後水尾天皇 (中公文庫)

  • 31人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 熊倉功夫
  • 中央公論新社 (2010年11月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122054042

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

後水尾天皇 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • [ 内容 ]
    朝幕対立の時代に即位した青年天皇は徳川和子を妃に迎え学問と芸道を究める。
    幕府の莫大な資金を引き出しながら宮中の諸儀式を復させ、修学院離宮を造営する。
    “葵”の権力から“菊”の威厳を巧みに守りつつ、自ら宮中サロンを主宰、寛永文化を花開かせた帝の波瀾の生涯を描く評伝の決定版。

    [ 目次 ]
    1 下剋上の終焉
    2 徳川将軍と天皇
    3 寛永六年十一月八日譲位
    4 寛永のサロン
    5 学問する上皇
    6 修学院造営
    7 法皇登霞

    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

全1件中 1 - 1件を表示

後水尾天皇 (中公文庫)の作品紹介

朝幕対立の時代に即位した青年天皇は徳川和子を妃に迎え学問と芸道を究める。幕府の莫大な資金を引き出しながら宮中の諸儀式を復させ、修学院離宮を造営する。"葵"の権力から"菊"の威厳を巧みに守りつつ、自ら宮中サロンを主宰、寛永文化を花開かせた帝の波瀾の生涯を描く評伝の決定版。

後水尾天皇 (中公文庫)はこんな本です

後水尾天皇 (中公文庫)の新書

ツイートする