日本文学史―近世篇〈1〉 (中公文庫)

  • 28人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : Donald Keene  徳岡 孝夫 
  • 中央公論新社 (2011年1月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (295ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122054233

日本文学史―近世篇〈1〉 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • 芭蕉の時代の背景がわかり良かった。
    芭蕉に関する内容は意図的に少なかったような。連句に関することも充実。

  • 日本文化の研究者である、ドナルド・キーン氏による日本文学史。
    日本人ではないからこその、丁寧な紐解き方とでも言えば良いのか。
    詳しく非常にわかり易い内容であると思う。
    基本的なことが押さえられているといった感じ。

    松尾芭蕉の句について、永遠と瞬間を両方切り取っている
    というのは、言われて成る程と思った点。

全2件中 1 - 2件を表示

日本文学史―近世篇〈1〉 (中公文庫)の作品紹介

独立した文芸に高められた俳諧が松尾芭蕉という才能を得て、十七文字の中に小宇宙を創造するまで。

日本文学史―近世篇〈1〉 (中公文庫)はこんな本です

ツイートする