とせい (中公文庫)

  • 336人登録
  • 4.04評価
    • (43)
    • (77)
    • (35)
    • (1)
    • (0)
  • 53レビュー
著者 : 今野敏
  • 中央公論新社 (2007年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (331ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122049390

とせい (中公文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 暴力団の話ではなく「ヤクザ」の話だ。任侠の世界なので素人さんには手を出さない。素人の正攻法ではうまく行かないものが、裏の世界の方法ではうまく行く。そんな方法で出版社を立て直していく。痛快ではないか。

  • 任侠道をわきまえたヤクザが今時いるなら、いいなぁ。

  • p.40
    「何か食っていくか?」
    「マックでハンバーガーでも食べますか?」
    「頼むからよ、ヤクザなんだから、そんなもの食うなよ…」

    任侠ヤクザが慣れない出版社の社長になり、慣れない仕事が始まる。特技を持った人が都合よくいて、闇金やらシマの話やら出て来て、わやわやトントン拍子に進んでいくところが愉快。
    運のある人柄がいい人たちばかりで軽いストーリー、こんな感じに社会の裏側を覗くのは楽しいなと。

  • 渡世の知識が身に付きました笑。古き良き渡世人の日村がとても魅力的。全体的にほっこりするいい話だった。

  • やってしまった(T_T)
    題名が任侠書房となり再度発売。
    同じ本を2冊購入してしまった。

  • おもしろかった。
    ヤクザさんが、同じ人間なんだとわかり、身近に感じられるようになりました。

  • これぞまさしくエンタメ小説!

    ヤクザものですが、人情溢れる登場人物たちに優しい気持ちにさせてもらえました。
    親分、憎めない人だなぁ。

    最終的には丸く収まることが分かっていても
    それでもハラハラしてしまう。
    余り期待しないで読んだ分、何だか得した気分です!

  • 組長の思いつきで出版社の役員になってしまったヤクザの組員・日村が主人公。
    次々と色々な無理難題が降りかかってくる日村が不憫。。でもどんどん活気を取り戻していく社員、適材適所でがんばる組員たちの姿に嬉しくなる。テンポ良く楽しく読みました。
    甘糟刑事のオドオドぶりになぜか安心する(笑)

  • 面白かった〜。任侠病院、マル暴甘糟、任侠学園と読んで、最後これ。これが始まりなんだよね〜。もっとこのシリーズ読みたい。

  • 最近今野敏ばかり読んでいる。
    これはヤクザが主役のお話。今は改題されていますが、元のタイトル『とせい』の方があってる気はする。

    相変わらずの安定した面白さ。
    暴力団ではない、ヤクザなのです。

    2015.09.13

全53件中 1 - 10件を表示

今野敏の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

とせい (中公文庫)を本棚に登録しているひと

とせい (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

とせい (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

とせい (中公文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

とせい (中公文庫)の単行本

ツイートする