蝕罪―警視庁失踪課・高城賢吾 (中公文庫)

  • 954人登録
  • 3.48評価
    • (24)
    • (121)
    • (137)
    • (22)
    • (0)
  • 102レビュー
著者 : 堂場瞬一
  • 中央公論新社 (2009年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (483ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122051164

蝕罪―警視庁失踪課・高城賢吾 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 著者のシリーズでは、初期の部類だが初読み。
    過去を抱えた酔いどれ主人公が、失踪者を探す話は、ハードボイルドの定番であり、たいがいは私立探偵が単独行動するパターン。
    しかし、この作品では主人公は警察官であり、主にチームで事件処理にあたる。
    主人公の属する失踪課の班員の個性も興味深く、今後それぞれが活躍しそうで、このシリーズ続けて読みたくなった。

  • 久し振りの刑事物。
    何年か前に鳴沢シリーズにハマっていて読み漁っていました。

    今回は失踪人捜査課という課にいる酒びたりの刑事を中心とした話。
    鳴沢シリーズの様に色恋沙汰がある訳ではなく、もっと無骨な感じの刑事物。

    突然行方不明となった一人の男性を捜査していると
    ある犯罪に関わっている事がわかってくるのですが、
    どんでん返しのようなものも特になく、流れ通りに話が進んでいきます。


    1巻目にして既に闇が深そうな主人公だなぁと。
    シリーズの持つ雰囲気は掴めたので
    次の巻もサクッと読んでいきます。

  • 父から借りたもの14

    娘が失踪してから酒浸りになっていた高城が、失踪人の捜査を通じて刑事としての一歩を踏み出す様子が描かれている。

    失踪人捜査課三方面分室に異動してきた高城と愛美。
    異動早々、一緒に捜査を担当することになったこのでこぼこコンビがいいね〜。
    刑事小説はやっぱり結末が気になるから、どんどん読めちゃう。
    結末も裏の裏をいく感じで、面白かった!
    それにしても、日本の年間失踪者が10万人もいるなんてびっくり。
    うちの近くの防災無線でも、お年寄りがいなくなったって、よく放送されてるもんな…

  • 志摩市立阿児図書館----県立図書館。

  • すげー地味だけど、話の店舗がよくて面白い。
    意外とあとを引いて、ズルズルと読み続けてしまう。
    そんでもって、続きが気になって止められない。
    話の運びがうまいなぁ。

    TV放映されたみたいだからTV版も見てみたいと思た。

  • 高城賢吾。鳴沢了とはまた違った刑事だ。鳴沢了には、読み始めて早い段階で惚れてしまいそうになったけど、果たして高城は??まぁ、まだシリーズ一作目ですから、今後に期待します。
    失踪課室長の阿比留真弓、この女性のイメージは 天海祐希さんっぽくて好きです。

  • また新たなシリーズに手を出してしまったが面白かったね。設定も人物造形もいい。

  • 4.0 初めての堂場瞬一。期待通りの面白さ。新たな読みたいシリーズが見つかりました。

  • 失踪者を探すだけの花の無い部署に配属された、アル中刑事。失踪者を探すはずが、物語は想定外の流れになり、事件を追う事に。

  • 面白かった。主人公の引きずる影がだんだん明らかになるのも良かったし、ツンデレかなと思えばいつまで経ってもデレない相棒女性刑事も良かった。それと対比すると失踪課の同僚がその他大勢すぎるほどに。失踪から始まって事件に繋がるのはなかなかおもしろかったけど、ちょっと都合いいなって思った。特にお金落としたお婆さん。でも全体的には満足で、続編読みます。

全102件中 1 - 10件を表示

堂場瞬一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
堂場 瞬一
堂場 瞬一
有効な右矢印 無効な右矢印

蝕罪―警視庁失踪課・高城賢吾 (中公文庫)を本棚に登録しているひと

蝕罪―警視庁失踪課・高城賢吾 (中公文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

蝕罪―警視庁失踪課・高城賢吾 (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

蝕罪―警視庁失踪課・高城賢吾 (中公文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

蝕罪―警視庁失踪課・高城賢吾 (中公文庫)のKindle版

ツイートする