ゆりかごで眠れ〈下〉 (中公文庫)

  • 459人登録
  • 3.61評価
    • (24)
    • (72)
    • (79)
    • (7)
    • (1)
  • 35レビュー
著者 : 垣根涼介
  • 中央公論新社 (2009年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (291ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122051317

ゆりかごで眠れ〈下〉 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:



  • 無関心。
    ある意味、酷く孤独で強い。

    作者、作品によって、自分の感覚と合う合わないというものがあるが、本作に込められた価値観や人の在り方、ものの見方が、合致し過ぎて怖い。

  • 心に闇を抱えた生き方

  • 話の流れは想像通りだった。楽しめたけど最後は少し物足りなさが残った。

  • 垣根さんのゆりかごで眠れの下巻。
    あまりにも続きが読みたくて、ついついネットで購入してしまった。

    下巻もスリリングな展開。
    でも、リキがとにかく魅力的。
    上巻ではさらっとしかふれていなかった、武田や若月妙子も登場し、いっきにクライマックスへ。

    あっという間によみました。

  • 抽象度を上げれば硬貨も、下げれば表面と裏面が見える。
    物語りを読むのに必要なことは、つぶさに見ることだと覚えたり。

  • この人の小説は読むと心か熱くなる。切なさを乗り越えてたくましく明るく生きていく過程は読んでいて元気が出る。ギャングものだけどね。暴力の世界で生きてきた登場人物達が、刹那的に終わる死に方もカッコ良かった。

  • 垣根涼介は2作目。
    最初に読んだ、ワイルド・ソウルが面白くて、同じ中南米が関連した本書を読んでみた。

    コロンビア出身の日系人が主人公。
    なかなか、面白いが最後がちょっと残念。
    ハッピーエンドを期待していた。

    コロンビアの描写はなかなかリアルでした。

  • これも面白かったなあ。それにしてもこの作者はなぜ南米事情に詳しいのかがいつも不思議だ。

  • この結末は避けて欲しかったというのは読者のエゴだが、憎しみは憎しみの連鎖を生むというのがルールであるなら、その時期が早くなったということだけなのだろう。最後の言葉が彼女に向けられていたことから、どうしようもなく生きている世界の中でもそのゆりかごを忘れることはなかったんだろうなと思う。

  • さすが!垣根涼介!!
    彼の南米作品は裏切らない!
    「ワイルドソウル」なみに感動した!

全35件中 1 - 10件を表示

垣根涼介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
東野 圭吾
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

ゆりかごで眠れ〈下〉 (中公文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ゆりかごで眠れ〈下〉 (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ゆりかごで眠れ〈下〉 (中公文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ゆりかごで眠れ〈下〉 (中公文庫)のKindle版

ツイートする