聯愁殺 (中公文庫)

  • 615人登録
  • 3.05評価
    • (15)
    • (56)
    • (134)
    • (43)
    • (15)
  • 119レビュー
著者 : 西澤保彦
  • 中央公論新社 (2010年9月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (347ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122053632

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

聯愁殺 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • 着眼点はやっぱり面白かったし、議論を通して結果が導かれる過程が丁寧に描かれていたから、そういう点でも興味深く読み進めることが出来た。論を尽くしても尚、最終的に正解が出ないという結末とか、これから起こるであろう悲劇を予兆した最後とか、二転三転の展開にまんまと翻弄されました。でもやっぱり、「七回死んだ男」の方が個人的には好みでした。

  •  そっかそっか。今考えたら、梢絵が口羽の動機だけをやたら気にして、
    生死についてはあまり触れないのはおかしな話ですもんね。
    もしまだ生きてたら再度襲われる危険性だってある訳で、
    そっちを確認できた後に動機を気にするはずでね。
    梢絵が怪しいオーラは出まくってたけど、見逃してたわ。

    口羽がまだ子供という設定だからこそ成り立つストーリーですね。
    『何するか分かんねえぞ。ガキだから。バカだから。』
    という前提(イメージ)があるから恋謎会に少しは存在価値が出て来るけど、
    そういうのがないと実際の事件について漫画や小説の如き奇抜なトリックを無理やり当てはめようとする痛い人達にしか映らないでしょうから。

    最後に舎人浩美の投書が明かされたのは何あれ?
    なんで恋謎会の人はこの子のだけ見落としてたの?
    それはちょっと都合よすぎるんじゃないかな。
    ・・・あー・・・舎人の存在に気付いた人と投書欄を確認した人は別の人だっけかな。だから気付けなかった。
    そういう事?なのかな?

  • 読後感悪い系っぽくしつつも、ミステリーとしてのオチがまあまあ良くて流される。しかし、「被害者の名前を見て共通点に気づきませんか」のくだりは笑った。そんなことの前に名前がおかしすぎるやろ。

  • 四年前の未解決事件を解決する為に集まったミステリーマニアたちと事件の被害者。次々と推理が披露されますが、こじつけ気味で突っ込みどころ満載です。かなり食傷気味でした。
    しかし、終盤でそれまでの印象が覆りました。「多重解決もの」のパターンを利用した大仕掛けは前例がなく素晴らしい切れ味でした。推理合戦の質が低いのと本来の謎が未解決に終わり多少の不満は残りましたが、ラストに炸裂した著者の超絶技巧は賞賛に値すると思います。

  • 日経文芸文庫のマストリード国内100にて推薦されていた1冊。
    選者の千街晶之氏によれば、西澤保彦作品からどれを選ぶかは迷ったようである。自分も過去に何作か読了しており、作者の作風、特徴的なものはなんとなく理解できていたかな?まぁここは自分に甘く採点しておこう。

    過去の事件を様々な人々が推理していく、毒チョコ事件的展開で物語が進む。事件の発端を描く導入部を除けば、ほとんどが一夜の出来事である。トリッキーな作品を多く生み出してきた西澤氏であるが、またもやトリッキーな作品だった。

    千街氏の紹介にもあったが、「そして肝心の真相だけれども、正確に言い当てられる読者はまずいないだろう」ホントにそう思う真相だった。

    読了後に考察してみるに、WHY?が常に突きつけられる。どうして被害者の女性(ヒロイン)は殺されかけたのか?連続殺人のミッシングリンクはあるのか?動機は?いくつもの「なぜ?」が登場し、解決しようとすると次の「なぜ?」がまた現れる。それが読者を落とし入れる罠(トラップ)だったんだよな…まぁとにかく作者の手腕技量に降参するしかないようだ。

    こういう作風ではまずハズレなしの職人さんですね。

  • かなり序盤で飽きました。
    落ちもいまいち。

  • オリジナルは02年にミステリー・リーグとして
    発売された作品。西澤さんといえばロジック
    大好きなイメージですが、今作はきっと
    その真骨頂でしょうね。

    連続殺人事件の被害者となった主人公「梢絵」は
    すんでのところで命が助かる。しかしその
    犯人と目される人間はその後4年以上も消息不明。
    梢絵は何故、自分が殺人犯に狙われる事になったのか...
    その動機を解明すべく「恋謎会」なるミステリ知識人達
    の集まりに参加をする...。という内容。

    作品は11章から構成されていますが、
    2〜9章までが、胡散臭いミステリ好きに
    よる推理大会。スクラップ&ビルドによる
    クッチャクチャな推理大会。シリアスな
    事件なのにギャグスレスレの展開です。

    ラストにここまで展開されていた所謂
    「解決編」が単純な解決編ではなく、実は
    「問題編」としての役割がされていて、
    今作の最重要の「何故?」という動機が
    浮き彫りになった時点で、一気にストーリーは
    様変わりし、戦慄のラストへと変貌を遂げます。
    やはり作者の真骨頂的、ウルトラCの作品。

    ちなみに登場人物が軒並み変名、珍名ですが
    実は意味が大きくあります。推理合戦の中に
    ある方がそれに触れていますよ...ね?

  • 2016.12/29〜2017.1/13。推理合戦が繰り広げられていき、そして最後にそうくるとは。ただ名前が最後まで覚えられなかったのが残念。

  • 西澤保彦『聯愁殺』読了。多重推理、多重解決、とにかく冒頭で明示される事件について、ほとんどのページを割いてユニークな面々が推理合戦をする。そして氷川透の解説がまた名文。メタミステリの真の定義について触れていて非常に納得のいく解説をしている。そして、ラストの展開、ほんと最高だった。

  • ミステリを読み慣れた人ならば、冒頭に登場するある場面ですぐに連続殺人の輪・・・ミッシング・リングが何なのか見当がついてしまう。
    集まった「恋謎会」の面々は、さまざまな角度から推理を推し進め、そのたびに矛盾点が見つかり真相へはなかなか近づくことが出来ない。
    けれど、早々に真犯人はこの人では?と想像がついてしまう。
    が、そこからがこの物語の真骨頂である。
    突然襲いかかってきた犯人。
    見ず知らずの高校生は、何故梢絵を殺そうとしたのか?
    動機がわからないまま、事件によって梢絵の人生は大きく変わってしまう。
    連続殺人はいったい何のために起きたのか?
    ターゲットは全員だったのか、それとも誰かひとりを狙った捜査攪乱のための連続殺人だったのか。

    真相が見えた。
    次の瞬間にはまた新たな展開が待っている。
    そして、また新たな展開が。
    「恋謎会」の面々が推理していく過程は少し中だるみ感がある。
    何度も繰り返される推理の応酬は、いかにもミステリ作家らしい推理あり、元刑事らしい推理あり。
    それはそれで楽しめるのだけれど。
    好きか嫌いか、好みによって分かれる物語かもしれない。
    結末を予想しつつ読み進んだけれど、最後まで面白く読むことができた。
    好みにあっていたのだろうと思う。

  • オチはまあ面白かったんだけど、そこに到達するまでの各自の推論部分がグダグダできつかった。

  • 全員難しい名前なのなんか意味あるのかと思ったら、まさかの無意味だった

  • すくわれないおはなし

  • 一人のOLとシリアルキラーの死闘から幕が開き
    生き延びたOLと失踪した犯人。
    残された動機の謎。
    「なぜ私は狙われなければならなかったのか」。
    その筋のプロ達が犯人の心の闇を踏み台にした不毛めな論理を幾重にも積み重ね、推理はどんどん飛躍していく。
    そして脳天に叩きつけられる結末。

  • 多重解決もの。
    最後のオチは叙述的には○。
    展開としてはイマイチか。

  • 2015年の100冊目。

    途中で絶対怪しいと思いつつ、やっぱり犯人はこの人だった。
    次から次へと推理が披露されて、途中経過がどういう判断基準でそうなってるのか分かりづらかったけど、推理の仕合いの流れは面白かった。

  • 西澤保彦には,いろいろな作風の作品があるが,その中でも一際,ダークな作風の作品。アンソニー・バークリーの毒入りチョコレート事件を思わせる推理合戦が繰り広げられるが,最後に明かされる恐怖小説のような真相は強烈である。
    恋謎会というミステリ関係の創作に携わる者たちの交流会兼勉強会で,ミステリ作家,エッセイスト,県警OBの私立探偵の経営者,犯罪心理学者たち5人が,大晦日の夜に,連続無差別殺人事件の真相を推理するという設定は,本格ミステリファンにとっては感涙もの。推理合戦を繰り広げていく過程で始めて出てくる情報が多すぎるという難点はあるものの,その点を割り引いても,この設定は十分ときめくことができる設定である。
    そして,第十章「殺」章で,それまでは目立った推理をしていなかった警察官,双侶澄樹が驚愕の推理を披露する。
    ストーカーによる被害に悩まされていた被害者である一礼比梢絵が,引っ越した先がマンションの1階であったのは不自然ではないかという疑問から思いついた双侶の推理は,真犯人は,連続無差別殺人事件の唯一の生存者と思われていた一礼比梢絵その人であるというものであった。
    本家,毒入りチョコレート事件は,推理をしていた人物の中に犯人がいるというものであったが,その人のために推理をしていた被害者と思われていた人物が真犯人というオチはアンフェアすれすれ(アンフェアか?)。さらに,一礼比梢絵は,自分がくだらない理由で瀕死の目にあったというショックから,殺人鬼と化してしまうというオチ。最後の最後は恐怖小説じみた終わり方をする。
    トータルで見ると,傑作といってもよい作品なんだろうけど,やられた!というより,んん…っ!という感じの感想で,好みのオチではなかった。個人的な評価はそこまで高くないのである。★3で。

  • 安楽椅子の多重推理モノと言えば……!とゆーことで読んでみたのですが、内容は文句なしのミステリで、解説もとても興味深く読めたのです。
    トリックとロジックとレトリック!
    西澤ミステリにおける本格とは……とゆー解説を何度も読んでしまったのです

  • ミステリー小説だが、ちょっと変わっている。過去に起きた事件の真相を集まった人達で推理しあうというストーリなのでずっと会話ばかりが続いていく。あらゆる推理が交錯していくので途中からどうやって話をまとめるのだろうと思ったが最期まで読んで納得。

  • 伏線に次ぐ伏線、騙されないぞと構えていても、突然思っても見ない角度から答えがやってくる。今回は真犯人の嗜好もハマり、◎。

  • ミステリ作家や元刑事など含む同好の趣味人が集まっての推理合戦と、ラストの意外な結末。面白かった。中盤はぐだぐだな感じもしたが、ラストでお見事、と。まあ現実ではそんな警察の捜査欺くような真似無理だろうけど、読み物としてはうまい。しかし登場人物の名前がどれも難解すぎて、読み仮名振ってあるとこ何度も確認してしまった。覚えられないよ!

  • 思いっきり騙されたくて、本屋で 何か面白そうなの無いかな〜と思って手に取ったのがこちら。

    登場人物の名前が私には読めなさすぎて、何度もページを戻っては確認し、読み進めていくことになってしまったのが煩わしかったです。
    また、登場人物がそれぞれを呼ぶ呼び名と、主人公の思考の中での登場人物の呼び名が異なるので、そこも煩わしかったです。

    推理大会部分は次から次へ色んな関連事項が露わにされていき、少しずつ真実に近づいているのかと思いきや…
    『ええ!そうくる!?』という結末が最後にちゃんと用意されていました。
    しかし、結局謎が残ったままなのは私だけでしょうか…?
    読後ももやもや。。

    自分では思いもよらぬところで人に反感を買ったりする可能性があるんだな〜などと思いながら読んでたんですが、まぁ結局、ね、
    自分の行動とは関係なく思いもよらぬとばっちりを受けることもあるのが人生なんだなあと思いました。笑

  • 登場人物の名前が難しく、途中で名前を覚えるのを放棄。
    始めは楽しく読めていたが途中からダレてしまった印象。
    途中からある点で犯人の目星はついていたので、私の場合どんでん返し感は低かったです。

  • うん、確かに「廻」。
    後味は良くなかった。
    読みにくい名前の人物ばかりで、名は体を示すので、大切と思う。

  • まさか、そんな結末が…。

    作者が仕掛けたエンディングは…。

全119件中 1 - 25件を表示

聯愁殺 (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

聯愁殺 (中公文庫)の単行本

聯愁殺 (中公文庫)のKindle版

ツイートする