正倉院の闇―郷四郎無言殺剣 (中公文庫)

  • 19人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (3)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 鈴木英治
  • 中央公論新社 (2008年5月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (319ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122050211

正倉院の闇―郷四郎無言殺剣 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • 謎がとけました
    初美(現代風のお名前)が孤児になった理由も
    郷四朗が言葉をなくした事件も源は一つでした
    ついにラスボスが登場しそうですね

  • 無言殺剣シリーズ⑨
    無事初美に会えた伊之助たち。
    伊賀者を片付けた後は黙べえこと、菅郷四郎の父の汚名を晴らすため奈良へ行き、そして黒幕が御側御用取次の水野忠秋であることを知る。

    また京都から奈良に移動した、外記の手下の京太。
    乞食に誘われて正倉院の床下を探索し、これは怪しい、と思うも、奈良奉行に捕まってしまう。

    そろそろ終わりかなー。

全2件中 1 - 2件を表示

正倉院の闇―郷四郎無言殺剣 (中公文庫)はこんな本です

ツイートする