白骨の語り部 - 作家六波羅一輝の推理 (中公文庫)

  • 93人登録
  • 3.11評価
    • (4)
    • (7)
    • (16)
    • (11)
    • (0)
  • 19レビュー
著者 : 鯨統一郎
  • 中央公論新社 (2009年10月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (377ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122052147

白骨の語り部 - 作家六波羅一輝の推理 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • トリックや民俗学的なアプローチに新しいところはなく、若い二人のキャッキャウフフなミステリが、遠野に展開されるというだけ。が、量産されているこの手の物にしては、まあ、上出来の部類には入るだろうか。甘すぎるか。

  • 4 

    六波羅シリーズ1作目。著者の作品にしては、意外なほどオーソドックスな謎解き探偵小説。ぐるぐると場面が変わるプロローグ・第一章から技巧を凝らした描写で、これが後々効いてくる上手いミスディレクションとなっている。因習の残る山村を舞台にしたシリアスな物語で、著者の他作に見られるようなユーモアは控えめだが、情景描写をできるだけ削ぎ落とし、軽妙なテンポを紡ぎだす筆致はここでも健在で、幸か不幸かあまり陰鬱な印象は残らない。会話文には著者お得意の“お約束”的なやりとりなどもありニヤリ。終盤には『邪馬台国〜』や『〜メルヘン』のような“〜説”も飛び出してきて鯨要素てんこ盛り。
    作中ではフーダニットよりハウダニットに重きを置いていたが、後者は読み手には割と想像がつきやすいものだったせいか、犯人が指摘される解決部分では少し焦点がぼやけてしまった感も。

  • 片平なぎさが解決するぐらいの謎と、ほんのすこしの民俗学エッセンスを添えて

  • 失礼なこと言いますが、設定にはものすごい魅力があるのに登場人物がイマイチなのが残念でした。

  • ミステリー作家・六波羅一輝シリーズ1作目。

    推理モノとしてはサラッと読めた。しかしながら、もう少し民俗学的に言及してくれるものと期待していただけにちょっと残念。遠野物語の伝承に多少絡んでいるとは言え、普通の旅情ミステリモノと大差ない。主人公の六波羅はイイとしても、相棒役の女性編集者のキャラがウザ過ぎるのもちょっと、、、て感じ。

    自動筆記と言い、反則技も多々アリ。トリックのネタもそれなりであるとは思うのだが、何せこういうオチは結構あるし。安直だわ、って思うのは私自身が〇〇子だからか、、、orz まぁ、最後に更にもう一捻り、展開がなされているので、それなりに楽しめたのだけれど。

    2作目も同時に図書館から借りたので読もうと思うが、それ以上続けられるか、、、な?

  • 民話の郷・遠野の山奥で死後1年が経過した白骨死体が発見された。DNA鑑定の結果、遺体は旧家に暮らす美しき4姉妹の次女のものと判明するが、遺体発見の前日まで彼女は生きていた!ミステリ作家・六波羅一輝が遠野の伝承を繙き、呪われた旧家をめぐる惨劇の真相に迫る。作家・六波羅一輝シリーズ第1弾。

  • 遠野などを舞台とした作品です。

  • とても読みやすく、鯨ワールドも感じられる展開だが、邪馬台国に遠く及ばない感じがする。

  • 久しぶりのミステリー。遠野物語に沿うような事件。
    山奥の旧家が舞台。
    設定は揃っているんだけど、どうも盛り上がりに欠けた。
    途中で話が読めて来てしまったのも残念!

    嫌がる娘にモト彼が迫ったのは、いつだったのかな、とか。
    婚約したのはいつだったのかな、とか。漠然とした疑問が残る。

    シリーズ化しているらしいので、とりあえず、次を読むことにする。

  • 鯨さんが真剣に本格ミステリーを書いた!。面白いの一言、オススメの1冊

  • あの「邪馬台国はどこですか?」の鯨統一郎の小説か? これが…、と哀しくなってしまうほどに粗が目立つミステリーだ。
    登場人物の絡みはしょうもない、文章構成もぎこちない、伏線の積み方や会話のシーン等が整合性を欠いている、何より骨子となるトリックおよび推理が拙い…。
    唯一の見せ場は物語結末の締め括りぐらいか。
    なぜ…。

  • この作品は、遠野物語をモチーフに、
    昨日まで普通に暮らしていた女性の
    「白骨化した死体」が発見される、
    という謎をメインテーマに展開する。

    探偵役は「万年スランプ」状態の
    ミステリ作家六波羅 一輝。
    そこに、六波羅ファンの新人編集者で、
    やたらと明るく元気な女の子が絡む。

    鯨作品らしい軽快な語り口は良いが、
    ちょっと登場人物のキャラクタ設定が
    ステレオタイプすぎるきらいがある。

    ストーリー展開もひねりがなくて、
    ややご都合主義的に流れて行く感じ。
    いわゆるライトノベル的と言うか、
    文章に重みや深みがない。

    台詞回しも「水増し」的なものが。
    真相は分かりませんが、印象として
    「時間のない時に書いた連載もので、
     最後に強引に辻褄を合わせた」
    みたいな感じがしなくもない(^ ^;

    ただ、まぁわりと面白く読めました。
    「予想してた通りの展開」にはなるが、
    最後の最後は鯨氏らしい「屁理屈」で、
    こちらの予想を端から否定して行く(^ ^;

    途中の「中だるみ感」はいただけないが、
    最後まで読むと、読後感はまぁまぁ(^ ^
    「六波羅一輝シリーズ第一弾」らしいので、
    今後のキャラの成長に期待、かな(^ ^;

  • 売れない作家が編集者とともに、取材先で巻き込まれた事件を解決する。
    山奥の村が舞台と言うのがいい。

  • 昨日生きていた女が、白骨死体で発見される。
    六波羅一輝シリーズ第一弾、遠野の旧家をめぐる惨劇のミステリー
    一読の価値あり。

  • 2009/10/24 メトロ書店御影クラッセ店にて購入。
    2013/2/5〜2/6

    作家、六波羅一輝シリーズの一作目。遠野の大地主の次女、有希子が白骨遺体として発見される。しかし、有希子は前日まで家族とともに過ごしていた。取材旅行に来ていた一輝と担当編集者のみなみであったが、次なる犠牲者が。
    鯨氏にしては、おちゃらけ度の少ない正統派謎解き。土曜ワイド劇場でドラマ化されているのは知っていたが、こんな正統派だったとは。シリーズ続編が楽しみである。

全19件中 1 - 19件を表示

白骨の語り部 - 作家六波羅一輝の推理 (中公文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

白骨の語り部 - 作家六波羅一輝の推理 (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

白骨の語り部 - 作家六波羅一輝の推理 (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

白骨の語り部 - 作家六波羅一輝の推理 (中公文庫)はこんな本です

白骨の語り部 - 作家六波羅一輝の推理 (中公文庫)のKindle版

白骨の語り部 - 作家六波羅一輝の推理 (中公文庫)の新書

ツイートする