「たえず書く人」辻邦生と暮らして (中公文庫)

  • 15人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 辻佐保子
  • 中央公論新社 (2011年5月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (242ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122054790

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

「たえず書く人」辻邦生と暮らして (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • 辻邦生全集のあとがきを編集した内容。各巻ごとに当時の執筆状況や心理状態を最も近い存在の著者が振り返っている。年代順に追うことができる。

  • 読むのはいつもあとがきばかり
    あとがき−心の闇あるいは水面下の氷山−
    過ぎ去る時と留まる記憶

    八ヶ岳から軽井沢暮らしになるところが懐かしく、また、知らなかった人間関係も見えてきた。辻邦生の松本高校時代の恩師であり結婚の証人になった関屋光彦氏の綾子夫人の兄が森有正氏だった。
    著者は私のなかでは「A」として「パリの手記」に出てくるイメージしかない。
    辻邦生の文学を現実に引き戻す存在としてAのネタばらしは楽しい(引用を見てね)。

  • 2011/05/25 中公文庫「『たえず書く人』辻邦生と暮らして」(辻佐保子 著)

    辻佐保子という著者は、作家・辻邦生夫人である。
    この著作を初めて見たのは、もう数年も前の事になる。四六小版の薄いハードカバーであったと記憶している。その時読んでみたいと思ったのだが、単行本であったため購入しなかった。
    その後やはり読みたいとその本を探したのだが、既に本屋の棚から消えていた。売れたのであろうが、手に入れられなかったのが残念に思っていた。
    そして今日、朝日新聞の広告欄に中公文庫の出版案内が掲載されており、それらの文庫の一つとして、この作品が紹介されていた。やった!欲しい本が文庫として出版される。嬉しくなり出かける時に買おうと思った。
    果たして購入したのだが、…いつから読み始めようか?

    以下は中公文庫のWebサイトに紹介された記事である。…
    〈些細な出来事や着想から大きな一つの作品世界を構築していく作家・辻邦生の仕事ぶりを、半生記を共にした夫人が綴る作品論的エッセイ。〉
    書誌データ
    初版発行日2011/5/25
    判型文庫判
    ページ数248ページ
    定価540円(本体514円)
    ISBNコードISBN978-4-12-205479

全3件中 1 - 3件を表示

「たえず書く人」辻邦生と暮らして (中公文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

「たえず書く人」辻邦生と暮らして (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「たえず書く人」辻邦生と暮らして (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

「たえず書く人」辻邦生と暮らして (中公文庫)はこんな本です

「たえず書く人」辻邦生と暮らして (中公文庫)の単行本

「たえず書く人」辻邦生と暮らして (中公文庫)のKindle版

ツイートする