フランス革命史〈下〉 (中公文庫)

  • 47人登録
  • 4.00評価
    • (3)
    • (9)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
制作 : Jules Michelet  桑原 武夫  樋口 謹一  多田 道太郎 
  • 中央公論新社 (2006年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (487ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122047891

フランス革命史〈下〉 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • 現代の神話。ルイ16世と,ジロンド派と,ロベスピエールの処刑(処刑直前)の場面が個人的にはハイライト。でっちあげ裁判や自らが粛清される恐怖から敵を作り出す心性はロシア革命の展開と全く同じで笑ってしまった。

    (使えそうなところ)
    ◆王政の打倒につづくものは所有権への攻撃である,というのは反革命派のみならず,フイヤン派の繰り返し主張したところだった。もとからの所有者のみならず,新たに土地を所有した者も,これから土地を手に入れようとしている者も,そして彼らの代表,公会の中間派も不安でいっぱいだった。この不安をしずめるのが緊急の必要事だ。「万人が所有者となる」――これが革命の思想であった。(p35)

    ◆ジロンド派は,二度偉大な勇気を示し,二度みずからの思想に生命をささげた。彼らは十八世紀の哲学の子として,その論理を公会の議場に運び込んだ。一つの原理に動かされて,ジロンド派は王政をくつがえし,同じ原理に動かされて,国王の生命を助けてやろうとしたのだ。この原理とは,人民主権という国民的教義にほかならなかった。……ジロンド派は国王裁判においてもこの原理に忠実たらんとしたのだ。人民の意志にそむいてみずから主権をのっとるならば,宣言したばかりのあの教義に違反する。そうした不法で,共和国の第一歩を汚すことはできない。――それが(正しいにせよまちがっているにせよ)彼らの主張だった。モンターニュ派は少数派の権利を公然主張していた。人民主権を無視しても人民を救うべきだ,と言っていた。誠実で英雄的な愛国者なのだが,彼らは,にもかかわらず危険な道にふみこんだ。もし多数を無視していいのなら,もし“最善の人々”がその数の多少にかかわりなく支配すべきだというのなら,この最善の人々はきわめて少数,十人でもひとりでもいいことになる。(p76~77)

    ◆王は自分からすすんで役人たちと雑談した。彼らの身の上,彼らの仕事のことを話した。こういうことをしゃべらせると,王は教養あり,分別のある男だった。王はまた,相手の家族のこと,子どもらのことをたずねた。一方はヴェルサイユと王座から,他方は仕事場や店さきからと,それぞれかけへだったところからやってきたのだが,家族の話となると,おのずと心が通いあった。家族,それがルイ十六世の泣きどころであり,またすべての人が,この点で彼に同情して心をいためていたのである。十二月十一日,王がつぎのように言ったとき,感動せぬ者はなかった。「一時間も早く息子から引きはなすんだね」。王を家族からひきはなしたことは,まったくむだなことだった。こういう性質の裁判では,被告同士の連絡など,まず心配には及ばぬことであった。ああいう引き裂き方をしたために,いたましいかぎりの光景が生まれてしまい,世人の同情が王に集まったのである。十二月十九日,王は役人たちの目の前でクレリに言った。「きょうはわたしの娘が生まれた日だ。この誕生日に,娘に会えぬとは!……」いく粒かの涙が彼の目からこぼれた……。役人たちは黙り込み,王の父親らしい嘆きをそっとしておいた。彼らはおたがいに警戒しあい,涙はようみせなかった。(p81~82)

    ◆王は不幸のうちにあって,とてもうれしい償いを得た。それは,王妃の彼にたいする態度がすっかり変わったことである。王は,死を目前にして,生よりも貴く,死をなぐさめるになる巨大な贈り物を,ずいぶん遅まきではあるが獲得した。愛する人に愛されることになったのだ。王妃はひじょうにロマネスクな人だった。彼女はずっと以前からこう言っていた。「わたしたちは何ヶ月か塔にとじこめられてからでないと救われないでしょうよ……」精神的に,彼女は救われた。タンプル塔での幽閉生活は彼女の精神を浄化し,昂揚させ,苦悩のるつぼのなかにあって彼女は無限の勝利を得たのだ。彼女のうちにおこった最良の変... 続きを読む

  • 『フランス革命史』抄訳の第二分冊。ルイ16世の処刑から、ロベスピエールの処刑(テルミドールのクーデタ)までを扱う。革命の指導者たちが、革命裁判や暗殺によって次々に命を落としていくさまが克明に描かれてゆく。マラーやダントン亡きあと、一時的に全権力をロベスピエールが掌握したが、それも1年と持たない。ミシュレはテロルを対外情勢や国内情勢が要請した不可避のものとして描き出す――これはのちにフュレが「状況の論理」と呼んだものだろう――が、それでもロベスピエールの負の側面を描き出すことを忘れなかった。しかし、ミシュレが「フランス革命」の歴史をテルミドールのクーデタ、したがってロベスピエールの処刑によって閉じていることは印象的である。テロルという負の側面はあったにせよ、テロルのあとに来るのが軍人政治の時代、ナポレオンの時代であることを示唆しながら、ミシュレは「革命」の歴史を閉じた。ここに、革命の主役は人民であるというミシュレの基本的な理念が反映されている。

  • 2013年11冊目

    本書はフランス革命の歴史を叙述したもので、ロビスピエールの死で幕を閉じる。さて、フランス革命の歴史書としてはどこで始まり、どこで終わるのかは非常に重要である。筆者がどこまでを革命ととらえているかが如実に反映されているからである。本書ではロビスピエールの死、すなわち共和制の崩壊を意味するところで幕を閉じる。本書が共和制史と呼ばれる所以である。

    さて、本書は厳密に事実のみを提示した歴史書ではない。そのため、純粋に歴史的事実を理解したものにとっては良書ではないかもしれない。しかし、本書の評価をする前に、歴史書とは何か、を吟味する必要がある。

    ミシュレによれば、歴史とは「全体としての生命の復活」と表現される。なぜか。歴史書は単純に事実を提示すればいいというわけではない。その歴史の価値を現代に復活させ、読者に新たな視点とともに理解してもらうこと、それが歴史書の目的である。ミシュレ以前、古典主義が勃興していた時期、歴史は「道徳と政治の学校」であった。歴史は過去から教訓を引き出すことで価値があるとされていた。しかし、フランス革命はこの考えを一変させる。今まで歴史とは繰り返される反復するもので、だからこそ教訓を引き出す価値があるとされていたのだ。しかし、革命は歴史を展開し、今まで予想だにしなかった結果を生み出した。歴史は反復されるだけのものではなかったのだ。未来に変化していく歴史を考える時、私たちは歴史をどのように理解すればいいのか。歴史の意味と方向性を理解しなければならない。それこそ歴史書の役割である。(この流れこそロマン主義の流れといえる。)

    だからこそ、本書はまるで冒険歴史小説のような印象を受ける。これは、筆者ミシュレがフランス革命をそのように理解していた証拠になるであろう。人民(peuple)が立ちあがったことこそフランス革命の意義であり、上巻では、人民が立ち上がる立ち上がる姿が、革命が輝かしい未来へ向かっていく様子で描かれる。文学的な印象を受けるだろう。もちろんそれは本書が歴史的事実に依拠していないことを意味しない。前述したように、歴史とは「全体としての生命の復活」である以上、歴史に価値を付与する必要性があったのである。

    そして彼にとってフランス革命は新たな社会の到来を予感させた出来事なのである。彼の理想は友愛に基づく共和制であった。彼が理想とする共和制はあくまで民衆によるものである。そのため、民主的な議会でさせも、遅々と革命の進行を遅らせた議会には批判的になる。

    とにもかくにも、歴史書の意義は事実に対する価値の提示であり、ミシュレは「人民」の立場から叙述した。そのいみで、本書は非常にフランス革命をよく理解させていく。当時の人々が理想に燃えていた様をありありと見せつけてくれるのである。

  • 全体のレビューについては上巻を参照のこと。

    下巻は1792年の国民公会の招集・王政廃止・共和国宣言から94年のロベスピエールらの処刑まで。

    外国勢力だけでなくヴァンデ(王党派)との戦いなど情勢は複雑を極め、出来事が次から次へと起こり展開が分かりづらい。筆者のせいではないので、この点は仕方がないのですが。革命政府内での骨肉相食む泥沼の内訌が凄まじくて読んでいて震え上がるほど。ミシュレが特定の人物、とりわけ女性を描く時の筆致は何かが取り憑いているとしか思えない。尋常じゃなくスリリングな歴史読み物。

  • 革命も疲弊するんだなぁ。ミシュレさんも上巻にくらべて悲しげな筆致。

全7件中 1 - 7件を表示

フランス革命史〈下〉 (中公文庫)に関連するまとめ

フランス革命史〈下〉 (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

フランス革命史〈下〉 (中公文庫)はこんな本です

ツイートする