ブルー・ローズ〈下〉 (中公文庫)

  • 218人登録
  • 3.03評価
    • (2)
    • (22)
    • (26)
    • (18)
    • (3)
  • 18レビュー
著者 : 馳星周
  • 中央公論新社 (2009年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (338ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122052079

ブルー・ローズ〈下〉 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • こんなにハードな内容にもかかわらず、エロスもバイオレンスも感じられなかった。
    話の展開について行けず、入り込めなかったことが原因かと。登場人物の誰にも共感できなかったし、魅力も感じなかった。終わりまで読むのが辛かったわ…。

  • 探偵業のミッションをこなそうとがんばる主人公。
    だがそう一筋縄にはいかず、復讐の鬼となる。
    最後に生き残るのは・・・?

    面白かった。
    そしてグロかった。
    主人公の怒りや心情をもうちょっとこちらに伝えてくれるともっとよかったかなぁ。

  • 長かった、けれども一気に読みきりました。
    上巻は元刑事の探偵が少しずつ事件の核心に迫っていくハードボイルド小説。
    下巻はハードボイルドからノワールへと、主人公が徐々に追い詰められそして堕落していきます。
    単純なハードボイルドで終わらない所が憎いです。

    また、終わり方が良い。
    思いを遂げてカタストロフを迎えるのでなく、
    ズブズブと闇に堕ち続け終わる。

    誰も幸せにならない所が逆に真実味があって怖いです。

  • かなり行くところまで行きました。

  • ひとりの男が狂っていく過程の話。あいかわらずの馳星周です。
    徹底的に俗なるからこそ浮かび上がる聖なるもの。男も女もロマンティストすぎて馬鹿です。そこが切ない。舞がもっと説得力のあるファムファタルだったらよかったです。

  • 上巻に続き、一気に読み終えました。

    う~~~~~~ん…という感じです。
    緊迫した内容はとても好きなのですが、やはり気になっていた下の話がメインとなってしまいました…

    最後は「もう死ぬしかないじゃん!」と思ってましたが
    まさかそういう終わり方になるとは…残念です。

  • 途中からエグくなって、何処までいくね~ん^^;って感じで

    展開と残りのページ数からどんな終わりかたかな?

    なんて想像しながら読んでましたが…それでしたかー♪

  • もはや官能小説。。。SMの描写がリアルそうでいて、漫画っぽくてはっきり言って理解の範疇を超えてます。馳ワールドの暴走です。

  • 下巻でどう話を纏めたかったのかがわたしには解りません。バイオレンス炸裂です。
    この作家の作品はどうしてこうも退廃的な中に性的欲望を露わにする感じで終わるのでしょう。。。まあ、それがイヤなら読むなと言うはなしですね。読んでしまったけれど。。。

  • 暴れまくり。

全18件中 1 - 10件を表示

馳星周の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
宮部 みゆき
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

ブルー・ローズ〈下〉 (中公文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ブルー・ローズ〈下〉 (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ブルー・ローズ〈下〉 (中公文庫)の単行本

ツイートする