気がつけば彼を見ている (中公文庫)

  • 38人登録
  • 2.94評価
    • (0)
    • (3)
    • (9)
    • (4)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 内田春菊
  • 中央公論新社 (2007年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (263ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122049499

気がつけば彼を見ている (中公文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 春菊さんの文章を久しぶりに読みました。思っていたとおり不毛な人間関係の数々。短編自体はどのストーリーにも感情を乗せることなく読み流しで終了したのですが、解説と、解説の「解説」がとても興味深かったので、ギリ☆2つの評価です。

  • 自分勝手なダメ男と、そんなダメ男と関係を続けてしまうダメ女。

  • 男と女の話が九編。
    女性の心理の裏側を垣間見たような気になる。
    ねっとりしていなくて、サバサバしていて、気持ちよく読める。

  • 文庫版の裏表紙に「著者はじめての恋愛短編集」と書いてあるが
    こんなあからさまなウソはないだろう(笑)。
    内田春菊の文章を久々に読んだが、非常に円熟した印象はある。エッセイやまんがなどではもう同じことしか書かない彼女だが、小説は、そういった先入観をなんとかなくして読もうと努力した結果、楽しんで読むことができた。まあ、私が20代前半の頃は「こういう女性もかっこいいな・・・」と思っていたものが、今はありえんと思うので、内田はその頃で思考が停止しているか、完全に割り切って同じことを書いているかのどっちかなんだろう。
    「重婚されて」は、まんがで描いたらいいのに、とも思った。こういう、水の中でたゆたっているようなまんがを描かせたらまだ彼女はおもしろいのに。

  • 2008/9/30購入

  • お!久々に小説だ!!

全7件中 1 - 7件を表示

内田春菊の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
江國 香織
よしもと ばなな
石田 衣良
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

気がつけば彼を見ている (中公文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

気がつけば彼を見ている (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

気がつけば彼を見ている (中公文庫)はこんな本です

気がつけば彼を見ている (中公文庫)の単行本

ツイートする