血烙―刑事・鳴沢了 (中公文庫)

  • 668人登録
  • 3.48評価
    • (26)
    • (59)
    • (94)
    • (12)
    • (3)
  • 50レビュー
著者 : 堂場瞬一
  • 中央公論新社 (2007年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (508ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122048126

血烙―刑事・鳴沢了 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 鳴沢了、日本を飛び出し、ついに海外へ。ニューヨーク市警で研修中の鳴沢は、優美達との充実の日々を送るが、勇樹が何者かに誘拐される。いつものように、上層部を無視しての暴走が始まる。そんな鳴沢に手を貸すミック、ジャック、B.J、ホセとの絆がめちゃくちゃ熱い。勇樹を追えどもなかなか捕まらない鳴沢の焦りがヒシヒシと伝わる。まさに命と刑事生命をかけた戦いだった。大事な人を守り抜いた鳴沢はやっぱりかっこいい!それにしても、こんな騒ぎを起こして大丈夫なんだろうか…とまたまた心配なラストだった。そして、優美との関係は!?

  • ほとんど鳴沢了暴走ワンマンショーで、さらにアメリカが舞台ということで、銃撃戦ありヘリ追跡ありのアクション小説(笑)
    https://blogs.yahoo.co.jp/rrqnn187/14874536.html

  • いきなり部隊がアメリカに飛んで吃驚した
    ホセかわいいよ、ホセ

  • 2016/05/23 - 2016/05/27

    NY市警で研修中の鳴沢の元にもたらされた凶報―勇樹がバスジャックに巻き込まれた。現場に駆けつけた鳴沢が見たのは射殺された犯人の遺体、そこに勇樹の姿はなかった。見え隠れするチャイニーズマフィアの大物マシンガン・トミーの影。勇樹の行方は。NY、アトランタ、マイアミ―かすかな手がかりを追い、鳴沢が爆走する。

  • 鳴沢了シリーズ七作目。
    飛ばしに飛ばされまさかのアメリカ編、度々銃弾が飛び交う回。「悪党」の概念に悩まされる回だった。
    この本の鍵となる短い映像は、核心となるにはちょっと伏線が弱かったように感じた。「あー、確かにね」となってしまったのは私だけかもしれないけれど 笑
    終盤の、突然の今からの電話がいい味が出ていて好き。次作はどうなるのかが謎すぎて気になる。あと数作だけれどこのシリーズはどこに落ち着くのか・・・。

  • 堂場瞬一、刑事・鳴沢了シリーズ第7巻。
    了は、警視庁から研修という形で、アメリカ、ニューヨーク市警(NPD)の刑事をしている。恋人の内藤優美やその息子の勇樹、親友であり優美の兄である七海たちと楽しくやっていた。
    勇樹はアメリカのテレビドラマのオーディションに合格し、今や人気者となっている。
    了は、NPDで相棒のミックとともにある男を逮捕すべく捜査していたが、見失ってしまう。
    ある日、了のもとに優美から勇樹がレッスンから帰ってこないと電話を受け、優美のもとにもどる。
    勇樹は、送迎のスタッフのもとを離れ、中国系マフィアに追われ、乗り合わせたバスがバスジャックにあってしまう。その犯人こそ了たちが追っていたクール・Jであった。
    バスジャック犯人は倉庫にバスごと逃げ込み、膠着状態が続く。しばらくそのままの状態が続いたが、銃声とともに犯人は殺害され、勇樹と中国系マフィアは姿を消してしまう。
    七海は以前から中国系マフィアのトップであるトミー・ワンを追っていたが、トミーも同じくして姿を消す。
    了と七海は勇樹を探し、その行方をアトランタに求め、了は単独アトランタへ飛ぶ。そこでかつてのルームメイ
    ト、B・J・キングとともに勇樹を探すが手掛かりは見つからない。しかし、トミーの娘であるアイリスがアトランタに住んでいたことが分かり、その線から捜査を進め、アトランタが囮だったことに気づく。
    アイリスの息子ジェイクは重い血液の病気にかかっており、骨髄移植しか生きる道がなく、トミーは孫を助けるため、マイアミに行っていた。
    了もすぐにマイアミに飛び、キングからの紹介で、マイアミの私立探偵、ホセ・カブレラとともに勇樹を探す。
    勇樹を誘拐した理由は…。フロリダでの決着は…。

  • 舞台は日本の方が良いかな。
    鳴沢が少しずつ人の温かさに触れていく点は良かった。
    ただ、あいかわらず食事はストイック。
    少し耳が痛いです。

  • 刑事鳴沢了シリーズ第7弾。
    鳴沢はニューヨーク市警に、研修で赴いた。
    そこで誘拐されてしまった恋人の息子の奪還に挑む。
    映画のよう。

  • 刑事 ・鳴沢了シリーズ。
    鳴沢がNY市警での研修中に起こった事件に、恋人の息子が巻き込まれる。
    管轄外だと何度も注意を受けるが、自分が助け出すと暴走を繰り返す。
    アメリカという、慣れない土地での捜索は容易ではないが、仲間たちの手助けを受けながら真実に迫る。

    2014.3.18

  • 刑事・鳴沢了シリーズ第7作。

    アメリカにいる恋人、優美のそばで暮らすため、鳴沢はニューヨーク市警で研修する道を選ぶ。だが、異国での心安らかな生活を揺るがす大事件が起きてしまう。

    暴走にもほどがあるでしょう、というのが正直な感想。シリーズ初期にくらべてだいぶ大人になったと思っていたのに、今回の鳴沢の思考や行動はやけを起こした人間にしか見えず。筋立てもB級映画みたい。

全50件中 1 - 10件を表示

堂場瞬一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
堂場 瞬一
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

血烙―刑事・鳴沢了 (中公文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

血烙―刑事・鳴沢了 (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

血烙―刑事・鳴沢了 (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

血烙―刑事・鳴沢了 (中公文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

血烙―刑事・鳴沢了 (中公文庫)のKindle版

ツイートする