項羽と劉邦―マンガ中国の歴史〈1〉 (中公文庫)

  • 17人登録
  • 3.33評価
    • (1)
    • (0)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 手塚治虫
制作 : 陳 舜臣 
  • 中央公論新社 (2006年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122046733

項羽と劉邦―マンガ中国の歴史〈1〉 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • 中国の秦~漢の時代の状況をわかりやすく、読みやすいマンガになっています。2人の将軍の人となり、取り巻く人たち、伝説などを上手くスト―リーとなっています。
    が、3回ぐらい読んでようやく理解できたかな。最後の解説読み、本編読み、、の繰り返しでした。

    ファンタジーだけど、水滸伝はもっと後の時代たけど、、、高校時代にハマった幻想水滸伝を思い出しました。

  • 手塚治虫、と背表紙にあって、思わず買ってしまった。
    一見して「絵柄が違う?」
    それもそのはず、手塚治虫「監修」だったわけで(苦笑)。
    迫力があるというより、ちょっとかわいらしい絵柄。
    巻末の読み物を見ていると、子供向けにかかれたものなのかもしれない、と思った。

    項羽と劉邦、顔の造りが基本的に同じなのが可笑しい。
    髪の色と眉毛の太さで区別せねば。

全2件中 1 - 2件を表示

項羽と劉邦―マンガ中国の歴史〈1〉 (中公文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

項羽と劉邦―マンガ中国の歴史〈1〉 (中公文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

項羽と劉邦―マンガ中国の歴史〈1〉 (中公文庫)はこんな本です

ツイートする