
    • (13)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 筒井康隆
  • 中央公論新社 (2006年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (381ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122046665

小説のゆくえ (中公文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ポストモダンで大きな物語が終焉を迎えてからの文学について考えられていた。万人が感動する物語はないかもしれないが、文学の方法はまだなくなっていない。

  • ・5/22 読了.結構時間がかかった.断筆関連だけかと思ったけどその他いろいろあった.

  • エッセイ、日記等。

  • あまり彼の演技は褒められたもんではないと思うのですが、本人が楽しそうだからいいや。

  • 感想を言葉にできない(読後感に不満がある場合)ときに頼る1冊になるだろう。自分が面白いと思う本の基準が「筒井康隆」にあった。

    参照:<A HREF="http://paperbackaterehwon.blogspot.com/2006/04/p.html
    ">diary@erehwon</A>

全5件中 1 - 5件を表示

筒井康隆の作品

小説のゆくえ (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

小説のゆくえ (中公文庫)はこんな本です

小説のゆくえ (中公文庫)の単行本

ツイートする