ジウ〈1〉―警視庁特殊犯捜査係 (中公文庫)

  • 4084人登録
  • 3.71評価
    • (286)
    • (646)
    • (571)
    • (66)
    • (14)
  • 395レビュー
著者 : 誉田哲也
  • 中央公論新社 (2008年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (391ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122050822

ジウ〈1〉―警視庁特殊犯捜査係 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • *都内の住宅地で人質篭城事件が発生した。所轄署や機動隊とともに警視庁捜査一課特殊犯捜査係が出動し、門倉美咲巡査は差し入れ役として犯人のもとへ向かうが―!?篭城事件と未解決の児童誘拐事件を結ぶ少年、その背後で蠢動する巨大な事件とは?ハイスピード、未會有のスケールで描く新・警察小説*

    面白過ぎて一気読みです!疾走感、Wヒロインの対比、清々しいまでの暴力・・・息つく暇もないくらいの怒涛の展開はまさにジェットコースター級。こんなにも早く続きが読みたい本は久しぶり。

  • 続きがあるのは知っていたけど、
    まさかの本気の続き物だった・・・。
    早く2を読まなくては。。。

  • 基子強すぎ

  • 3つで1つのお話と思って読まないといけない。最初の事件と登場人物の自己紹介

  • 姫川シリーズと同じ警察組織が舞台なのですね。こちらは女性巡査ふたりが主人公で、アクションシーン満載。気が抜けない。黒木メイサと多部未華子で映像化されてるとちらっと。そんな感じかなぁ。黒木メイサでは線が細すぎる気もするけど、気の強さはああいう感じなのかな。Ⅲで完結のこのシリーズ。最後まで読み切らないと落ち着かないです。

  • タイトルのジウとは?なんだろうと思っていたけど忘れたころに出てきた。あじとを見張ってるときのハラハラ感、下手なホラー小説より怖い。最後肩透かしの感はあるけど、Ⅱ、Ⅲへ布石と考えればそれもなっとく。

  • 警察の縄張り争いとか、縦割り感ってすごい。

    SIT、SATってこんなとこなんだと初めて知りました。
    次巻が楽しみ。

  • 誉田哲也さんの「ジウ」1巻、読了。優しさで犯人を説得する「門倉美咲」と冷静に犯人を拘束する「伊崎基子」。相反する性格の女性が活躍する警察小説。都内の人質籠城事件の差し入れ役として犯人のもとへ向かう美咲。次第に明らかになる籠城事件と未解決の誘拐事件を結ぶ少年が。。スリリングな展開の新警察小説。女性の心情を描くのが上手いです。女性にもオススメ♪

  • 読ませる作品だった。

  • とにかくおもしろい。絶対読むべし。

全395件中 1 - 10件を表示

誉田哲也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
誉田 哲也
伊坂 幸太郎
東野 圭吾
宮部 みゆき
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

ジウ〈1〉―警視庁特殊犯捜査係 (中公文庫)に関連するまとめ

ジウ〈1〉―警視庁特殊犯捜査係 (中公文庫)を本棚に登録しているひと

ジウ〈1〉―警視庁特殊犯捜査係 (中公文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ジウ〈1〉―警視庁特殊犯捜査係 (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ジウ〈1〉―警視庁特殊犯捜査係 (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ジウ〈1〉―警視庁特殊犯捜査係 (中公文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ジウ〈1〉―警視庁特殊犯捜査係 (中公文庫)の作品紹介

都内の住宅地で人質篭城事件が発生した。所轄署や機動隊とともに警視庁捜査一課特殊犯捜査係が出動し、門倉美咲巡査は差し入れ役として犯人のもとへ向かうが-!?篭城事件と未解決の児童誘拐事件を結ぶ少年、その背後で蠢動する巨大な事件とは?ハイスピード、未會有のスケールで描く新・警察小説。

ジウ〈1〉―警視庁特殊犯捜査係 (中公文庫)のKindle版

ジウ〈1〉―警視庁特殊犯捜査係 (中公文庫)の新書

ツイートする