ぼちぼち結論 (中公文庫)

  • 64人登録
  • 3.57評価
    • (3)
    • (8)
    • (8)
    • (2)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 養老孟司
  • 中央公論新社 (2011年6月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122054929

ぼちぼち結論 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • 読書録「ぼちぼち結論」5

    著者 養老孟司
    出版 中央公論新社

    P32より引用
    “最近聞いたことだが、小学校の先生が雑巾を持ってくるように
    と児童に伝えたら、母親から「なんで私が雑巾を作らなきゃなら
    ないのか」と詰問の電話があったという。”

     解剖学者である著者による、世の中の色々なことについて著者
    が考え続けたことをまとめた一冊。
     団塊世代の定年後についてから書評まで、理路整然と書かれて
    います。

     上記の引用は、先生について書かれた項での一文。
    自分の子どもの使う道具くらいは、自分で作ったほうがいいので
    はないかと思うのですが…。しかしこういう人のほうが世の大勢
    なのだろうかと思います、なぜなら100円ショップや大手スーパー
    でも雑巾が売ってあるのを見かけるからです。
    まあでも、子どもの雑巾一つ縫い上げる時間も無いほどに働かな
    ければいけないというのも、とても大変なことだなと思います。
    体を壊さないようにしたいものです。

    ーーーーー

  • 頭のいい人の文章は明快でいいっす

  • 養老孟司氏著。

    「この国はナアナアで、マアマアなのである。」
    「万事は金の世の中、データを取るには金がかかるが、考えるのはタダだから、考えることに価値がなくなったのであろう。」
    「今の子どもたちは、消費者として学校に入ってくる。」

    など、らしい言い回し多数。
    うーんって思わされます。

  • アメリカのきほんが石油戦略であると断言しているところなど養老先生らしいなあ。言っていることは相変わらずむずかしいですが。

全6件中 1 - 6件を表示

ぼちぼち結論 (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ぼちぼち結論 (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ぼちぼち結論 (中公文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ぼちぼち結論 (中公文庫)はこんな本です

ぼちぼち結論 (中公文庫)の新書

ぼちぼち結論 (中公文庫)のKindle版

ぼちぼち結論 (中公文庫)のKindle版

ツイートする