贋食物誌 (中公文庫)

  • 54人登録
  • 3.75評価
    • (2)
    • (5)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 吉行淳之介
  • 中央公論新社 (2010年11月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122054059

贋食物誌 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 書名に「贋」とあるように、各タイトルに「食物」の名前が掲げられているが、内容はグルメエッセイの類ではない。ま、そのまま食べ物の話になることもあるが、「食物」の名前をサカナにした自由闊達なエッセイである。夕刊フジのVS山藤章二のシリーズは筒井康隆の『地獄の沙汰も金次第』を嚆矢として大好きであれこれ読んできたが、エッセイとイラストの丁々発止が楽しい。吉行のこのシリーズはその部分がいささか弱いかな。山藤章二が一方的におちょくってる感じで、吉行の返しが物足りない。

  • 吉行淳之介氏による全100編のタイトルが食べ物による軽妙なエッセイ。すべてがタイトルどおりの内容ではなく、かなりの脱線をしているのだが、それも著者の個性によるもの。山藤章二氏の挿絵も面白い。当時の友人関係も緩く広いもので、おおらかな時代を感じる。1973-1974年にかけての連載なので、当時の食文化をうかがい知ることもでき、ゆっくりとした週末には適切な読書だった。

  • ちょっと図強み進めるのが面白い本。
    ささやかな日々を猥雑に綴った、肩の力の抜けた文章が、今とは確かに違っている「近くて遠い昔の風景」を描いている。
    添えられたイラストのしょーもなくすばらしいところもいいね。

全4件中 1 - 4件を表示

吉行淳之介の作品

贋食物誌 (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

贋食物誌 (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

贋食物誌 (中公文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

贋食物誌 (中公文庫)はこんな本です

贋食物誌 (中公文庫)の単行本

贋食物誌 (中公文庫)の文庫

ツイートする