大鷲の誓い―デルフィニア戦記外伝 (中公文庫)

  • 205人登録
  • 4.22評価
    • (29)
    • (33)
    • (11)
    • (1)
    • (0)
  • 22レビュー
著者 : 茅田砂胡
  • 中央公論新社 (2010年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (338ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122052918

大鷲の誓い―デルフィニア戦記外伝 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ナシアスとバルロの出会いから現在までのお話。ナシアスの芯の通ったところが好きです。バルロもそんなナシアスだからこそ、一生の誓いをする事が出来たと言えます。いいなぁ、こういう関係。友達でもそうそうこういう人なんて出来ないです。

  • 「大鷲の誓い デルフィニア外伝」かの有名なデルフィニア戦記の外伝一発目
    http://youyou-bookmovie.blog.so-net.ne.jp/2014-12-25

  • 2015/03/25

  • 久しぶりのデルフィニアの世界に、とっぷり浸ることができました!本編では唯一無二の親友であるバルロとナシアス。二人にも幼き日があり、またそれぞれに師と仰ぐひとがいたんだなあと思うと、とても愛しくなりました。悩み、傷つきながらも、ピンチの時はお互い全力で支え合う二人が大好きです!!
    ただ、国王との初めての出会いが結構あっさり描かれてしまっていたのが残念。
    もう一度国王とそれからリィも交えて、またみんなで騒ぐ愉快な話があるといいなー

  • 図書館で。もう一個の外伝。
    結構バルロ様がやんちゃで考えなしでガキっぽくてかわいい。そして14歳になるまで言わない男爵夫人がカッコイイ。ちょこちょことその後の彼らが見られるのが嬉しいところです。そのうち全仕事も借りてきて読みたいが…他のシリーズのネタバレはよみたくないし。考え物だなあ。

  • クラッシックなバターや生クリームいっぱいなフレンチではなく、
    新しい軽いフレンチのフルコースを食べた後の
    デザートのような。

    それも甘酸っぱいフランボワーズのムースかな。

  •  「デルフィニア戦記」本編が始まる前の、バルロとナシアスの出会いから本編開始直前辺りまでの話です。最後に本編の後日談も少し入っていました。
     「大鷲の誓い」という、バルロを連想させるタイトルになっていますが、ほとんどはナシアスの視点で物語が進みます。
     未熟だった二人が成長していく様子が面白かったです。
     また、本編の後のことは気になっていたので、そこが書かれていたのもの良かったです。

  • 大好きな「デルフィにア戦記」の外伝。ノベルズ版ででたときに借りて読んだのですが、文庫版になったので改めて入手して再読しました。
    ナシアスとバルロの若い頃がメインですが、あの「食えない」二人もこんな初々しい頃があったんだな〜としみじみしました。とくにバルロの性格は、いかにも若君って部分と大人のバルロに通じる部分もあって面白かったです。

    終盤に、「デルフィにア戦記」その後、が載っています。リィが帰ってしまったあとの人々の様子が少しだけ垣間見えます。
    ブライス君に関しては、別に短編が書かれているので、そのあたりを核にして、「外伝」がもう1冊でないかな〜と期待しています。

  • とても面白かった!!!
    でも、少し物足りないな~

  • 長期間王不在の暗雲のタイミングでのナシアスとバルロの出会いと剣術の修行の日々。

全22件中 1 - 10件を表示

茅田砂胡の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

大鷲の誓い―デルフィニア戦記外伝 (中公文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

大鷲の誓い―デルフィニア戦記外伝 (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

大鷲の誓い―デルフィニア戦記外伝 (中公文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

大鷲の誓い―デルフィニア戦記外伝 (中公文庫)のKindle版

ツイートする