昭和16年夏の敗戦 (中公文庫)

  • 1608人登録
  • 3.97評価
    • (144)
    • (229)
    • (113)
    • (17)
    • (4)
  • 198レビュー
著者 : 猪瀬直樹
  • 中央公論新社 (2010年6月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (283ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122053304

昭和16年夏の敗戦 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 企業において何か新しいことを始めるには必ず「リサーチ」が行われる。敗戦に終わった大東亜戦争においても総力戦研究所という機関が設立され、官民とわず各分野のエリートが集められ対米英戦争の事前シミュレーションが行われ、敗戦という結果が弾きだされた。そもそもそういう機関があったことも知らずに読み始めてしまい、途中までフィクションだと思っていた。

    上記のような事前リサーチが行われ結果が出ていたにも関わらず、それを上層部が直視せず、ある意味決定事項として開戦に至ってしまった・・という流れは大企業に働いている当方にはとても耳が痛い話。日本人の意思決定の根底には1.過去の成功体験に身を任せすぎる 2.合理性ではなく「全員一致」という事実を重要視する 3. 責任者が責任を逃げて会議で行う、という傾向が昔からあるものだなぁ、と感じた。

  • ん~まぁ、言いたいことはわかるが、だからってどうしようもあるまい。

  • 太平洋戦争の話。
    レポート調で、細やかな取材に基づいているので、もしかしたら真実に迫っているのかもしれない。
    そういう期待も込めて(判断するのは読者である私たちですが)

  • 東京都副知事の猪瀬さんの著書。
    ツイッターをフォローしてたり、他の著書を読んだりしてたのと
    去年、自民党の石破政調会長が国会で管首相にこの本を読むことを薦めていたのをしって興味を持った。
    また、日米開戦前に総力戦研究所なるところが日米戦日本必敗をシミュレーションで出し、内閣に伝えていた事実。
    それでも戦争に向かってしまった経緯など、当時の意思決定のプロセスを知ることが出来た。また知ることで、これは今にも通じるものがあると感じた。

    また、こういう教科書とかに載らない真実を知ってびっくりした。
    歴史の知識がなく、読み進めるが大変だったけど読んで良かったと思う。

  • 知られざる史実を発掘したという点で貴重な作品。

  • (01)
    戦争を回避する選択はあったのか。
    机上や図上ではない判断(*02)が働くのが地上であるにしても、本書で描かれた演習は、その地上の開戦にメタな視点(*03)をあたえてくれる。昭和天皇や東條の性質にも迫ろうという意図も感じられる。

    (02)
    1946年の日米開戦直前の産業段階、技術段階の単簡なレビューとしても読める。そしてそれらが余力をあまさずに全て戦争に注ぎ込むという机上演習には、国際的に選択肢を狭められた日本の苦肉や苦渋も表現される。

    (03)
    ノンフィクションものではあるが、史料や情況からセリフに起こし、再現ドラマとして味をつけている点が著者の趣向ともいえる。当時の会話が録音されていたわけではないから、一字一句を違えず再現できるわけではないが、それを再現しようとする試みには、歴史に必ずともなう虚構性が現れており、その意味で戦争物語でもある、開戦時の官僚たちが描いた物語に並んで。

  • 欧米の戦略研究所などに追随する形で始まった「総力戦研究所」。実際に開戦する直前に同研究所でなされたシミュレーションで、日本必敗ということだけでなくその負けっぷりまでかなり正確に言い当てていたという話。後半は東条擁護論があって興味深いが、わたしはこれを読んでもやはり彼は東京裁判で裁かれて当然の人と思った。

  • 然るべき事実を積み重ね、正しく検証すれば、未来は予測出来る

  • 歴史から学ぶ一つの方法。

    一点に集中して、ディテールを突き詰める。

  • 巻末の著者「大国アメリカと戦争をやってほんとうに勝てると信じていたのか」僕の知りたかったことは、それに尽きます。戦前は軍国主義でみんな頭がおかしかった、軍部が勝手にやった、というような本ばかり。誰も僕の疑問に答えてくれる本がない。



    小池百合子知事が『失敗の本質』とともに愛読書として挙げていた本。著者・猪瀬直樹は当時36歳。まだ戦時を実体験した人物が存命の時代。

    東条のステレオタイプなイメージの明確な否定「開戦の原因を東条という一人の"悪玉"に帰するのは、あまりに単純すぎる・・・しかし勧善懲悪の図式はいまだに一つの常識である」「父について何か弁解がましいことを私がいうのは、たちまちある非難と結びつきます。だからそういう書き方を控えてください(東条の次女)」

    「戦争すべきでないというより以前に、できないということを軍需省や商工省のテクノクラートならだれでも知っていた」開戦時点ですでに志村正<海軍大臣>は「アメリカの実力を知らなさすぎる。ふんどし担ぎが横綱に挑むようなものだ」しかしその志村も軍人として「敵艦に体当たりして死ねたら本望だよなぁ」

    彼らの敗戦へのシミュレーションはS16.8.23に出る。「彼らはタイムトンネルのなかを駆け巡り、焦土の風景の中に立ち尽くしていた」

    「彼らのシミュレーションの間中、ひとつだけ最後まで分からないことがあった。それは当時の我が国の石油備蓄量である」結局、現実の政府の意思決定でも、つじつま合わせの石油の需給バランスの数字が、開戦へ向かわせる。数字を提出した鈴木元総裁は恣意的な数字であったことは認めつつも、すでに「開戦やむなし」の空気が出来上がっており「どんな数字を出そうが変わらなかった」
    わかっていても「勢い」におされていくしかない(P246)

    同じく巻末の著者
    悪いのはお前だ!と特定の組織や人をやり玉にあげて攻撃しても、言う事を聞くはずがない。具体的なデータをもとにシミュレーションを行ったうえで「どうですか?」と突き付けていかないと改革は進みません。

全198件中 1 - 10件を表示

猪瀬直樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
村上 春樹
堀江 貴文
ジェイムズ・P・...
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

昭和16年夏の敗戦 (中公文庫)に関連する談話室の質問

昭和16年夏の敗戦 (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

昭和16年夏の敗戦 (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

昭和16年夏の敗戦 (中公文庫)の作品紹介

緒戦、奇襲攻撃で勝利するが、国力の差から劣勢となり敗戦に至る…。日米開戦直前の夏、総力戦研究所の若手エリートたちがシミュレーションを重ねて出した戦争の経過は、実際とほぼ同じだった!知られざる実話をもとに日本が"無謀な戦争"に突入したプロセスを描き、意思決定のあるべき姿を示す。

昭和16年夏の敗戦 (中公文庫)の単行本

昭和16年夏の敗戦 (中公文庫)のKindle版

昭和16年夏の敗戦 (中公文庫)の文庫

ツイートする