長き雨の烙印 (中公文庫)

  • 314人登録
  • 3.40評価
    • (7)
    • (24)
    • (40)
    • (7)
    • (0)
  • 25レビュー
著者 : 堂場瞬一
  • 中央公論新社 (2010年11月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (536ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122053922

長き雨の烙印 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 20年前に起きた幼女殺害事件と同様の未遂事件が起こる。
    既に服役を終えていた庄司に疑惑が向けられる。しかし、庄司は20年前の事件で無実だったと再審請求を訴えていた。
    庄司と友人である刑事の伊達は、そんな彼の無実を信じていたが、真犯人が掴めない。
    裏で誰かが庄司に新たな罪を着せ、陥れようとしている。
    なかなか真犯人が浮上せず、少しイライラしたが、結末もいまいちだったかな…

    2016.6.5

  • 汐灘の海岸で起きた幼女殺害未遂事件。容疑者として浮上したのは、二十年前に同様の犯行を自供し、服役した過去を持つ庄司だった。その庄司が、再審請求に向け動き出した矢先の事件。予断に満ちた捜査で犯行のシナリオを描こうとするベテラン刑事に対し、庄司のかつての親友で刑事となった伊達は、独自の調べを始める。

  • 北関東地方の架空の町、汐灘を舞台にした3作品の1作品目。
    20年前に少女暴行殺害事件が起きた。幼い少女を暴行したうえに砂浜に埋めるという残虐な事件。容疑者として浮上した庄司は、警察の執拗な取り調べにより犯行を自供し、裁判でも争うことなく犯人として服役していた。
    8年前に刑期を終えひっそりと暮らしていたが、周囲から性犯罪者に向けられる目は厳しいものだった。
    庄司には、兄がおり、本の虫で、家じゅう本だらけだった。庄司は兄の援助で大学にも進学し、大学院へ進むことも決まっていた矢先に、逮捕されてしまっていた。
    12年の刑期を終え、ひっそりと暮らしていた。庄司の無罪を信じて応援する支援の会が集会を開く直前に、再び同様の事件が発生した。少女は死には至らなかったが、意識が戻らない。その容疑者として再び庄司は逮捕されてしまった。容疑は隣家への不法侵入。しかし容疑不十分で釈放されたが、支援する会の活動はしぼんでいかざるを得ない。
    支援をする買いの中心人物で弁護士の有田は庄司の再審無罪を勝ち取り、成功をおさめようと躍起になっていた。
    汐灘警察署刑事の伊達は、庄司と幼いころからの友人で、20年前に庄司が逮捕されるのを目の当たりにしていた。その後刑事となり、今回の捜査を担当するが、庄司犯人説を強硬に主張する脇坂は、20年前庄司を取り調べ、自供させた本人で、今回の庄司逮捕も脇坂の捜査によるものだった。
    一方、20年前に事件で幼い娘を殺された父親、桑原は事件後妻と離婚し今では、マルベリー・モータズという高級外車を販売する会社の社長として地元でも有名な実業家として知られていたが、心臓に病気があり、薬に頼りながら庄司を殺害することに執念を燃やしていた。
    庄司がかくまわれているアパートも突き止め、監視しながらチャンスを狙っていた。そんな桑原に脇坂が近づく。
    伊達は、脇坂の捜査に疑問を感じ、20年前の事件も冤罪ではないかと疑問を持つ。そんな中、有田のもとに庄司のアリバイを証明する写真の存在を知らされる。勢いがつく有田に脇坂が近づき、庄司を保護しようとした矢先、庄司が行方をくらます。脇坂は、庄司の家で、庄司が20年前の事件の犯人でない証拠を見つける。
    20年前の事件の真犯人は誰なのか?
    今回の事件の犯人は誰か?
    庄司の無罪は証明されるのか?
    脇坂は庄司を犯人にできるのか?
    桑原は庄司を殺害するのか?
    伊達は庄司を救うことができるのか?
    結末は衝撃的だった。

  • 最後の最後、終わり方が好きじゃない。死人も出たのだから、スッキリの方がいいのでは。

  • 悪くはないんだけど、話の最後が好きじゃないなあ・・・ なんか報われないって感じで、長く読んだのが虚しくなる。でも、主人公のキャラは嫌いじゃないので、このシリーズ、読んでみよう。

  • 大人の幼女に対する異常な性欲の為に、被害者家族の人生は狂わされた。
    一方で冤罪も、無実の人の人生を狂わせる。

  • 駄作。長々と読んだ時間を返してくれといいたい。

  • 既読

  • 汐灘サーガ1

  • じりじりと真相に迫っていく展開は、わたしは好きだな。冤罪事件と、それに関わった刑事のエゴとプライド。読み応えもあり、シリーズ2作目、3作目も楽しみだ。

全25件中 1 - 10件を表示

堂場瞬一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
堂場 瞬一
堂場 瞬一
有効な右矢印 無効な右矢印

長き雨の烙印 (中公文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

長き雨の烙印 (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

長き雨の烙印 (中公文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

長き雨の烙印 (中公文庫)はこんな本です

長き雨の烙印 (中公文庫)の単行本

長き雨の烙印 (中公文庫)のKindle版

ツイートする