八日目の蝉 (中公文庫)

  • 13095人登録
  • 3.82評価
    • (1257)
    • (2260)
    • (1509)
    • (274)
    • (62)
  • 1865レビュー
著者 : 角田光代
  • 中央公論新社 (2011年1月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (376ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122054257

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

八日目の蝉 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • 最後のシーンの美しさとあたたかさがなんとも言えません。

    希和子のしたことは確かに犯罪。それでも確かに希和子は薫の母親だった。未来は見えないのにどうか逃げ切ってほしいと思わずにはいられなかったです。別れ際の言葉に涙が溢れます。

    お腹の中の子どもにいろんなものを、きれいなものをすべて見せてあげたい、という気持ちが芽生えたとき、恵理菜は自分のなかで渦巻いていた気持ちと自分、過去に向き合うことができたように思います。
    子に無償の愛をそそぎ、守ろうとする「母親」の姿が血の繋がっていないはずの希和子と重なります。

    本当の母親のように自分を愛した誘拐犯の希和子、本当の母親なのにうまく愛することのできなかった恵津子。また、愚かな父親ですら、自分が母親になることで許そう、受け入れようと思えた恵理菜は本当に健気で強い…というか、強くなろうとしている姿に感動しました。

    あと、千草が本当にいい子です。
    八日目の蝉。きっとこれから、お腹の子どもと一緒に素敵なものをたくさん見られるよ。

    偽りの母子の未来はなかったけれど、それぞれの未来に光が差し始めたラストがよかったです。

  • この本に登場してくる女達はみな世間一般の幸せと呼ばれる暮らしを手に出来なかった人たち。地上では七日しか生きられないはずの蝉の命が八日目を迎えられたら「ラッキー!」と思えるのが普通。でも、彼女たちは「死ねなかった、生き残ってしまった」と感じる。
    どうして自分だけ余計なものを背負わされ、生き続けなければならないのかと自問する。

    かつて薫とよばれた少女が自分の受け容れ難い境遇を呪い、反抗とあきらめと無と…なんとか折り合いをつけながら生きてきた様と、犯罪だと頭では分かっていたのに割り切れない衝動から、母性だけで乳飲み子を奪い逃亡生活を続けた誘拐犯、希和子の生きる様。両者の生は確かに強烈だ。
    出所後、「がらんどう」である自分にはもう何にも残っていないと認識しているのに、ふとしたときに手の中に温かいぬくもりや重みやかすかな光があるように感じるのは、全身全霊をかけて、愛し守ろうとした愛し子と過ごした月日が、身体に浸み込み焼き付いてしまっていたから。
    一方、誘拐された女も、小豆島でのささやかな幸せに満ちていた、母と呼んでいた人との暮らしを否定することはできなかった。再びそこに降り立った時、あふれるばかりに心地よい感覚が呼び覚まされ、初めて彼女は、自らの体の中に他者の存在を肯定的に認識することができた。未来と呼べるものを思い描くことができた。

    二人の女の生様はどちらも社会的性ではなく、原始的な性を強く刻印した在り方だと思った。読み進めていくうちに何度も熱いものがこみ上げ頬を伝わったのは、自分にも同類の血が流れているのが感覚的にわかったから。
    傑作に出会えた充足感。

  • すっごくよかった。

    許す、ということがテーマの小説だと思う。
    生きていると、どうしようもないことがある。
    みんな幸せになりたくて、だけど自分が幸せになるためにとった行動が、誰かを傷つけてしまうことがある。
    それはもう、正しいとか正しくないとか、いいとか悪いでは割り切れないもので。

    自分の幸せしか考えられない未熟さが生み出す悲しみ、でもその中で生まれてしまった優しくて温かい時間、悪いはずだった良いもの。
    そういう矛盾がうまく書かれた小説だと思った。

    そしてそういう矛盾に出会ったときに、いいとか悪いとかではなく、そういうものなんだ、と受け入れることができれば、楽になれるのかもしれない。
    許すこと、受け入れること。
    いつか自分にふりかかったとしても、そうできるだろうか。

    **************
    筋とは別に、印象に残った言葉:
    私、自分が持っていないものを数えて過ごすのはもういやなの

  • 私の中では比較的新しくお気に入りになった本。初めて読んだ時は涙が流れて止まらなかった。希和子が叫んだ、子どもを思うが故のセリフのシーンがたまらない。
    それぞれの女性の立場からの愛情や迷いが、細やかに描かれていて面白かった。

  • 家内が買ってきていたのですが、長らく積読状態でした、、
    『子供の教養の育て方』で取り上げられていたのに後押しされて、ようやく。

    子の親であれば、是非とも読んでおきたいと感じた一冊でした。

    終始、夏のヌルい風につつまれたかのような息苦しさを感じながら、
    一気に読了してしまいました、、タイトルの「セミ」の影響でしょうか。

    物語は二部構成、前半は「母性」、後半はその母性を受け止めきれなかった物語。
    普通とは違うこと、周囲から遮断されるということ、そして、社会への回帰とは。

    それぞれの人物の「どうして私が!」との想いの行き違いは、
    やるせない化学反応を起こしながらも、一つの結末へと進んでいきます。

    子を作るのが親なのではない、子と共に成長するのが親なのだと、個人的には。

  • 赤ん坊は手足をばたつかせて泣いている。
    抱き上げようとした瞬間、赤ん坊は口をへの字に曲げ、希和子を見上げた。
    まったく濁りのない目で赤ん坊は希和子を見る。
    まだ目に涙をためているのに、赤ん坊は笑った、確かに笑った。
    希和子が顔を近付けると、赤ん坊はますます笑った。
    手足をよじるように動かし、口の隅からよだれを流して。
    ちいさな手が希和子の頬にぺたぺたと触れた。

    か~わいぃよねぇ。たまらん!
    この赤ん坊がすくすく幸せに育ってくれることだけを思いながら読み進めました。
    小説なので そうはならないのですが。。。

    このお話のテーマは「母性」だと思います。
    男だから、女だから ってことでなく、ただただ 子供を慈しみ育てたい という感性。
    このお話に出てくる女性達は 色々な事情を抱えつつ、この母子を 助け支えます。
    彼女達の母性がそうさせているのかなと思います。
    母性は種としての本能ですが、本能だから理由はないのです。
    私が、この赤ん坊の幸せを願いながら読み進んだのは、私が我が子のことを思いながら読んだこともあるし、
    まさしく本能によるところかもしれません。

    因みに父性とは社会と共存したり闘いながら獲物を持って来たいこととそれを伝承していきたいことかも。
    ただ、このお話に出てくる男性は父性も母性もない、自分勝手な人達しか出て来ませんでした。

    皆がこの母子を助けるわけですけれどハッピーにならない、このやきもき感が小説の面白さでしょう。
    登場人物の境遇に共感しつつ、自分より不幸な登場人物に安心するっていうエンタテイメント性。。。

    「八日目の蝉」とは、七日間“生”を謳歌した仲間達が一斉にいなくなり残された蝉のことですが、
    きっと「祭りのあとの寂しさ」のことなんだと思います。
    ドラマチックな逃亡生活の末、全てを失なった希和子、
    子供を産めなくなってしまったエンジェルホームの女性達、
    エンジェルホームから脱退したけど社会に馴染めない恵理菜と千草。
    それでも 祭りの後の寂しさを紛らわして、人は皆生き続けて行くんですね。

    ラストシーンは、冒頭で恵理菜の幸せを願ったように、小豆島で暮らそうが、秋山家で暮らそうが、
    恵理菜の赤ん坊の幸せを願いつつ本を閉じました。

  • つ、辛かった…最初から最後までずっと辛かった。
    辛い気持ちは本を閉じても消えず…
    ありえない話だけど、妙なリアリティーを感じていて、今テレビをつけたら希和子がニュースに出ているんじゃないかと錯覚するくらいだった。
    希和子だけが悪いわけじゃない。どんな力が働いてあの子を盗んでしまったのかわからないけど、必然的なことだったのかもしれない。
    秋山夫妻も、たとえ希和子に出会わなかったとしても、お互いに浮気を繰り返し、子供の世話を焼くこともなく、あの子は寂しいままだった気がする。
    そう思うと、たった4年でも愛情深く育てられたことはあの子にとっては良かったんじゃないか。
    幸も不幸も関係なく、罪も罰も関係なく、その先に薫がいる道を躊躇なく選ぶだろう。
    それほどまでに愛してしまった母親の気持ちをわかる日がきっとくる。

  • 過去をオーバーラップさせながら真実が明かされる展開は面白い。逮捕されるまでは少なくとも希和子と薫は幸せだった。これは何を意味するのか?そしてこの作品は果たして悲しい話なのか?誘拐という不幸な事件なのだか、単純に不幸とは言えないのではないか。よくよく考えると分からなくなる。

    「その子は、まだ、朝ごはんを食べていないの」ここで涙をこらえきれなかった。希和子が薫の前で口にしたこの最後の言葉に希和子の大きな愛が何よりも現れている。大きな愛を独占して育てられた薫、それは希和子の歪んだ愛だったかもしれない。本当の親子でも虐待されている場合もあることを考えると、子供にとって一番の幸せはどれだけ愛されているかなのではないのかと思った。

    角田さんのずば抜けた表現力があったからこそのこの作品は間違いなく日本文学の名作だろうし、僕が今まで読んできた本の中でも最高の一冊。鳥肌が立つほどの感動をありがとう。角田さんの作品をこれからどんどん読もうと思う。

  • 実際に起こった事件を読んでいるような感じでした。
    うまいこと逃げながらひっそりと希和子と暮らし続けていたら、
    薫は幸せだったのではと考えてしまいました。
    かつて自明のものだった家族や地域が、
    大変貴重なものに見えてくるんです。
    家族や親子について考えさせられました。
    偽りの母子なのに、二人の関係が微笑ましくて、
    また周りの助けによってますます二人が幸せに見えるんです。
    希和子の最後の言葉には感動しました。

  • 母親ってすごい。怖いくらいすごい。
    自分が希和子や薫(恵理菜)と同じ属性を持っているなんて信じられない。
    もしも、私が彼女たちと同じ立場になったとしたら、私は何を捨てても子供を選んだりするのだろうか。

    分からない。考えられない。
    けれど、私はこの作品を読みながら、泣きまくった。

  • 映画を観てからの再読終了!!
    母性や家族関係や過去や未来などイロイロな角度から、切なかったり、辛くなったり、どうしようもなくて悲しかったり…
    でもそれだけ感情が揺さぶられたし、母子について考えたりしました。
    ラストに差しこむ光まで楽しく読みました。

  • 主人公に全く共感できなかった。
    がらんどうと言われた痛みは、私にも分かる。我が子を空へ見送る辛さも、よく分かる。だけど、母親から子供を、子供から母親を奪って良い理由には1ミリもならない。
    一度でも子を宿したなら、我が子を失う絶望をどうして想像できないの?
    傷ついたからといって、何をしてもいいの?
    続きが気になってどんどん読み進んでしまう展開はさすがだし、主人公の葛藤も描かれていると思うけど、応援されるべき母娘の姿として描写されている部分が少なからずあって、どうしても主人公と同じ目線になれなかった。
    愛情深い女性なのは分かるけど…
    私の想像力の問題なのかな…

  • 主人公である誘拐犯がいつ捕まるか、ハラハラしました。
    考えたら、そこまで逃げることなど不可能に近いとは思いつつ、かなり面白く読みました。
    親子愛は、血のつながりは関係あるのか、ないのか。
    母性はどこから生まれるのか。
    考えさせられる作品。
    誘拐犯である主人公の歪んだ感情は、実は女ならだれもがどこかにもっているのかもしれない。
    後半の主人公は誘拐された子供が成長してからの物語。こちらもどこか歪んだ成長をしているのかもしれないが…。
    不倫は、スルリと手を伸ばせば、経験してしまう人生の罠かもしれない。
    角田光代さんの作品は初めて読みましたが、面白い。次は違う作品を読んでみたいです。

  • 女たちの話。あとがきでもあったように、彼女たちの事情に男は関わってはいるが、必要ではない。問題の進行も解決も、男は全く頼られない。女性の強さ、逞しさ、哀しさ。自分も女であるからより感情移入してしまう。
    人を好きになって、ただそれだけでどうしようもない沼にはまってしまった。逮捕後の同級生たたちからのインタビューで優等生だったと言われた希和子。普通に生きていくはずだった彼女の犯す罪は、罪だけれども母性と慈愛に満ちていて、けれどもゆく先には不幸しか見えないような道で、辛くなった。最後彼女の叫んだ言葉がまた切なかった。
    恵理菜(薫)とその子どもの未来が明るいものであるよう願う、そしてその希望の余地が残されたラストがよかった。

  • 誘拐は良くない、でも本当に我が子のように育てた4年間を読んでて、このままでもいいじゃないかと思ってしまいました。逮捕直後の「まだ薫は朝ご飯食べてない」という台詞、自分が捕まったのにまずは薫の事考えた。これだけでも、凄い。

  • 構成が、上手い。

    誘拐犯が母に成り代わる視点。
    被害者の娘が母と成り行く視点。

    男も女もない、と謳っておきながら、どうにも女性的で男性的な作品だと思う。
    まあ、なんというか、男性の描かれ方は酷いな。
    何が、誰が、悪いと言い切れない一つのストーリーの中で、最後に「感謝を述べることが出来た」希和子にゾクッとしてしまった。

    どうしようもないどんより感を、小豆島の景色が儚くも鮮やかさをくれる。
    恐ろしいほどに、まとまった一冊。

  • 誘拐犯に育てられた子が、本当の家族のもとに帰ったほうが悲惨だったという悲惨。昔は誘拐してまで子供が欲しい人の気持ちなんてさっぱり分からなかったけど、子供を持った今は、ほんのちょっとだけ分かる。

  • 愛を知っている女性はこの犯罪者に感情移入してしまうのだろう。私は未婚だが、読みながら自分の母親のたくましさや優しさを希和子に重ねていた。薫が子どもを産むと決めたときの心情からも、母性というものの言葉にできないような潜在的なパワーを感じ、私もいつか母となり子を育ててみたいという思いが膨らんだ。
    また、小豆島の美しい風景、登場人物の暮らしの描写から見える生活感など細かな描写に現実味があり、物語にいっそう引き込まれた。作者の他の作品も読んでみたい。

  • 最後までどうしても誘拐犯である希和子の味方をして読まずにはいられませんでした。薫との生活全てが犯罪であるはずなんだけど、あんなにも子どものことを思う母性を見せられると悪いことのようには思えない。
    1章では二人の生活が今後どのようになっていくのか、2章では恵理菜(薫)の心の揺れ動きに興味を持って読みました。

  • 母になるために必要なのは、男の体と女の体。そこには母性も、ましてや父性など要るはずもない。だが、この世界で母として生きていくためには、様々な約束事があったのだ。
    自らの手で母となることを放棄し、引き換えに愛する男との未来を選んだはずだった希和子。しかし、男の妻がうんだ赤ん坊を見た瞬間に、彼女は罪を犯した逃亡者になった。柔らかくあたたかい赤ん坊を抱きしめた希和子は、誰よりも「母」だった。母であり続けるためにはどんなことでもできた。そして読み進める私たち読者も、どんなことがあってもこの二人を守ってやりたいと思ったのではないだろうか。

    母となることはたやすい。この時の赤ん坊恵理菜もまた、時経て、父のいない子を身ごもった。そんな時、岡山駅のタクシー運転手は言う。
    「そうじゃ。岡山も見て回ったん?おえんよ、ちゃんと見ていかんと。倉敷歩いて、後楽園見て。バラ寿司食べにゃ。バラ寿司おいしいよーゆうて東京の人におしえてあげにゃ」
    これが、あの時人目を避けて行くあてのない旅をしている希和子にかけられたのと同じ言葉であることを私たちは知っている。二人の母は、この社会の善人の代表のような運転手に返す言葉はない。だが、運転手は「おなかの子が生まれたら、連れてきてあげてーよー、バラ寿司食べさせてあげてーよー」とわらいかける。そうなのだ、この子は社会に祝福されて生まれてくることができる。

    この先、二人の、いや三人の母たちの心が澄み渡ることはないだろうが、それでも命は続いていく。思いも受け渡されていく。
    エンジェルホームのスタディで語られた「だからあなたは女?男ではない?」という問いも永遠に繰り返されていくのだろう。

  • 不倫相手の子供を誘拐して愛するというのは、衝撃的な内容だけれどもわざわざ不倫相手の子供を誘拐するほどなら嫉妬、怒り、悲しみなんかもありそうなのにそういう部分がそぎ落されていて、ドロドロ暗い、重い部分が無くさらっと母の愛を感じて読める不思議な物語。
    現実的には誘拐した子供の人生も家族ぼろぼろにしている事が,愛と呼べるのか?
    どちらかといえば狂気、復讐だけど現実性はあまり考えないで読んだほうがいいように思う作品でした。

  • 「対岸の彼女」で有名になった、角田光代氏の作品です。1993年の日野OL放火殺人事件をモチーフにしていると読み、興味を持ちました。たまたま映画が公開されるタイミングに本を手に取りました。
    不倫相手の赤ちゃんを誘拐し、自分の子として育てる女の逃亡劇が淡々と描かれる1章。2章は、大人になり、自分も不倫相手の子を身ごもって初めて過去に向き合う、誘拐された娘の心理描写を中心に展開します。
    ページをめくる手が止まらず、一気に読み終わりました。「母」であること。それはたった一つを願うこと。
    逃亡の末行き着いた、小豆島のきらきらした風景がまぶしく目に浮かぶようでした。いつか行ってみたい!地元の人のやわらかい方言も癒されます。
    角田氏の他の作品も読んでみたいと思いました。

  • 感想を書きにくい作品。
    薫として生きていた時が一番幸福だったことを認められないことにほっとするのと同時にとても悲しい気持ちにもなる。
    最後まで重かったが、先がどうなるか気になって一気に読み終えた。
    最後の最後で救われた。
    誰かとこの作品について語り合いたい。
    薫は、薫だったとき幸せだったのか?
    希和子は、犯罪者だけど…。
    すっきりしない。
    男なんて居なくても何とかなりそう。ということは感じたが…。

  • 面白くて、あっという間に読んだ。
    力強く生きる女性たちがたくさん出てきて、涙が出そうでした。

    愛情を持てない母親や、虐待する母親がいる中で、この母親は素晴らしいと思う。
    一所懸命にはたらいた。

    エンゼルホームなど、不思議な人たちも出てくるけど、
    まるっきり悪人でもないような・・・と思うのは浅慮でしょうか。

    ラストのシーン、さりげなくすれ違った二人に感動しました。

  • とてもいいです。
    本当にそうだよなぁ、と思わせるシーンにあふれています。
    小さいこどもは、無償の愛を親に向けてくる。
    それがいとおしく、その幸せな時間が家族には大事。
    本当の幸せって、なんだろう。
    人間らしさってなんだろう。
    子供たちの笑い声、海と新緑、自然のあふれる瀬戸内の暮らし。そこに蝉の姿が重なっていく。
    いろいろと考えさせられる本でした。

全1865件中 1 - 25件を表示

八日目の蝉 (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

八日目の蝉 (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

八日目の蝉 (中公文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

八日目の蝉 (中公文庫)の作品紹介

逃げて、逃げて、逃げのびたら、私はあなたの母になれるだろうか…。東京から名古屋へ、女たちにかくまわれながら、小豆島へ。偽りの母子の先が見えない逃亡生活、そしてその後のふたりに光はきざすのか。心ゆさぶるラストまで息もつがせぬ傑作長編。第二回中央公論文芸賞受賞作。

八日目の蝉 (中公文庫)のKindle版

八日目の蝉 (中公文庫)の単行本

ツイートする