昭和16年夏の敗戦 (中公文庫)

  • 1601人登録
  • 3.97評価
    • (142)
    • (227)
    • (112)
    • (17)
    • (4)
  • 196レビュー
著者 : 猪瀬直樹
  • 中央公論新社 (2010年6月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (283ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122053304

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マーク・ピーター...
村上 春樹
デール カーネギ...
村上 春樹
冲方 丁
堀江 貴文
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

昭和16年夏の敗戦 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • 企業において何か新しいことを始めるには必ず「リサーチ」が行われる。敗戦に終わった大東亜戦争においても総力戦研究所という機関が設立され、官民とわず各分野のエリートが集められ対米英戦争の事前シミュレーションが行われ、敗戦という結果が弾きだされた。そもそもそういう機関があったことも知らずに読み始めてしまい、途中までフィクションだと思っていた。

    上記のような事前リサーチが行われ結果が出ていたにも関わらず、それを上層部が直視せず、ある意味決定事項として開戦に至ってしまった・・という流れは大企業に働いている当方にはとても耳が痛い話。日本人の意思決定の根底には1.過去の成功体験に身を任せすぎる 2.合理性ではなく「全員一致」という事実を重要視する 3. 責任者が責任を逃げて会議で行う、という傾向が昔からあるものだなぁ、と感じた。

  • ん~まぁ、言いたいことはわかるが、だからってどうしようもあるまい。

  • 太平洋戦争の話。
    レポート調で、細やかな取材に基づいているので、もしかしたら真実に迫っているのかもしれない。
    そういう期待も込めて(判断するのは読者である私たちですが)

  • 東京都副知事の猪瀬さんの著書。
    ツイッターをフォローしてたり、他の著書を読んだりしてたのと
    去年、自民党の石破政調会長が国会で管首相にこの本を読むことを薦めていたのをしって興味を持った。
    また、日米開戦前に総力戦研究所なるところが日米戦日本必敗をシミュレーションで出し、内閣に伝えていた事実。
    それでも戦争に向かってしまった経緯など、当時の意思決定のプロセスを知ることが出来た。また知ることで、これは今にも通じるものがあると感じた。

    また、こういう教科書とかに載らない真実を知ってびっくりした。
    歴史の知識がなく、読み進めるが大変だったけど読んで良かったと思う。

  • (01)
    戦争を回避する選択はあったのか。
    机上や図上ではない判断(*02)が働くのが地上であるにしても、本書で描かれた演習は、その地上の開戦にメタな視点(*03)をあたえてくれる。昭和天皇や東條の性質にも迫ろうという意図も感じられる。

    (02)
    1946年の日米開戦直前の産業段階、技術段階の単簡なレビューとしても読める。そしてそれらが余力をあまさずに全て戦争に注ぎ込むという机上演習には、国際的に選択肢を狭められた日本の苦肉や苦渋も表現される。

    (03)
    ノンフィクションものではあるが、史料や情況からセリフに起こし、再現ドラマとして味をつけている点が著者の趣向ともいえる。当時の会話が録音されていたわけではないから、一字一句を違えず再現できるわけではないが、それを再現しようとする試みには、歴史に必ずともなう虚構性が現れており、その意味で戦争物語でもある、開戦時の官僚たちが描いた物語に並んで。

  • 欧米の戦略研究所などに追随する形で始まった「総力戦研究所」。実際に開戦する直前に同研究所でなされたシミュレーションで、日本必敗ということだけでなくその負けっぷりまでかなり正確に言い当てていたという話。後半は東条擁護論があって興味深いが、わたしはこれを読んでもやはり彼は東京裁判で裁かれて当然の人と思った。

  • 然るべき事実を積み重ね、正しく検証すれば、未来は予測出来る

  • 歴史から学ぶ一つの方法。

    一点に集中して、ディテールを突き詰める。

  • 巻末の著者「大国アメリカと戦争をやってほんとうに勝てると信じていたのか」僕の知りたかったことは、それに尽きます。戦前は軍国主義でみんな頭がおかしかった、軍部が勝手にやった、というような本ばかり。誰も僕の疑問に答えてくれる本がない。



    小池百合子知事が『失敗の本質』とともに愛読書として挙げていた本。著者・猪瀬直樹は当時36歳。まだ戦時を実体験した人物が存命の時代。

    東条のステレオタイプなイメージの明確な否定「開戦の原因を東条という一人の"悪玉"に帰するのは、あまりに単純すぎる・・・しかし勧善懲悪の図式はいまだに一つの常識である」「父について何か弁解がましいことを私がいうのは、たちまちある非難と結びつきます。だからそういう書き方を控えてください(東条の次女)」

    「戦争すべきでないというより以前に、できないということを軍需省や商工省のテクノクラートならだれでも知っていた」開戦時点ですでに志村正<海軍大臣>は「アメリカの実力を知らなさすぎる。ふんどし担ぎが横綱に挑むようなものだ」しかしその志村も軍人として「敵艦に体当たりして死ねたら本望だよなぁ」

    彼らの敗戦へのシミュレーションはS16.8.23に出る。「彼らはタイムトンネルのなかを駆け巡り、焦土の風景の中に立ち尽くしていた」

    「彼らのシミュレーションの間中、ひとつだけ最後まで分からないことがあった。それは当時の我が国の石油備蓄量である」結局、現実の政府の意思決定でも、つじつま合わせの石油の需給バランスの数字が、開戦へ向かわせる。数字を提出した鈴木元総裁は恣意的な数字であったことは認めつつも、すでに「開戦やむなし」の空気が出来上がっており「どんな数字を出そうが変わらなかった」
    わかっていても「勢い」におされていくしかない(P246)

    同じく巻末の著者
    悪いのはお前だ!と特定の組織や人をやり玉にあげて攻撃しても、言う事を聞くはずがない。具体的なデータをもとにシミュレーションを行ったうえで「どうですか?」と突き付けていかないと改革は進みません。

  • 太平洋戦争開戦前に若手有識者メンバーで太平洋戦争のシミュレーションをした(昭和16年)前後の歴史を書いた本。

    最初はちょっと読みにくいかなと思ったけど、読めば読むほど、どんどんのめり込んでいける。

  • 日米交渉当初、日本側に有利だった日米諒解案が、松岡外相が日米諒解案を無視する態度に出たためアメリカ側が硬化し、「満州国承認」も「日中防共共同防衛」も提案からはずしてしまった。



    「ドイツが同盟国の我が国を無視してソ連と戦争を始めたのだから、三国同盟を破棄する好機だと思う。これからは中立政策をとろう、と近衛公はおっしゃるのですが…」と言う鈴木たちに、東條は「そんな仁儀に反することが、できると思うのかッ」

    「取り付くしまもなく、鈴木は引き上げた。これが運命の岐路である。」(引用)


    一般的イメージと異なる「律義な忠臣東條」の姿が描かれている。対米開戦に異を唱える天皇の下、主戦論者といわれる東條英機氏が何故首相になったのか、当時の状況を少し知ることができたと思う。木戸の東條推挙の上奏に対し、「虎穴にいらずんば虎子を得ずだね」の天皇の返答に、真意が凝縮されているようで哀しかった。自決に失敗し、軍事裁判の被告となった後は、天皇が戦犯とならないよう心を尽くした東條の姿は哀衷察するに余りある。

    若手エリートを集めた総力戦研究所。データは各自の役所や会社から集めた。その摸擬内閣のシミュレーションが正確なのは当然のこととも言えよう。

  • 太平洋戦争直前に、総力戦研究所の研究生たちが戦争必敗のシミュレーション結果を出していた、という内容。肝心のシミュレーション部分がさらっと流されているので焦点がぼやけている。東條英機の知られざる一面を知るという点では良かった。

  • 石破茂代議士推薦「軍事や安全保障を知らずして平和を語ることが絶対にあってはならない」http://youtu.be/GZTIRF6I898?t=3m42s

  • ある総合戦研究所が、推測した戦争と実際に起こった戦争の内容がぴたりと一致した。
    ノンフィクションの内容であり、現存される当事者から話をまとめたものである。

    ここからわかるのは、戦前の日本における責任能力のなさ、そこから生まれる空気で物事を決めてしまう思想、それに負けて事実を隠すという行動の悪循環。
    それは、今も残っているのでは?という筆者の投げかけである。
    日本人はもっと歴史を学び、シュミレーションをし、そこから意見を出して実行することが大事である。

  • 総力戦研究所。30代の様々な省庁、大企業、軍部などのエリートが集められ、資料を持ち寄り擬似内閣をつくった。机上演習というシミュレーションで日米英の戦争を研究、結果は日本必敗。しかもかなりの精度で、緒戦で勝利、南方の資源を確保、しかし戦争は長期化し、フィリピンから出撃するアメリカ潜水艦によるタンカー撃滅で資源は届かず、最後はソ連の対日参戦で敗北。近衛も東条英機も知りながら無視。またこの本では東条英機の実像にも迫り、実務に秀でた官僚体質の、天皇の忠臣であるこ忠実であろうとした男の苦悩も描き出している。

  • 昭和16年(1941年)4月日米開戦のシミュレーションを目的として、各省各界から選りすぐりのエリートを集めて「総力戦研究所」が作られた。そこで得られた結論は「緒戦は奇襲で勝利するものの、長期戦になり終局ソ連参戦を招く。物量で劣る日本に勝機はない。よって日米開戦は避けなければならない」という、その後の展開を完全に言い当てたものだった。にもかかわらず、なぜ日米開戦は避けられなかったのか?

    1.日本的意思決定論
    ・統帥権により軍部の暴走を政府が止められなかったという憲法上
    の欠陥。
    ・立憲君主である天皇は自らの意見を表明できず、御前会議の決定
    を追認するしかなかったこと。
    ・陸軍と海軍が互いに秘密主義で、石油の保有量などの重要情報が
    共有されなかったという縦割り行政の弊害。
    ・戦争継続の可否を決める根拠となる石油需給試算表自体が開戦不
    可避の空気に支配され、辻褄合わせの数字で作られていたこと。
    。。。。等々

    2.東条英機のリーダー論
    ・東条英機は権謀術数により自ら権力を獲得した独裁者ではなく
    天皇への忠誠心を見込まれて、軍部を抑え込むために異例人事で抜擢されたリーダーだった。そのため、天皇と軍部の板挟みの中でその調整に苦悩した典型的官僚であった。つまり、 明治の元勲山県有朋は個人的カリスマで軍部を統制し統帥権の欠陥を補うことができたが、東条にはこのようなカリスマ性はなかった。
    ・戦略よりも個人的な倫理観や情緒が強く、かえってこれが仇になったこと。例えば、ナチスドイツが独ソ不可侵条約を破ってソ連に侵攻したとき、事前に日本に何の連絡もなかったことで、閣内には三国同盟解消を進言する者もあったが、東条は「信義に悖る」とこれを拒否。また、満州からの撤退については、これまで血を流してきた英霊に申し訳ないと戦略より情緒に流される。その結果、日米関係改善の好機を逃すことになった。
    ・また、総力戦研究所の結論を知っていたにも関わらず、これをさほど重視しなかったのは、日露戦争も圧倒的に不利な予想を覆して勝ったことを教訓に、戦はやって見なければ分からない、何よりも気概が大事といった感覚が強かったこと。




  • 太平洋戦争が始まる昭和16年の夏、次の世代を担うエリートたちが集められ、想定内閣を組閣し日本の今後をシミュレートささられる。
    戦争に反対する昭和天皇。天皇に忠誠を尽くす東条英機は開戦を避けようと尽力すぎるが、自分が陸軍大臣時に決めた路線を覆せずに開戦に踏み切る。
    誰も望まなかった戦争が太平洋戦争だとわかる。陸軍が血を流して勝ち取った中国戦線を縮小出来ないという主張が足を引っ張り、ドイツとの共闘を決めた松岡外相の読み違いが方向付け、誰もが止められなかった。
    敗戦後、国民は指導部や軍部による戦争と位置付けたが、本当にそうだったのだろうか?
    歴史に学ぶことを本当にしているのだろうか。
    戦争を避けるためには、憲法の再確認するためにも、国民投票を行うことが必要だと感じたのでした。

  • 978-4-12-205330-4 283p 2012・10・5 11刷

  • 日本が無謀な戦争に突入した要因として、ABCD包囲網、旧憲法の制度的欠陥と統帥部の横暴などはよく指摘されるところ。
    これらに加え、本書では、「空気」による意思決定が指摘されている。「開戦やむなし」という空気が醸成され、つじつま合わせのための数字が恣意的につくられ、日米開戦という意思決定に至る過程は、あまりの杜撰さに暗澹たる気分になる。著者も指摘するとおり、神は細部に宿るのであって、具体的な事実の積み重ねのたいせつさを思い知らされる。
    また、東條英機に関する挿話が印象的。一般によくいわれる「独裁者」としてではなく、天皇陛下への忠誠心と統帥部との板挟みに苦しむ官僚型の人間の姿が描かれている。彼の所業は必ずしも正当化されるべきものではないが、彼のおかれた状況には同情を禁じえない。
    左翼・右翼のいずれにも寄らず、緻密な取材に基づく具体的な事実が淡々と、それでいて生々しく記述されている点が素晴らしい。

  • 戦争の始まりについて、よく理解できた。
    いろんな方面から戦争に突入せざるおえなかったと思う。
    ただ、やっても負ける。それを分かってても、やるしかない当時の主導者の決断は凄いね。
    結果的に神風が吹かなかった…。

    アメリカの圧力(石油輸出禁止)
    軍部の暴走
    それを止めれない、組織構造

  • 読んでおく価値あり。

  • Fri, 05 Nov 2010

    83年にでたものが十数年ぶりの文庫化.
    時を経て,当時何とか生きておられた歴史の証言がよみがえる.

    さて,開戦前から日本の敗北は運命づけられていたというのは,ある程度有名な話だが,ここでは,総力戦研究所という集団にフォーカスがあてられる.
    僕自身ぜんぜん知らなかった名前だった.

    開戦直前ではあるが昭和16年に各省庁や軍,有力企業から
    優秀な30代の「とうのたった」若者達が研究生としてあつめられた.
    日本の若い知能を結集して,来るべき「総力戦」に備えるためだ.
    近代の戦争は過去の戦争と形をかえ国家が相手を完全服従まで
    もっていく「総力戦」へと形をかえてきていた.
    特に二次大戦では,資源としての石油の必需性がまし,開戦もそして戦況も
    この資源によって特徴付けられていた.

    彼らは「模擬内閣」を樹立し,戦況を刻々とシミュレーションしていた.
    そして16年にすでに出ていた答えは,
    奇襲作戦の成功, 海上での敗北, シーレーンを維持できず,本土空襲を受け敗戦
    という流れであった.
    各省庁から得られる,経済的,資源,兵站,国民の雇用情勢,など
    様々なデータからうらづけられて,出した結論だった.

    もちろん,ここからの提言が聞き入れられることにはならなかったのだが・・・.

    この歴史の証言を組み合わせながら,日本が「理屈では負ける戦争」に
    転がり込んでいった,プロセスを追っているノンフィクション.

    さて,本書を読んでいて,思ったポイント,新たに知ったポイントをいくつか.

    ・戦前の日本は戦後の日本とほとんど変わらない.

    下の意思決定システム.メンタリティ含め.
    日本の歴史教育って,戦前と戦後にギャップを置きすぎですよね.
    戦前というとすぐに「軍政」的状況をイメージするけど,それは明治維新から
    のちの時間を考えると,その一部でしかない.

    ・東條英機は非常に人間的で真面目.最終的には開戦に反対していた.

    ちょっと,驚いた.もう少し,知りたくなりました.

    ・日本型意思決定システム(合意重視)による悪循環の典型を見た.

    しかし,それと同型のものは,僕たちのすぐそばに今もあります.
    というか,殆どの日本の組織がそうだと思います.

    ・「統帥権」の問題が明確に

    「統帥権」の問題こそが明治憲法の大きな穴であり,日中戦争,二次大戦にころがりおちてしまった制度的不備の根幹であったことが,実感できた.
    もう一つ指摘するならば,そのような制度的不備を,憲法改正などでのりこえられず,敗戦という,ところまでいってしまった点だろう.
    一旦走り出したシステムの不備は,なかなか改正できない.それが既得権益を生み出している場合などなおさらだ. 現在の日本の政治システムも様々な欠陥が指摘されているが,憲法改正の気配は見えない.

    これは,実は「日本型意思決定システム」 と 「個人より集団の重視」ということと関係しているのではないか?とおもった.要は,既得権益をもっている人がいるなかで全会一致の改革なんて出来るわけがないんだ.論理的に.

    及び,組織自体には組織を変革する力はない.組織は自らをスタビライズ,固定化するダイナミクスの方が強い(ように思う). 個人が動けないと組織は変わらないように思うのだ.

    制度としては「改正」の仕組みはあっても,実際に作動するかどうかは,別問題だ.それが変えられないまま転がっていく,状況は現代の日本と恐ろしいほど重なった.そして,石油禁輸をかけてくるアメリカ. これも,皮肉なことに昨今の中国のレアアース禁輸と重なって見えた.

    自国による石油を求めて戦った二次大戦であったが,現在,状況は... 続きを読む

  • 戦争の知られざる裏側を描く。
    日本が歩んだ無謀な戦争のプロセスがここに。

    2014.12.30

  • 空気によって動き、歴史認識の欠如に無自覚で、都合の悪いことは最後には誰かに押し付けてなかったことにする。この国の昔からの「癖」を抉り出す好著。
    他の国はよく分かりませんが、まずは疑ってかかることが肝要って何だか哀しいな。
    それにしても何にもまして先ずは記録とはこの作家の今を本人自らが指摘しているようで、政治家としてはともかくジャーナリストとして作家として真価が今こそ問われてますな、このお方は。

全196件中 1 - 25件を表示

昭和16年夏の敗戦 (中公文庫)に関連する談話室の質問

昭和16年夏の敗戦 (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

昭和16年夏の敗戦 (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

昭和16年夏の敗戦 (中公文庫)の作品紹介

緒戦、奇襲攻撃で勝利するが、国力の差から劣勢となり敗戦に至る…。日米開戦直前の夏、総力戦研究所の若手エリートたちがシミュレーションを重ねて出した戦争の経過は、実際とほぼ同じだった!知られざる実話をもとに日本が"無謀な戦争"に突入したプロセスを描き、意思決定のあるべき姿を示す。

昭和16年夏の敗戦 (中公文庫)の単行本

昭和16年夏の敗戦 (中公文庫)のKindle版

昭和16年夏の敗戦 (中公文庫)の文庫

ツイートする