ルームメイト (中公文庫)

  • 4192人登録
  • 3.31評価
    • (192)
    • (558)
    • (846)
    • (229)
    • (64)
  • 711レビュー
著者 : 今邑彩
  • 中央公論新社 (2006年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122046795

ルームメイト (中公文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これを読んだ人はたぶん大きく分けて2パターンいると思います。

    ミステリー好きだったり、精神医学に詳しかったりして、すぐトリックが分かっちゃう人



    全然気づかず、3回くらい犯人を間違えて最後にびっくりする人

    私は後者だったので楽しめました♪
    ただ、『よもつひらさか』を先に読んでしまったらあまり楽しめないかもしれないです。

  • ブックオフでオススメの棚にありました。

    主人公のルームシェアの相手が急に居なくなる。もちろん、主人公は探す訳だけど、そのルーメメイトは如何やら多重人格らしいと思った矢先見つルーメメイトは死体で見つかる。

    急転回の振り幅が魅力の物語です!

  • イマムラさん、初めて読みました。
    読みやすいです。内容はまずまずかなぁと思いつつも、だんだん集中して行きます(笑)
    なかなかラストの展開で。あ!( ̄▽ ̄;)
    みたいな感じで。納得感とそーだったんねぇと想定できそうな範囲での満足感で満足でした。もすこしイマムラさん、読んでみます!

  • 映画よりも全然いい。たしかにこれを映画にすること自体難しいだろうなぁ。

    だれもが、自身の中にルームメイトをもっているものだと思うと、怖いものです。

  • 2015.12/9〜12。深読みしすぎて、逆に騙された。ルームメイトの失踪、彼女の二重・三重生活の意味とは何か。個人的には、ラストのモノローグはあってよかったのではないかと思う。

  • 文庫版を読んだが、モノローグ4は必要。
    それ以前は、作者がフェアに伏線を提示するので、1/4くらいのところで全展開が読めた。
    が、モノローグ4はしてやられたり。
    先がわかるものの、ページを繰る手が止まらない。
    ルームメイトにこめられた真の意味に戦慄。

  • 結末は自分で選べるところが斬新。始終はらはらどきどき、先が気になりページをめくる指が止まらないような一冊。

  • 終盤はちょっと「無茶な!」と思いつつも楽しく読み終わりました。
    映画化もされてるんですね。
    気になるかも。

  • 面白かった!
    ページを捲る手が止まらなくて、一気に読破した。

    読破すると”ルームメイト”というタイトルに込められた意味も分かるし、自分の知っている人間(身内、仲の良い友達等々)の事を”果たしてどれだけ、その人の真実を知っているんだろうか”という気分になる。

    麻美、麗子、マリ、サミー、カオリと春海と兄の健介、そして大学の先輩である工藤 謙介の関係が物語が進んでいくにつれてもつれていきながら同時に起こる、一連の殺人事件の犯人探しを続けるミステリー要素も含んでいる。

    もつれた糸がほどけた時、全ての真相が明るみになるのだが(ネタバレになるので敢えて伏せておく)その部分は悲しい。だってその指揮をしていたのは、、、首謀者は、、、。

    映画は映画オリジナルの物語(原作があるのは知っていたが)があって原作は原作の物語があるので、2度楽しめるといった感じ。

    私はモノローグ4まで読んだのだが、あのモノローグ4の”俺”っていうのが誰だかがすごく気になる。あれってもしかして。。。

    最後に余談だが主な登場人物の、青柳 麻美、萩尾 春海、
    工藤 謙介3人の名前をイニシャルにすると、A.A、H.H、K.Kになる。そのイニシャルまで、この一連の物語に関係あるのか!?と思って読んでしまった(笑)

  • 後半のスピード感+犯人がわかった時のぞわっと感の演出がすばらしかった >_< 。文章が所々稚拙だった点と、最後の最後をのぞけば☆5

全711件中 1 - 10件を表示

今邑彩の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

ルームメイト (中公文庫)に関連する談話室の質問

ルームメイト (中公文庫)に関連するまとめ

ルームメイト (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ルームメイト (中公文庫)の作品紹介

私は彼女の事を何も知らなかったのか…?大学へ通うために上京してきた春海は、京都からきた麗子と出逢う。お互いを干渉しない約束で始めた共同生活は快適だったが、麗子はやがて失踪、跡を追ううち、彼女の二重、三重生活を知る。彼女は名前、化粧、嗜好までも替えていた。茫然とする春海の前に既に死体となったルームメイトが…。

ルームメイト (中公文庫)のKindle版

ルームメイト (中公文庫)の新書

ツイートする