お腹召しませ (中公文庫)

  • 534人登録
  • 3.52評価
    • (23)
    • (64)
    • (86)
    • (11)
    • (1)
  • 42レビュー
著者 : 浅田次郎
  • 中央公論新社 (2008年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (298ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122050457

お腹召しませ (中公文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 江戸末期を時代背景とした短編6つの小説。お腹召しませは、お家を守る為に切腹を決意した高津又兵衛が家族や周りの態度からお家制度そなものに矛盾を感じていくとても楽しい物語。大手三之御門御与力様失踪事件之顚末や安藝守様御難事など形骸化した武家社会の仕組みや決め事の中で窮屈に生きる武士達がむちゃくちゃ面白く描かれている。その他、感動するものもあり繰り返し読みたくなるものばかり。

  • 現代の会話から過去の話へと導き出すところ、ほんとうに旨いと思います。「お腹召しませ」他数編の短編集。 「お腹召しませ」もいまどきの人間の感覚から、武士といいながらも数百年も平和だとこうなるねぇ・・・とうなずくような内容。 この他の短編集も現代への課題も織り交ぜて語りかけているようで面白いです。「現代の若者たちは煮え滾る欲望を、政治や思想に託けて発散しなければならないほど貧しくはなく、また愚かしくもないのである」@御鷹狩 などなるほどと思いますね。なかなか楽しめます。

  • 2017年8月 出口さんに貰う

  • やはり浅田次郎はすごい…
    物語も絶妙な機微で描かれていて面白いが、日本語を強く感じた作品。
    言い回しや漢字、非常に勉強になる。

  •  武士の本義が薄れた幕末維新、戸惑いながらもおのれを貫いた男たちの物語(背表紙解説より)この物語に似たようなことっていつの時代にも当てはまりそうだ。例えば、戦後70年を経て平和ボケした平成末期、資本主義経済に翻弄されながらサラリーマン生活を貫く男たちの物語ってどぉ(笑 価値観の変革期に人々は右往左往するわけ。

  • 五郎治殿御始末を読んでからしばらくして、本書を手に取った。
    武士の世の終わり頃を舞台とした短編集で、裏・五郎治殿御始末といった味わい。

    というのは、武士道とか言いながら、われわれの先祖がそんなもんじゃなかったはず・・・という思いが、この作品集を貫いているかのよう。そこに、おかしみやら、あたたかさやら、せつなさが漂うという浅田さんらしい歴史小説です。

    個人的には、最後の殿様と後に言われた、浅野家の殿様を描いた安藝守様御難事がお気に入り。

  • 歴史小説の短編集。

  • 前作の幕末もの読み切りのほうが味はあったかな。

  • いい話6編。
    よくこれだけお話を思いつくなあと、
    改めて浅田次郎に感服。
    表紙の絵がイメージ悪いのが残念。

  • 「こんな晩くらい、夜泣きのひとつもしとくれよ。薄情者か、おまえ」
    2015/09/10-09/18

全42件中 1 - 10件を表示

浅田次郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
浅田 次郎
有効な右矢印 無効な右矢印

お腹召しませ (中公文庫)に関連する談話室の質問

お腹召しませ (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

お腹召しませ (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

お腹召しませ (中公文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

お腹召しませ (中公文庫)のKindle版

お腹召しませ (中公文庫)の単行本

ツイートする