クレィドゥ・ザ・スカイ―Cradle the Sky (中公文庫)

  • 2409人登録
  • 3.80評価
    • (194)
    • (257)
    • (316)
    • (12)
    • (4)
  • 146レビュー
著者 : 森博嗣
  • 中央公論新社 (2008年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (343ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122050150

クレィドゥ・ザ・スカイ―Cradle the Sky (中公文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 前作の流れから、主人公の「僕」はクリタだと思って読んだ。そして最後でカンナミが登場して意味が分からなくなった。実は主人公の「僕」はクサナギ(記憶が曖昧になって幻覚を見たり、精神障害が出ている)だと思って読み返すと全てがすっきりする。この本のエピローグから次のスカイクロラまでは病室にいるクサナギ(人格崩壊が起きて自分の事をカンナミだと思っている)の夢だと思う。スカイクロラの最初の方でカンナミがクサナギのミニスカート姿を見てなぜか懐かしく思う所や、クサナギの妹がカンナミと会う場面、スカイクロラのエピローグの最初の文章などスカイクロラと短編を再読してみて所どころにヒントがあり自分なりの解釈が出来た。

  • 「スカイ・クロラ」シリーズの一冊。物語内の時系列では、第4巻に当たります。過去と現在、夢と現実が交錯して、シリーズ全体が迷宮のような構成に仕立てられています。

    栗太仁朗の記憶の断片を持つと思しき元パイロットの少年は、病院から抜け出して、フーコや相良亜緒衣を頼って組織の追跡をかわそうとします。そんな彼を、なぜか草薙水素の影が追いかけてきます。

    亜緒衣は、過去を持たないキルドレの少年が、やがて記憶を取り戻すはずだという確信を抱いていました。なぜなら彼女は、ひそかに少年に対して、キルドレから普通の人間に戻るための薬の実験をおこなっていたからです。そんな彼女の思いをよそに、少年はただ飛びたいという願いだけを心に抱き続けます。

    そして、そんな彼の生き方は、キルドレを利用する社会を批判するYA新聞の杣中だけでなく、戦いに生きるほかないキルドレに同情的な亜緒衣にも、けっして理解できないものでした。ただ草薙だけが、かつての自分自身の心を受け継いだ少年を理解しており、理解しているがゆえに、もはや自分自身でなくなった彼に死を与えることと、かつての自分自身である彼によって現在の彼女に死を与えることの狭間で揺れ動いていました。

    やがて少年は、組織から逃げるために散華に乗り、パイロットとしての腕前が以前と変わらないことを証明して、ふたたびパイロットに戻ることになります。そんな彼の生き方は、すでに亜緒衣から遠く離れてしまっており、亜緒衣は彼の選択を見届けて、みずから死への道につきます。

    『スカイ・クロラ』を読んだときには、物語の静謐な雰囲気に惹かれましたが、この巻で物語の全体像が示されたことで、改めてこのシリーズが好きになりました。途中、成長することを拒否するキルドレの生き方と、地上に暮らす大人たちの生き方を対比させるピーター・パン賛美の物語になってしまうのではないかと懸念したこともありましたが、キルドレであることをやめた草薙の視点を組み込むことで、そうした安直な図式に回収されることなく、空に生きるキルドレの生き方のピンと張り詰めたような美しさを保つことに成功しているように思います。

  • スカイ・クロラシリーズ5作目.
    病院を抜けだした「僕」の逃亡劇.

    初めてこの作品読んだときは,全くわからなくなってしまって,シリーズ全体が「難しかった」というイメージで終わってしまった.当時は読解力が足りなく,また,頭の中で映像化する力の未熟だったのだろう.
    今回,再読してようやく謎が解決した.たぶん当たっているし,疑問はほとんどない.森博嗣らしいトリックだった.ちゃんと読めば辿り着けるのではないだろうか(←偉そうに).

    著者としては,あえて誤読させるつもりで書いたけれど「あぁ,多くの人には伝わらなかったか(一部の人は分かってくれたか)」と思っているのではないだろうか.試しにブクログの感想を見ていると,やはり答えが各々違ってしまっている.そして,多くの読者がこの作品で混乱してしまったがために,短篇集『スカイ・イクリプス』が書かれたのではないだろうか,と僕は想像している.「その答えは間違ってますよ」って.

    関係ないけれど,この世界でロケットってあるんだなぁ.それでも戦闘機はレシプロ.取り決めでそういう技術を「戦争」に使わないようにしているのでしょう.スポーツに近いもの,そして敵に勝つことが目的ではないこと考えると,こういうこともしっくりくる.

  • ナ・バ・テアに仕掛けられた作者の罠、語り手をミスリードさせる手法が、まさかここまでの伏線だったとは・・・・
    正直、混乱して、いまだに何が正解なのかはわからない。
    ただ1つ言えることは、私が漠然と感じていたとおり、これは草薙水素の物語だということ。
    地上での酩酊感と、空での爽快感、この2つが交互にやってくることにより、読者はますます話にのめり込んでいく。

    この作者は凄いな、とあらためて思った。

  • スカイ・クロラシリーズ、第五作。時系列も主人公が誰かかも、もう判らない…森さん自身、詩がお好きなようだから、わたしは「詩」として読もうと。内容云々より言葉のリズムとか空気感が独特で瑞々しくて好きだ(^^

  • 「スカイ・クロラ」シリーズ

    96ページからの会話が好き。最初に読んだ時は全く記憶になかったが、よく見ると、認知症について解説しているような場面がある。全体的な認識としては、子供は物事を感覚的に理解しているが、大人は言葉で説明し理解したがる?
    シリーズを読み進めて来ると勢いで読み切ってしまうところかも知れないが、じっくり読めば一番興味深く、感情的で核心を突いている巻の様に思う。

    *2008.6 *2016.10

  • 空を漂うような感覚になる文体。一通り読んだら、スカイクロラの映画も見てみたい。

  • この物語をからスカイクロラに繋がって行くわけですね。なるほど。
    結局の所全体像が分からないのが正直なところですが面白かった。でもこれ思ったより硬派なのでみんなついて行けたんですかね。飛行機の描写が多いし、感情的に乾いた表現が多くて(でもとても素敵な文章)感情移入をあえて拒否しているような印象を受けました。しかもスカイクロラだけ読んでも何が何やらさっぱりなので入口としては間口が結構狭い気がします。いや面白かったです。読んでよかった。

  • 大人と子供の違い。
    大人ってなんだろう。
    他人のために生きること?
    ではキルドレは?飛行機に乗ることに生きる価値を見出し、それが戦争という場であって、誰かのためになっているのであれば、体は子供でも、大人と呼べるのか。

    戦争って、第三者から見ると、悲しみを生むだけの行為でしかない。殺し合いは、殺されたもの、殺されたものの家族、その地域に多くの悲しみを残す。
    ただ、戦争は、生物学的にみても、種を守るための行為であり、生きるために食べ物や住むところを奪う行為とも言える。
    そして、戦争する者が、必要な行為と認識しているのであれば、それを止めることはできない。
    平和が全てというのは、押しつけなのだろうか。

    クサナギスイトと呼ばれる人物昔いて、カンナミと呼ばれるクサナギスイトに似た人物がいて。
    全ては輪廻。どこかで誰かに通じている。

  • 読み終わった直後の感想、
    え?なに?全然わからない!!でした。笑

    何回もシリーズ読み返して、スカイクロラに戻ってまた読み直して、自分なりに考えて、自分なりの答えを見つけた。つもり。
    いろんな解釈があっていいのかなあ。
    森博嗣の思惑通り。これもきっと。


    シリーズ最終話。「僕」は誰なんだろう、とずっと考えながら読んできて、最後、あーそうだったかと、もうゾクゾクした。
    わたしはこの話の「僕」はクサナギだったと思いますよ。

    もう一冊あるみたいだから、読むのたのしみ。でも、読んでも謎は、解けないんだろうなー。

全146件中 1 - 10件を表示

森博嗣の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

クレィドゥ・ザ・スカイ―Cradle the Sky (中公文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

クレィドゥ・ザ・スカイ―Cradle the Sky (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

クレィドゥ・ザ・スカイ―Cradle the Sky (中公文庫)の作品紹介

今だけがあって、それだけを考えていられたら良いのに。未来だって、せいぜい明日か明後日くらいしかなければ良いのに-「僕」は病院を抜け出し「彼女」の車で地上を逃げる。二度と空には、戦闘機には戻れないと予感しながら。永遠の時を生きる子供たちを描く、現代の寓話「スカイ・クロラ」シリーズ。

クレィドゥ・ザ・スカイ―Cradle the Sky (中公文庫)のKindle版

クレィドゥ・ザ・スカイ―Cradle the Sky (中公文庫)の単行本

クレィドゥ・ザ・スカイ―Cradle the Sky (中公文庫)の単行本

ツイートする