SROⅢ - キラークィーン (中公文庫)

  • 593人登録
  • 3.71評価
    • (38)
    • (102)
    • (83)
    • (7)
    • (3)
  • 70レビュー
著者 : 富樫倫太郎
  • 中央公論新社 (2011年3月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (399ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122054530

SROⅢ - キラークィーン (中公文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • SRO1で捕まえたシリアルキラーの近藤房子が振り込め詐欺で多額のお金を得たあほな若者によって脱走する話。近藤房子が振り切れててよい。SROメンバーが活躍しないというパターンも面白い

  • ここまで残忍である必要は、ある?

  • Ⅰの続編。
    Ⅲは、SROひとりひとりのキャラクターについては、あんまり触れてなくて、それがちょっと物足りない気はしたかも。
    シリーズの中でも、まだ続くんだろうな~。
    もういいかも。(笑)

  • 評価は4.

    内容(BOOKデーターベース)
    “最凶の連続殺人犯”と呼ばれた近藤房子が逮捕されて五十数日。依然として黙秘を続ける房子のもとへ、「Mに従え」とだけ書かれた差出人不明の手紙が届く。一方、SRO室長・山根新九郎は、東京地検から房子との面会要請を受けるが―。

  • 読んでてしんどくなった。本当に嫌。途中でリタイアしようかと思ったくらい。
    あれだけ逮捕のチャンスがあったにも関わらず、結局逃してる警察に腹が立つ。
    まだ近藤房子シリーズが続いてるみたいでウンザリする。
    こういうシリアルキラーとかサイコパス系の本は、得意じゃないかも。

  • 第1巻「SRO」で逮捕された近藤房子が移送途中に逃亡する。
    なので、きちんと内容を把握したい人は最低でも第1巻は読んでおいたほうがいいかと。
    連続殺人犯を逃亡させた二人組には、房子を助けなければならない理由があった。
    それは思いがけないもので、SROのメンバーにも犯人たちが手助けした意味がわからない。
    近藤房子という人間の底知れない怖ろしさがひしひしと迫ってくる。
    「怒り」という感情はあるようなので、たぶん他人への共感力がまったく欠落しているのだろう。
    他者の痛みや苦しみは、房子にとっては喜びでしかない。
    支配し、いたぶり、そして抹殺する。
    今回のターゲットは自分を逮捕したSROのメンバーたちだ。
    房子は山根や木戸が警察の監視下にあることを知り、陽動作戦にでる。
    過去に犯人を射殺した経験のある針谷に対し、捜査一課から木戸の護衛に回された門奈や坊屋はひややかな思いを抱いている。
    しかし、威嚇射撃など何の意味も持たない房子のような人間には、瞬時に判断し行動に出なければならない。
    後の処罰を懼れていては、守らなければならない人を守ることはできないのだ。
    房子は再び社会に戻り、死者の数を増やしていく。
    SROのメンバーたちはもちろん、房子と対峙した人間はみな心に傷を負っていく。
    これからの惨劇を予想させるようなラストは、次巻への期待をいやでも高めている。
    個性豊かなSROのメンバーたち。
    ひとりひとりのキャラクターがしっかりとしていて、どのメンバーのどんな行動も説得力があった。
    どうやら奇数巻は房子の物語になっているらしい。
    房子の強運はいつ途切れるのか?
    「SRO4」が楽しみだ。

  • 読了

  • 房子復活!というか、いやーー、しぶとい。このおばさん。考え方というか非情さがすごく、でてる。
    今後もこの人が登場するみたいなので、続々です。
    途中、あまりに壮絶で、読み飛ばし、再読してしまいました。
    またまた、SROに犠牲者がでて、、、

  • 面白かった。このシリーズ読み進めて行くとシリアルキラーが当たり前になってきて、そんな思考も考えてみたらぞっとするけどそれも作者の狙いのような気もする。

  • これから、どうなる

全70件中 1 - 10件を表示

富樫倫太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
堂場 瞬一
高野 和明
有効な右矢印 無効な右矢印

SROⅢ - キラークィーン (中公文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

SROⅢ - キラークィーン (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

SROⅢ - キラークィーン (中公文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

SROⅢ - キラークィーン (中公文庫)の作品紹介

"最凶の連続殺人犯"と呼ばれた近藤房子が逮捕されて五十数日。依然として黙秘を続ける房子のもとへ、「Mに従え」とだけ書かれた差出人不明の手紙が届く。一方、SRO室長・山根新九郎は、東京地検から房子との面会要請を受けるが-。

SROⅢ - キラークィーン (中公文庫)のKindle版

ツイートする