海のふた (中公文庫)

  • 1688人登録
  • 3.68評価
    • (142)
    • (185)
    • (275)
    • (30)
    • (3)
  • 209レビュー
  • 中央公論新社 (2006年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (203ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122046979

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
よしもと ばなな
吉本 ばなな
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

海のふた (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • 人間の欲深さは、果てしない。でも、欲がないとモティベーションが続かないし、そこは難しいところ。
    お金の貪欲さではなくて、探求心の貪欲さを持ちたい。

  • よしもとばななさんの作品をちゃんと読んだのは初めて。
    ふとタイトルと表紙に惹かれて手に。

    起伏があってクライマックスがあって、、という作風では決してないのだけど、人間の「生きる」が本当に自然な流れの文章に詰め込まれていた。

    どの登場人物もすごく人間らしくて、繋がり方がどことなくリアルで血が通っている感じ。

    主人公の母の人物像が素晴らしかったな。個人的に。

  • 毎日のように会えることって、ものすごいことなのだ。お互いがちゃんと生きてること。約束もしてないのに同じ場所にいること。誰も決めてくれたわけじゃない。

  • この時期たくさんたくさん読んだ吉本ばななさんの作品の中でも、とりわけ印象的だった一冊。単純に大好きな海がモチーフだったこともあるし、きっと海のそばでかき氷屋さんを営む主人公へのあこがれもあったのかも。また読み返したい一冊。

  • 可愛い雰囲気。はじめちゃんとまりちゃん。のんびりとした雰囲気が終始続く。

  • 書き出しがとても好きです。
    途中も、最後も大好きです。

  • 読むと主人公たちと同じようにスローライフを送っている気になり、リフレッシュできた。自分の身の回りの人、手が届く範囲の物を大切にすること。そして、「どうにかなる」と楽観的に考え、前向きでいること。簡単そうに思えるけど、主人公たちのように振る舞うのは難しい。でも、それが人生の闇に飲み込まれないためには必要なのかもしれない。

  • 西伊豆の小さな町が舞台。挿画となっている版画がとてもいい味を出しています。正直、私は物語そのものよりも版画のほうが好きでした。
    映画にもなったんですね。ネットで動画を見たら私のイメージとは違っていた。本からのイメージではもっともっと田舎を想像していました。かき氷屋さんもイメージよりずっと綺麗。かき氷も美味しそうでした。

  • 少し前に映画を観たけれど、映画とは少し違う部分もあって、当たり前のことだけど原作のほうがよしもとばななワールド炸裂だった。

    小さな町での、まりとはじめちゃんのひと夏の物語。
    ふるさとの西伊豆に戻ったまりは、かき氷屋を始めたばかり。
    母親の友人の娘であるはじめちゃんは、大切な人をなくして傷ついていて、ゆっくりとした時間を過ごすために西伊豆にやってきた。
    ともに時間を過ごしながら、2人は自分らしく生きる道を探し始める。

    基本的にはわがままで独りを愛する部分があるまりとはじめちゃんが、本当は時々お互いを鬱陶しいと思いながらも(そういう描写は出てこないけれど)、一緒の時間を過ごすことで2人でいるのもいいなと思い始めて、しばしの別れ際には本気で淋しいと思う、そういう関係性が素敵だなと思った。
    人と一緒に生活するのは鬱陶しいし面倒くさい。でも、それを超えた感情も確かに存在する。
    ともに過ごすことで相手の嫌な面が目に付くこともあるけれど、それ以上に相手の良い面を見つけて尊敬したりする。そういうことが自分の生き方を見つめなおすきっかけになったりもする。

    おばあさんをなくしたばかりで傷ついているはじめちゃんの言葉や経験で、あぁすごく解るなぁ、と思う部分があった。
    人が死ぬと周りが醜く見える、というのはよくある話で、遺産やお金のことで揉めたり、取り合ったり…自分の利益にならないことは押し付けあったりして欲をむき出しにする。
    私も自分の父親が死んだときそういう場面を目にして、「自分は欲で醜くならないようにしよう、せめて誰かが傷ついているときだけでも」と心に誓ったことを思い出した。
    欲しいものや行きたいところなどの欲は必要なものだけど(それで仕事をがんばろうと思ったりするし)、誰かの持ち物を取り合うような欲は持ちたくない。
    はじめちゃんは心からおばあさんを愛していたからこそ目を覆いたくなった。その気持ちは、ものすごくよく理解できた。

    スピリチュアル要素は薄く、海辺でのゆっくりした時間を感じられる、癒しの小説。
    自分らしさを見つける、自分らしく生きる、って勇気がいるし、一生かかっても難しいものなのかもしれない。
    それを得はじめた2人のたくましさがいいなぁと、素直に思った。

  • どこか、自然があって、落ち着いた静かなところに旅をした気分になりました。

    お金で奪われる自然、人間の中の自然も…。

    それでも、できる範囲で自然と生きていこうとすること。
    自分が愛するものは、なんだったろう、と、少しそれと距離を取っていたことに気づきました。

  • ばななさんっぽくて
    よみやすかった ♪

  • 人生は大変だけどその中で続けることが大事で、その先に光が見えてくる。読んでいると、心が浄化されるような感じ。すっと入ってくる文章がやっぱり心地よい。読みやすいし、ちょっと迷った時に読むとラクになれる、そんな本。

  • 友だちにプレゼントされた本。
    よしもとばななさん、小説を読んだのは初めて。
    なんというか、日常、というか、そんな気がした。私たちの日常の中にも、後から考えるとターニングポイントになるような特別な時間や時期ってあると思うんだけれど、そういう、日常の中の一場面に特化して、そこで感じたものや目にしたもの、出会ったものや話した会話を切り取ったお話という印象。
    私にとってはまるで誰かの話を聞いている気持ちになるような、とても親しみやすい作風なんだなと思いました。
    と同時に、物凄いメッセージ性を感じて、私は何回かに分けないと読めない、、ってくらい力強さがあった。

    p186の最後の行からラストまでが印象的だった。まるで、映画のエンディングを観ているかのように、鮮やかにそのシーンが思い浮かんだ。

    〝私たちは人間だから、すごい力を持っているのだ。誰かがかき消そうとしても、無理やりに均されそうになっても、どんなに押さえつけられても絶対になくならない、そういう力を。〟

    〝みんなが自分の周りのすべてに対して、そんな風に豊かであったなら、きっとこの世の中は……。〟

    あとは、世の中の生きにくさのある人たちに対して、優しい人なんだな、と感じた。

  • ばななさんの『初恋』を読んでから次に読んでみました。観念的で感覚的なセリフや内容がやはり多くて、もうおなかいっぱい!!となり途中で断念。残念だなぁ、、

  • とても感覚的で綺麗な世界観の話です。
    ふわふわ、もこもことした暖かい話でした。

    風景や情景で、主人公たちの内面を描写するのがうまいです。

    話の展開や筋のあまりないえらく感覚的なはなしだけれども、とても楽しく読めました。

  • よしもとばななの小説を読んでいると、澄んでいて暖かくて…まるで、あったかいジャスミンティーを飲んでいるような気持ちになる。

    物語には、ハラハラとした展開も、あっと驚く事件も起こらない。ただ淡々と、地元の海辺の町を愛しかき氷屋を営む主人公と、その友人はじめちゃんの心の交流が描かれる。
    そのため途中までは、たいくつでなかなか小説の世界に入り込むことができなかった。

    でも、よしもとばななの作品は、静かな音楽のように、ゆっくりと心に響いてくる。

    これは、喪失の物語だ。

    思えば彼女の作品には、共通して「喪失」の悲しさと、それを見つめ、乗り越えてゆく澄んだ強さが描かれているように思う。

    だから好きなんだな、とも思う。

    特に好きだった文章をいくつか。

    「私はいじめとか仲間はずれとか……まあ田舎だからのどかなものだったが、そういうのに加担しなかったことで、ただでさえ人になじまないのにますますひとりでいることが多くなった。
    幼いころはそれでかなりいじけた気持ちにもなったけれど、今となっては、そういう行動が一枚の板みたいになって、私を支えるようになった」(p.89)

    「(全身に負った自身の火傷について)私が特別なわけではないんだって、ただ少し多く早く味わってしまっただけだって。(中略)これこそが、生きるということなんだって。
    私たち人間は思い出をどんどん作って、生み出して、どんどん時間の中を泳いでいって、でもそれはものすごく真っ黒な巨大な闇にどんどんどんどん吸い込まれていくの。私たちにはそれしかできないの。死ぬまでずっと。
    ただ作り続けて、どんどんなくしていくことしか」(p.96)

    「私のできることは、私の小さな花壇をよく世話して花で満たしておくことができるという程度のことだ。私の思想で世界を変えることなんかじゃない。ただ生まれて死んでいくまでの間を、気持ちよく、おてんとうさまに恥ずかしくなく、石の裏にも、木の陰にも宿っている精霊たちの言葉を聞くことができるような自分でいること。
    この世が作った美しいものを、まっすぐな目で見つめたまま、目をそらすようなことに手を染めず、死ぬことができるように暮らすだけのこと」(p.99)

    「解決ってほんとうに面白くて、ちょうど『これはもうだめかも』と思った頃に必ず訪れる。『絶対になんとかなるだろう』と思うことをやめず、工夫し続ければ、なんだか全然別のところからふと、ばかみたいな形でやってくるものみたいだ」(p.127)

    「私は私の店を作ってゆき、たくさんの人に出会うだろう。そしてたくさんの人を送るだろう。決まった場所にいるということは、そういうことだ。送らなくてはいけない……ゲートボールのおじいさんたち、そして、いつかは自分の親も。自分に子供ができたら、子供がかき氷屋をかけ回り……そういうふうになるまで続けていくということは、全然きれいごとじゃなくて、地味で重苦しくて、退屈で、同じことの繰り返しのようで……でも、何かが違うのだ。何かがそこにはきっとあるのだ。
    そう信じて、私は続けていく。」(p.179)

  • ばなな姫を10年以上読んでいなかったけど、こんなにしんどいかと思った
    さくさく読めない
    ぐさぐさ刺さる
    だいたいすごーくその通り、そう、そうなんだよねと思った
    思っていることを言い当ててくれたような

    昔は感受性が麻痺していたのか、、

    しんどかったけどまた近いうちに、ばなな姫読もう

  • 地味に主人公の名前がまりちゃんっていう本って読んだことなかったかも。はじめちゃんにめっちゃ褒められているみたいで嬉しい気持ちになってしまう。無欲でいいじゃんねーと思わせてくれる本。金に支配されるなんて嫌じゃんねー

    ああ美味しいかき氷が食べたい。

  • 実家である西伊豆に帰ってきてかき氷屋さんを始めたまりちゃんと、おばあちゃんを亡くし相続争いから距離を置くために夏だけやってきたはじめちゃんのお話。似たような境遇の自分の故郷を思い出したり、大切な人を亡くした経験に共感したりと、涙ぐんでしまう場面が多々あった。そんな中で自分のやりたいことを探し見つけ、芯を曲げずに進んで行く二人の姿に勇気付けられました。変化していく環境と人の影の部分に悲しくなりつつも、最後には心が暖かくなる、とてもいいお話でした。

  • よしもとばななと睦稔のコラボ企画。所々に睦稔の美しい版画が挿入され、小説の雰囲気を彩る。寂れて、変わっていくわたしの街。その背景には金の動きがあった。そして愛するおばあちゃんの死後、遺産相続のことで醜さを露わにする親族たち。その現実に心を痛めたはじめちゃん。金によって大切なものを奪われたわたしとはじめちゃんの出会い。そのふたりの心の通い合いの物語。大切なものの喪失は、ばななのいつものテーマである。これは作中の表現だが、生まれたシャボン玉を見つめて、それがポッと消えるまでのたまゆらの美しい時間。そんな時を過ごしたような読後感のある作品だった。

  • 表紙の青に惹かれて。土肥。懐しい。
    海のふた。物事のふた。逆接のふた。

  • まりは、東京の美大を卒業しふるさとの西伊豆の小さな町(もうずいぶんと前からじょじょにさびれていて、この街の人は子の町に興味をなくしてしまっている)で大好きなかき氷店を始めることにした。
    その初めての夏に、母の親友良子さんの娘さん、祖母を亡くしたばかりのはじめちゃんをあずかることにした。
    彼女にはおおやけどの跡があった。

    映画の原作ということで読んでみたのだが、とてもよかった。よしもとばななの一番よいところが出ているし、また版画の挿画もすてきで、本として完成されていると感じた。

    P76 お掃除っていうのは、きっとその人がその空間をうんと愛しているという気持ちで記読めることなんだなあ、と私はしみじみ思った。形だけやってもちゃんとわかってしまうし、木でも人でも動物でも空間でもものでも、大事にされてるものは、すぐにわかる。

    P98 これからここがどうなっていくか知らない。私はここの大地をなでるような気持ちで、毎日この足で歩き回っている。小さな愛が刻まれた場所は、やがて花が咲く道になるからだ。
    それでも、もっと大きな何かの前では、はじめちゃんお言うとおり、私は流されていくだけだ。このひとときさえ、いつかまた泣かせる思い出になっていく。
    だからこそ、大したことができると思ってはいけないのだ、と思えることこそが好きだった。私のできることは、私の小さな花壇をよく世話して花で満たしておくことができるという程度のことだ。私の思想で世界を変えることなんかじゃない。ただ生まれて死んでいくまでの間を、気持ちよく、おてんどうさまに恥ずかしくなく、いしのうらにも、木の陰にも宿ってる精霊たちの言葉を聞くことができるような自分でいること。この世が作った美しいものを、まっすぐな目で見つめたまま、目をそらすようなことに手を染めず、死ぬことができるように暮らすだけのこと。それは不可能ではない。だって、人間はそういうふうに作られていこの世にやってきたのだから。

  • 主人公のまりちゃんの地元が寂れていく過程を読んで、あれどっかで。。。と思った。そして、よくよく考えたら私の生まれ育った故郷が、まりちゃんの地元と同じ寂れ方をしていたのに気付いた。

    私の地元は温泉街で観光地。母はそこでずっと育って今も、生活している。母が小さかった頃はまりちゃんの幼少の頃の地元のようにうちの地元も賑わっていて、よく東映のスターなんかが撮影にきたと言っていた。

    私の地元に限った事ではなくて現在、日本全国に昔は繁盛していたけれど今はもう。。。という場所って、少なくない気がする。そこでいくとこの本は、そういう場所に対しての1つの警鐘を鳴らしているようにも捉えられた。

    そして、まりちゃんとはじめちゃんは驚くほどにシンプルに丁寧に毎日を送っていること。
    ちゃんと自分らしく、あるがままに生きている2人。
    なかなか難しいけれど、この2人のような生き方が出来たらと感じている。
    私は、まりちゃんとはじめちゃんの優しくて温かいやり取りを読み進めていく内に大好きになったし、まりちゃんやはじめちゃんのような友達が欲しいと思った。

    文体もとっても美しくてシンプル。
    何か素敵な音色を聴いているような。
    素直に心に響いてくる言葉。
    ページの要所に出てくる版画絵も綺麗。

  • 癒されます!
    故郷の海辺の町に戻り かき氷の店を始めた主人公のところに
    心と体に傷をもつ少女がやってきて ひと夏を過ごす。
    海やお店の風景が頭に浮かび
    せつないながらも 前に向かって進む強さも感じ
    久々に いい本を読んだ!という気分になりました。

全209件中 1 - 25件を表示

海のふた (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

海のふた (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

海のふた (中公文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

海のふた (中公文庫)のKindle版

海のふた (中公文庫)の単行本

ツイートする