プロポーズはいらない (中公文庫)

  • 40人登録
  • 3.77評価
    • (3)
    • (6)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 中村うさぎ
  • 中央公論新社 (2010年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122053151

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
よしもと ばなな
湊 かなえ
IN
桐野 夏生
湊 かなえ
中村うさぎ
有効な右矢印 無効な右矢印

プロポーズはいらない (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • 女の幸せとは?を考えさせられる。

    仕事も家庭に入るもシングルマザーもいろんな価値観を否定しない内容だった。

    ただ少し会話文も多く軽い感じ。

    最終的にシングルマザーを決意した友達の子供を一緒に育てるって……そんな簡単にいくかなあ?

  • エッセイのイメージが強かったので
    小説家だった…と思い出させられました

    女性の人生選択の違いと
    選ばなかった方の生き方に対する後悔

    ラブストーリー風に入りますが、
    着地点としては親子(母娘)間のお話

    母親が父親の浮気に見て見ぬふりをすることで
    人生を取り繕って生きてきたことに対する嫌悪感と
    幸せなふりをしてでも家庭を守るという
    腹の括り方をした母親の勇敢さを讃える気持ちが
    一人の娘に同居していることは悪くないと思う

    自分の現在の価値観だけで相手を切ることは
    価値観がその範囲におさまってしまうことかもしれない
    相手の価値観に乗っかって生きていくだけでは味気ない
    矛盾するようだが軽んじながら尊敬する
    憎しみながら愛するみたいな感情があって然りと感じた
    手放しの賞賛とか尊敬とか讃えあいって
    賞賛とかをする側の人間だけのためのもののような
    気持ち悪さがある気がするので…

    角田光代さんの“マザコン”にもあったが、
    姉妹の片方が母親と同じような生き方を選び、
    もう片方が真逆の生き方をえ選ぶという描写があり、
    それは通説なのかもしれないと思いつつも
    もっと曖昧な価値観で生きていくことも悪くないと思った

  • 「仕事を選んだ女」と「結婚を選んだ女」同じ男に惚れた二人の女の生き方を柱として“女にとっての幸せってなんだろう”を探していく。
    どの女にも共感できるし共感できない。
    最初から最後まで一人称の文章が少しくどく感じた。

  • 自分の幸せにする人生の責任をとりたくなるはなし

全5件中 1 - 5件を表示

プロポーズはいらない (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

プロポーズはいらない (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

プロポーズはいらない (中公文庫)はこんな本です

プロポーズはいらない (中公文庫)の単行本

プロポーズはいらない (中公文庫)のKindle版

ツイートする