世界の歴史〈1〉人類の起原と古代オリエント (中公文庫)

  • 79人登録
  • 3.56評価
    • (2)
    • (1)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
  • 中央公論新社 (2009年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (673ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122051454

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リチャード・ドー...
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印

世界の歴史〈1〉人類の起原と古代オリエント (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • 人類という生物の起源はどこにあるのか。文明はいかに生まれ発展したのか。最古のヒトの発見や世界中に移動した古代人の痕跡、メソポタミアやエジプトで発展した大文明の遺跡や発掘資料をもとに人類史の謎に迫る。

  • 第1部人類文明の誕生、第2部都市と帝国、第3部ナイルが育んだ文明、の3部構成。個人的には、特に3部の古代エジプトについて書かれた部分が分かりやすかった。エジプト古王国から新王国の通史というのは意外に読んだことがない気がする。ピラミッドの本なら読んだことがありましたが。断片的だった古代エジプトの歴史が一本につながった気がした。

  • 「世界の歴史」シリーズの1巻なので、人類史的な導入から、メソポタミア、エジプトと、紀元前500年前後までの流れが語られています。
    個人的にこの時代の話は全くの無知だったので、全編大変楽しく読み進める事が出来ました。
    メソポタミアもエジプトも、普通に持たれてるイメージよりはずっと文明的な社会だったんですねえ。
    もっとこの時代の勉強をしたいと思える、良い入門書だと思います。

  • どれほどの隆盛をみても、最後は他国に併合され、文化と歴史もろとも消え失せていく、なんとも不憫な話である。エジプトは、先史文明を築いた場所ではあったけれど、ペルシアに征服されて以降約2500年もの間、他国の支配を受けねばならなかった。古い記憶のまま留め置くのではなく、それらを現代に蘇生させ、われわれの生きる知恵にしていけたらばどれだけ有効だろうか。

  • この手の本の文庫版が出てくれるのはうれしい限り。
    説明も親切で分かりやすく、写真も多い。

    が、如何せん高いので★1個減らしました。
    せめてち○ま文庫程度にしてくれ…。
    なので好きな分野限定の購入になりそう。

全5件中 1 - 5件を表示

世界の歴史〈1〉人類の起原と古代オリエント (中公文庫)に関連するまとめ

世界の歴史〈1〉人類の起原と古代オリエント (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

世界の歴史〈1〉人類の起原と古代オリエント (中公文庫)はこんな本です

ツイートする