SRO〈2〉死の天使 (中公文庫)

  • 657人登録
  • 3.44評価
    • (27)
    • (93)
    • (120)
    • (22)
    • (4)
  • 77レビュー
著者 : 富樫倫太郎
  • 中央公論新社 (2011年1月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122054271

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
高野 和明
東野 圭吾
貴志 祐介
有効な右矢印 無効な右矢印

SRO〈2〉死の天使 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • 前作で自宅謹慎、入院になってしまった部員がおり4名でスタート。その4名も刑事部長の怒りによって警視庁からでるなという命令で捜査はほとんど室内から。こういう捜査も珍しい。

  • 上司から借りて2014.2に読了。
    1を読み終えてすぐにこちらを読み始め。
    宗教は自分の中に神を作って人を殺せるから恐ろしい。
    どうもこの作者は、犯人を突き止めるまでは面白いんだけど、その後の展開が力任せになってしまうのかな。。。
    1と同じく、最後の展開が残念〜
    過程は面白いんだけど。
    会計畑のSROメンバーの一面を見る事が出来た2でした。

  • 「ドクター事件」でSROは一人の重傷者を出し、二人の謹慎者を出し、他のメンバーも外出を禁止された。
    調査室で市民から寄せられた投書を読む毎日だ。
    退職した看護師からの投書がすべての始まりだった。
    患者が急変し死亡した責任を取らされ退職に追い込まれたという。
    医療ミスの疑いもあり看護協会調査課を訪れるが、下野東方病院には何の問題もみあたらない。
    直接病院にもあたってみるが、副院長である琥珀の説明で医療ミスは全面否定され、退職した看護師には問題があったことを説明される。
    信念を持って殺人を繰り返す犯人。
    狂気というよりも、人間ではないもの・・・のような感じがした。
    歪んでしまった心は、人として進んではならない方向へと傾き、間違った信念は彼の中では正義として正当化されていく。
    読んでいてずっとすっきりしなかった。
    正しいことを言っているようにみせかけているけれど、絶対に間違っている。
    まるでお菓子の家を囮に子供をさらう魔女のような・・・。
    耳障りのいい言葉を弱った心に向けてささやき、死への願望を植えつける。
    終盤、山根が「殺人衝動を抑えられないから理由をつけているだけだ」と言っていて、やっとすっきりとした。
    結局、自分の中にある「人を殺したい」という欲望に勝てなかった卑怯な犯罪者にすぎない。
    SRO1では最後しか活躍の場がなかった富田だが、今回は大活躍をする。
    几帳面な彼らしくメモを取りながら、山根の病院側の中継点として見事な動きをみせる。
    後半、富田がどうなるのか。嫌な予感がしてハラハラしながら読み進んだ。
    それにしてもSRO。
    逮捕にあたって毎回人は死ぬし無茶はやるしで、これから大丈夫なのか?と心配になってきた。

  • 続編がでて、わ、うれしいと思って、読みました。今度は、病院もの。連続殺人を犯す副委員長。ある決められた儀式、方式にのっとり、自らの考え方で人を殺していく。宗教を持っていると強くなれるけど、とんでもない方向に行く例かも。

  • 1巻よりこっちのほうが面白かったー!!1巻はちょっと身体的な痛みの描写のところぞっとしちゃったからなあ。精神的なもののほうが読める。面白いな〜歪み具合を書くのが上手いというか……シリアルキラーとかサイコパス?定義がよく分かってないけど、そういうキャラクターを出すとき、歪み具合をどうやって現実の日常で隠してるかの描写がいちばん肝だと思う。現実離れしたらその怖さも半減しちゃうし。前回といい今回といい犯人の描写が上手いので、他で気になるところは割と慣れて……いくけど文庫書き下ろしだからなのか誤字っぽいところが1巻にも2巻にもあってちょっと残念。
    あとはSROが一向にイメージアップしないのが皮肉でリアルでいいなーと思います。

  • 「SRO 死の天使」

    今度は病院が舞台!
    シリアルキラーはなんと敬虔なクリスチャン!

    重病患者に対して死とは何かを説いて決して死は怖くない!神様のところに帰るだけと説き、危篤状態になっても患者が治療を拒むように持っていく。

    なんとも手間のかかる殺人だけど、これで10年以上年間24人も殺していた。

    怖いなぁ。

  • シリーズ2巻目を読む。

  • 今回は犯人が早い段階で登場し、その内面について深い描写があった点が評価できる。
    そのため、読んでいる側としては犯人を追い詰めていくサスペンスの要素が強い読みごたえだ。

    今回のシリアルキラーで被害者数が一気に増えたので、シリアルキラーのパワーインフレが起こらないか心配

  • 富樫倫太郎による広域捜査専任特別調査室SROの活躍を描く第2弾。
    前作からそれほど時間が経っていないのに新たな連続殺人の疑惑に迫っていくSRO。今度は医師が相手となる。
    本作では殺人を神の御心に従ったまでという認識のもとに、なんの罪悪感も持たずに実行していく相手が出てくる。しかも、普段は非常に優秀かつ冷静に的確に物事を判断できる聖人のような人物というところが空恐ろしい。つまるところ、外見や普段の行動からは相手が連続殺人犯とは見分けにくいということだ。
    海外作品ではよくそういった事例を扱うものを見かけるが、日本にはそぐわないのかなあと漠然と思っていた。前作の近藤房子もそうだが、普段とはまるで別の顔を見せる殺人犯に、現実にあり得るのではと思う瞬間が盛り込まれ、しかも、房子は薬剤師、本作では医師という本来人の命を救う役目を果たしている人たちというのがリアルに恐ろしい。
    SROの活躍もさることながら、こうしたリアルな設定で現実に起こりうると思わせる展開を用意しているところが、本作の大きな魅力である。

  • 面白い!!!!!

    前回の1に続いて同じ調査室のメンバーが立ち向かうシリアルキラーなんだが、宮部みゆきの模倣犯のように、終始一貫して犯人はわかってる!!

    犯人の視点からと捜査現場の視点から、はたまた被害者の視点からといろんな方向からの視点で物語が躍動していくのが、とっても新しい!!!

    また、調査室のメンバーのキャラが立ち、読んでて飽きさせない!今回は宗教との連動での犯罪ミステリー2部作!!!!

    面白い!面白い!さすが冨樫!!!と、うなる一冊!!!超オススメです!

  • シリーズ第2段。
     前作と比べると、なんだか一気にチープな感じが漂い始めてしまったのが難点であるが(メンバー、短期間でキャラ変わり過ぎ)・・・十分に楽しめるエンタテイメント。

     生命をゆだねる医師に、もし悪意があったならば・・・と考えると、ちょっと怖くなった。

     既刊は「6」まであるようなので、機会が会えば続刊も手に取ることにはなりそう。

    ★3つ、7ポイント。
    2015.11.06.古。

  • 誰もが一度は考えるであろう、尊厳死や安楽死について。これらはその人の宗教観、哲学によってさまざまであるから、難しい。
    不治の病だから、ちょっと旅立つのを手伝う、これをしていいものかどうか。意思もなく、心臓しか動いていなくても、旅立つことを手伝っては殺人になる。
    当事者になればぐちゃぐちゃになるまで考えるんだろうな。
    医師が、勝手にはやってはいかんだろとは思いますがね。
    今回のSROも糸口さえつかんでしまえば一気呵成でしたね。

  • SROシリーズ第二弾。
    ミステリと言うより刑事ものって感じ。
    この部署に配属されたら一度はシリアルキラーに襲われないといけないのだろうなぁ。

  • 編曲したキリシタン医師の琥珀が、聖教者としては、先の無い患者を歴代法皇の命日に旅立たせる(ある意味尊厳死)殺人を探り当てるSROの活躍を描く。中々おもろかった。

  • 前作に比べると、うーんと感じる部分もありつつ。
    でもはらはら感と読みやすさは健在です。キャラクターも深まってきて、犬猿の仲だったとか、裏切りがあった、みたいな人物も心動かされ何となくまとまりながら離れながら進んでいく。
    医療ものと刑事物が好きな人にはぜひ読んでもらいたいです!

  • 神から与えられた使命だと言って、10年間患者を殺し続けるなんて…しかもそれが医者だというのだから、読んでいて腹立たしかった。
    宗教にのめり込むのって怖い。

  • シリーズ第二弾であります
    第一弾で見事に連続殺人鬼を逮捕
    無茶で違法な捜査を行った警視庁広域捜査専任特別捜査室の面々は・・・・・・

    結果・・以下の処分に

    有給扱いの謹慎・・・二名
    心の病で入院中・・・一名
    外出禁止の管内勤務・・・四名

    でもでも
    事件は彼らを放っておいてはくれません
    ってか
    彼らは事件を放っておかない!!!!!

    ある病院で末期の患者たちが本病とは違う原因で死亡している
    その病院には死を望む患者たちを神のもとへ送り届ける【死の天使】がいるという・・・・・・・・
    事実関係を調査するためにSROは警視庁内で捜査とは無縁の職・・経理畑のベテランである富田を潜入させる
    そして、彼に・・・・・・・魔の手が・・・・・・・

    次々に現れますね~
    『シリアル・キラー』
    今回も厄介な相手です
    外科医ですから
    ある意味、生死のスペシャリストですから

    作中でも本人たちが言っていますが
    ほんと二時間ドラマような展開であります

    今回はSROの描写は抑え気味
    舞台となる病院関係諸々のお話が中心で

    えーーーーー死んじゃったよ・・・・・・・・あっけない・・・・・
    てなシーンもありましたが

    ラストシーンは謹慎中の二人も復活して
    またもや

    ハリー・・・・それ携帯しちゃダメだって言われてるでしょ・・・・・・

    今回も楽しかったでーす!!!

    パート3は全員揃うかなぁ

  •  ようやくまとまってきたSRO、次の舞台は病院です。新たな敵の登場。メンバーがまた危険な目に合う、これはお約束ですね。展開が速く、ハラハラさせられるので一気読みです。
     夏目さんと昆虫は、ほんと勘弁してもらいたい。
     

  • 文章にときどき、ん?って思うのは前作と同じ。でもテーマが興味深くてすんなりと読了。末期のがん患者など、死を切望する人の希望を叶える「死の天使」のウワサが流れる病院。シリアルキラーが存在するのか。宗教も絡みます。思いテーマなんだけれど、決着はあっさり。うーむ。

  • 頭のおかしい医師のお話。
    SROのメンバーも相変わらず変。

  • 読みやすくスピード感もあり、意外性もあって良かった。

全77件中 1 - 25件を表示

SRO〈2〉死の天使 (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

SRO〈2〉死の天使 (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

SRO〈2〉死の天使 (中公文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

SRO〈2〉死の天使 (中公文庫)の作品紹介

強く死を願う患者の前に現れて、その願いを叶えてくれる-栃木県・下野東方病院関係者の間でささやかれる「死の天使」の噂。担当患者が亡くなった責任を取らされ、退職を強要された看護師からの投書を調べるうちに、新九郎たちSROは奇妙なことに気付く。新時代警察小説、待望のシリーズ第二弾。文庫書き下ろし。

SRO〈2〉死の天使 (中公文庫)のKindle版

ツイートする