臨安水滸伝 (中公文庫)

  • 25人登録
  • 3.90評価
    • (3)
    • (3)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 井上祐美子
  • 中央公論新社 (2007年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (385ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122048317

臨安水滸伝 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • 21.1.7〜のんびり読み始め。出だしはなかなか引き込み強い。だらだらしてません。

  • 南宋の都・臨安で漕運業を営む夏家に、高位の宦官から極秘の依頼が舞い込みます。
    「謀殺された将軍・岳飛の隠し資産を捜して欲しい。」夏家三兄弟の冒険が始まります。

    宋時代のヒーローである岳飛を巡る物語ですが、井上さんの描く登場人物は、みなそうなんですが、本作の登場人物もとても魅力的です。
    私は、風生よりも資生が好きですね。
    それから、一般的には、売国奴として蔑まれている秦檜(しんかい)も、本書ではとても魅力ある人物として書かれています。

全2件中 1 - 2件を表示

臨安水滸伝 (中公文庫)はこんな本です

臨安水滸伝 (中公文庫)のKindle版

臨安水滸伝 (中公文庫)の単行本

臨安水滸伝 (中公文庫)の文庫

ツイートする