トスカ マノンレスコー/ローエングリン (中公文庫―マンガ名作オペラ)

  • 22人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 里中満智子
  • 中央公論新社 (2007年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122048461

トスカ マノンレスコー/ローエングリン (中公文庫―マンガ名作オペラ)の感想・レビュー・書評

  • なんか単純な話が多いなぁ。トスカも感情的なおバカさんだし。

  • 漫画家、里中満智子先生の描く傑作オペラの数々。ここではマリア・カラスのアリアでも有名な『トスカ』と『マノン・レスコー』さらには中世ゲルマンに伝わる伝説を描いた『ローエングリン』が収録されております。

    傑作オペラの数々を漫画家、里中満智子氏が漫画化したその第8集です。恐らくこれで最終巻なのでしょう。ここにはプッチーニ作のオペラ『トスカ』と『マノン・レスコー』確かこの2つを知るきっかけとなったのはマリア・カラスであったかと思います。最後には中世ゲルマンに伝わる伝説を描いたワーグナー作のオペラ『ローエングリーン』です。

    どれも主人公は女性で、『哀しい恋』というものがテーマとなっており、今で言うとこれがメロドラマとして昼の時間帯や夜の時間帯に見られるようなテレビドラマのテーマに大なり小なりの影響を与えているのではないかとこれを書きながら推察しております。

    『トスカ』では美貌ゆえに貧しい男との生活を捨て、自分を見初めたお金持ちのところへ愛人としていくのですが。そこでの豪奢な生活にも退屈を覚え、迎えに着た貧しい男と共にアメリカに旅立つも、長い放浪の果てに彼女は死んでいくという話で、共感はあまり出来なかったのですが、ある種の『普遍性』を感じました。

    『マノン・レスコー』もまた、悲劇的な恋愛をベースに恋人の処刑後に自らも身を投げてしまうという悲劇性が涙を誘うのだろう。そんなことを考えておりました。

    『ローエングリン』もまた、ヒロインであるエルザ姫が愛した男の名前をどうしても知りたいがゆえに起こった永遠別れという悲劇的な結末を見て、なんとも言いようの無いものを感じました。

    ここで見たものを発着点として今度は映像を見たり、もっと機会があれば実際に劇場に足を運んで生でオペラを見たいなと。よりそんな思いが強くなりました。

全2件中 1 - 2件を表示

トスカ マノンレスコー/ローエングリン (中公文庫―マンガ名作オペラ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

トスカ マノンレスコー/ローエングリン (中公文庫―マンガ名作オペラ)を本棚に「積読」で登録しているひと

トスカ マノンレスコー/ローエングリン (中公文庫―マンガ名作オペラ)はこんな本です

ツイートする