ミーナの行進 (中公文庫)

  • 1571人登録
  • 3.96評価
    • (166)
    • (211)
    • (128)
    • (24)
    • (4)
  • 179レビュー
著者 : 小川洋子
  • 中央公論新社 (2009年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (348ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122051584

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ミーナの行進 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • 子どもから見た大人の世界の描き方がなんとも良かった。子どもって言っても、中1で、何も分かってないわけでもなく、でも、全てを分かることができるわけでもなく、主人公の朋子の目線で、伯父さんや伯母さんなどの大人たちを見て、朋子と同じように、不可解さや侘しさを感じたりした。
    なかでもやっぱり、ミーナの家では完璧にステキな伯父さんが、定期的に家をあけることについて伯母さんや他の大人たちも、怒るでもなくただ悲しんで過ごすだけ、という状況はもどかしく、私だったら我慢できないだろうな、と思いつつ、そうするしかできないのもなんか分かって、伯父さんが悪人でないことも分かるから、だからこそ哀しいなと思った。

  • ミーナの凜としたところがすごく素敵。マッチ箱の彼がなんかもう…幻想的で美しいところと、現実の切なさとか厳しさが合わさってて胸がぐーっとしました。

  • マッチ箱のお話が、ぞわっとしました。
    人の中にあって、でも気づいていないような
    気づいているような「闇」を描いているような気がします。

  • 人生には忘れられない年、特別な思い出がひとつはあるものだ。
    朋子にとってそれは、芦屋で過ごした一年間だった。
    とても不思議でとても濃厚なその年の記録の物語。

    コビトカバ、検索したらとてもかわいかった。

  • ノスタルジー感溢れる優しい小説。登場人物みな暗い面を抱えているので、起承転結のいつ「転」が来るのだろうかと構えながら読んでいましたが、最後まで穏やかな内容で心地良い余韻を残したまま読了しました。

    「写真を見るたび私はつぶやく。全員揃ってる。大丈夫。誰も欠けてない。」

    非常に心に残った素敵な一文。
    自分の思い出の写真に当てはめて、心の中で呟くとぐっと来るものがあります…。

  • 舞台が芦屋で朋子とミーナは僕とほぼ同年代.打出の図書館やら阪急芦屋川が出てきて当時が眼に浮かぶ.お菓子に火をつけたりする喫茶店はアンリシャルパンティか?もう少し関西弁が多く出てきても良かったと思う.上品な関西弁で.コビトカバが出てきたりちょっと不思議で全体的には長いスパンで人生を感じさせる小川洋子らしいお話でした.

  • さわやかな絵画をみているようだった。

  • 中学一年生の時の1年間の叔母の家での生活の,かけがえの無い思い出.私より1才下の,体の弱いミーナと共有した珠玉の時間,マッチ箱やコビトカバのポチ子など魅力あふれる物や者に囲まれた世界.繰り広げられた世界にため息が出た.

  • 子供の頃の純粋な心に戻れた気がしました。何もかもが新鮮で、意味深く見えて。幸せが続いていくようで、どこかもの悲しくて、最後にはちょっと涙が出ました。伯父さんは不倫してたのかな。。

  • 朋子の目を通して、自分も芦屋の豪邸に厄介になった気分になりました。ちょっと浮世離れした家族とのやわらかく、切ない1年が素敵でした。

  • 淡々とした日常の物語なんだけど その中にもいろいろなちっちゃな出来事があって それは自分にも起こるであろう出来事で すごく身近で何だか暖かいお話でした

  • 読み始め...09.12.22
    読み終わり...10.1.6

  • 自分のよく知った街が描かれていて、風景が目に浮かぶ。まるで本当にいた人のことが描かれている錯覚すら覚える。
    言葉の選び方も、文章のながれも自然で心地いい。挿絵も素敵。

  • 主人公が少女時代に一年を過ごした芦屋の屋敷で、病弱な美少女ミーナとの想い出を綴った小説。
     最近、小川洋子から離れていたせいか、細かい描写への思い入れと情感に溢れた地の文に難儀していたが、最後の結びがとても鮮やかだった。
     火事、失恋、おじさんの別邸への一人の大冒険、コビトカバの死、と子供が大人になるためのステップの積み重ねと一年だけのお屋敷の記憶、そのものが子供時代を象徴する宝物だと思わせてくれた。ラストも、主人公とミーナが大人になって外国で会うことが眩しくて仕方が無かった。
     子供から大人へと順調に成長して、違う道を歩んでいるのに確かに二人が繋がっていることが羨ましい。あの病弱な少女がきちんと大人になれたことにも安堵した。マッチ箱に書いた物語など、小川洋子は細部に宿る物語がとても精緻で、何時でもオルゴールやモザイクタイルを想像する。

  • 1972年、ミュンヘンオリンピックの年に親戚の芦屋に住むことになった朋子。一歳年下のミーナとその家族の一年間を描く物語。
    大きな事件が起こるわけではないが、出会いから別れまでの場面の一つ一つが実に印象深い。コビトカバのポチ子の存在も見事で、この家族を物言わぬ一頭が象徴している。家族の個々に問題や悩みはあっても、底知れぬ包み込むような大きな何か(私は『信頼』を読み取った)があるから、この一家に温もりを感じる。

  • 愛おしいものたちと、その喪失、喪われてなお残るそのものたちの形ない痕跡が、しずかな筆致で描かれた作品。本作のミーナは『博士~』の博士や『猫を~』のリトル・アリョーヒンのような物語の軸となる人物だが、喪失対象ではない。本作で喪われるのはミーナを中心とした芦屋の日々であり、その喪失がもたらすのは、悲しみではなく愛くしみ。「時間が流れ、距離が遠ざかるほどに、芦屋でミーナと共に過ごした日々の思い出は色濃くなり、密度を増し、胸の奥に深く根ざしていった」(p.342)。再会に対する消極性は思い出の尊重と軌を一にする。

  • 古き良き時代。1年間従姉妹の家で過ごした朋子の記憶の物語。芦屋の飲料水工場社長宅。今はカバしかいないが、以前はミニ動物園を持つほどのゴージャスな家。おばあさんはドイツ人で皆、美しい。小学6年のミーナは喘息持ちで体は弱いけど、恐ろしく文才がある。彼女が紡ぐ、小さな物語は、儚くて、切なくて、愛しいものばかり。

  • 家の事情で従姉妹の家で一人居候することになった女の子の話。
    従姉妹家族は裕福でちょっと変わった、個性的な家族だった。

    穏やかに話は進んでいって、多少事件もあるけどイマイチ入り込めない文章でした。
    あまり好みではなかったようです…

  • 主人公が、家庭の事情で神戸の伯父の元で過ごすことになった一年間とミーナとの絆を描いた物語。

    体の弱い妹のようなミーナとペットであり兼乗り物であるコビトカバのポチ子を交えた一年間の日々の出来事の話なのだが、不思議とおとぎ話の世界に迷い込んだような感覚になる。

    悲しい別れもあるが、ただ悲しいことで終わらせることなく、この別れを新しい一歩に繋がるように締める。

    ミーナとの絆を軸にした出会いと別れの描かれ方があまりにも素晴らしい。

    子供が読んでも大人が読んでもジンワリとくる名作。

  • 朋子の職業が図書館職員ということが印象的だった。とっくりさんのような職員になっているのだろうと想像した。
    ミーナの病弱さから、途中で死んでしまうのではないかと思っていたが、ポチ子の死後にミーナの体力がついていったところが興味深い。頼るものがなくなったからだろうか。
    朋子がミーナの家族に暖かく迎え入れられて良かった。ミーナと親友になれて良かった。
    大人になりかけている朋子は、叔父の不倫行動を解き明かそうとはしない。解き明かしたところで誰のメリットにもならないからだ。
    ここから読み取れる朋子の行動は、妙に現実的で絶妙である。小説を読んでいるという気にさせないところがすごい。

全179件中 1 - 25件を表示

ミーナの行進 (中公文庫)に関連する談話室の質問

ミーナの行進 (中公文庫)に関連するまとめ

ミーナの行進 (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ミーナの行進 (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ミーナの行進 (中公文庫)の作品紹介

美しくて、かよわくて、本を愛したミーナ。あなたとの思い出は、損なわれることがない-ミュンヘンオリンピックの年に芦屋の洋館で育まれた、ふたりの少女と、家族の物語。あたたかなイラストとともに小川洋子が贈る、新たなる傑作長編小説。第四二回谷崎潤一郎賞受賞作。

ミーナの行進 (中公文庫)の単行本

ツイートする