プロフェッショナルな修理 (中公文庫)

  • 28人登録
  • 3.57評価
    • (1)
    • (3)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 足立紀尚
  • 中央公論新社 (2011年1月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (291ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122054349

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
パオロ マッツァ...
ウォルター・アイ...
ウォルター・アイ...
あさの あつこ
ヴィクトール・E...
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

プロフェッショナルな修理 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • 修理という作業から見える技術力の数々。経験を積んで身に着けた職人の技能(手技)もすごいですが、作業の過程での工夫など技能を活かすための“技術”の高さがプロフェッショナルとしての本当の格好よさなのだと感じました。

    解説にある修理“工”と修理“要員”という言葉は仕事をしていく上で常に意識しておきたい。

    文章はあまり難しくはありませんでしたが、頭の中での想像だけでは少し「なるほど!!」に届ききらず。あともう少し写真が多くあれば、さらにしっかりと理解しながら読み進めれたんだろうな。

  • 写真がもっとあるとイメージが分かりやすいのにな と思うのですが…
    本当の技術力とはこういうもののことに感じます。

  • 全編文章による修理方法の説明でありまた具体的な修理方法を写真入りで紹介するのは難しいかも知れないが内容は期待はずれでした。

    過去にピアノの修理、モーターサイクルの修理をした経験からすると物足りないです。

  • 仕事に役立つと思い衝動買い。
    職人=プロフェッショナルな人に最大限に敬意を払った作者の文章が、嫌味がなく心地よい。
    知らない技術分野を易しく文章化していて、タメになった。
    個人的には、
    ・車の部品(電装品:オルタネーター)のリビルド品
    →から観たアメリカのDIY文化の考察
    ・(非常に分業化されている)着物の修理
    ・再生パソコン
    →エコイメージ作りだけでなく、次の見込ユーザーへのマーケティング戦略としての再生パソコン。
    には、納得出来た。

全5件中 1 - 5件を表示

プロフェッショナルな修理 (中公文庫)に関連する談話室の質問

プロフェッショナルな修理 (中公文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

プロフェッショナルな修理 (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

プロフェッショナルな修理 (中公文庫)はこんな本です

プロフェッショナルな修理 (中公文庫)のKindle版

プロフェッショナルな修理 (中公文庫)の単行本

ツイートする