手習重兵衛 夕映え橋 (中公文庫)

  • 35人登録
  • 3.73評価
    • (2)
    • (5)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 鈴木英治
  • 中央公論新社 (2009年12月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (311ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122052390

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

手習重兵衛 夕映え橋 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • 穏やかな日々が続いていますね。

  • おそのに求婚!
    この作品の事件はホンワカしている気がする
    妙な親友が登場・・・奇抜な登場人物がいる
    手習重兵衛シリーズです

  • 重兵衛シリーズ⑧
    今回も緊迫感のない話だったなぁ。。
    河上さん、大事な十手をなくすとか…。
    しかもそれのオチもすぐ分かっちゃうし、なのにそれを最後の最後まで話引っ張るとか。
    江戸は平和ですねー…。

    新しい登場人物が出てきたけど、これも微妙。
    日本酒好きの渋いおじさんを期待していた私としては非常にガッカリ。
    空気読めない、頼りない、思い込み激しい、なんか不潔、っておいおいおい;;
    まぁ、そんな新キャラ作之助もいいとこはあるんですけどね。

    でも今までそんな重要人物殺すか?!ってとこがあったのに、んー、やはり、なんか間延びしている。。。

  • 河上さん、けっこういいキャラだと思うんですが。

  • 重兵衛、素敵な刀と出会うの巻。

  • 1月3日~11日



    ついに重兵衛がおそのに求婚。その余韻も冷めぬまま、二人は重兵衛の朋輩だった柿ヶ崎作之助に出くわす。作之助は主君のために刀を見立てるよう命じられたのだった。その足で堀井道場の左馬助を訪ねた重兵衛とおそのは、そこで目にした一振りの刀に魅了される。

全7件中 1 - 7件を表示

手習重兵衛 夕映え橋 (中公文庫)はこんな本です

ツイートする