木枯し紋次郎 中山道を往く〈1〉倉賀野~長久保 (中公文庫)

  • 12人登録
  • 2.50評価
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 笹沢左保
  • 中央公論新社 (2007年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (281ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122049420

木枯し紋次郎 中山道を往く〈1〉倉賀野~長久保 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

全2件中 1 - 2件を表示

木枯し紋次郎 中山道を往く〈1〉倉賀野~長久保 (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

木枯し紋次郎 中山道を往く〈1〉倉賀野~長久保 (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

木枯し紋次郎 中山道を往く〈1〉倉賀野~長久保 (中公文庫)の作品紹介

破れ合羽に破れ笠、錆朱色の長脇差をさして、唇に五寸の長楊枝。木枯しの音も寒々と、中山道に孤影をひいて、独り旅往く紋次郎。時代小説の不朽の名作、「木枯し紋次郎街道シリーズ」第一弾。

木枯し紋次郎 中山道を往く〈1〉倉賀野~長久保 (中公文庫)はこんな本です

木枯し紋次郎 中山道を往く〈1〉倉賀野~長久保 (中公文庫)のKindle版

ツイートする