不作法のすすめ (中公文庫)

  • 55人登録
  • 3.69評価
    • (2)
    • (5)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 吉行淳之介
  • 中央公論新社 (2011年11月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122055667

不作法のすすめ (中公文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • “他人に親切にしようとおもうときは、それが二倍の大きさになって手痛くハネ返ってくる覚悟が必要だ” やっぱりお節介になったり、お返しを考えちゃうしね。 しかし、腹を立ててはいけない。それが紳士というものだ。 現代では(不適切な関係)とされる、アソビからの生きた教訓。 不作法でも寛容性のある紳士。やがてなりたし。

  • こちらも、時代の流行だったのかな…と感じる書。
    おしゃれ(?)で粋なエッセイでこの人女性にモテたんだろうなというのがわかります。
    戦後の混沌とした時代の吉原、新宿の風俗の様子。

    平和な時代にあって…ベタベタした空気と比べて当時のやむを得ない諦念が伝わってくるけれどそれは作者だからなのかな…。

  • 紳士のたしなみ系の本では、吉行淳之介がいちばんしっくりきた。

  •  同郷の人、女優である娘のファン、というものの著書は1冊も読んだことがなかったので、この惹かれるタイトルの本から読んだ。
     戦後の赤線の話が多いのだが、こういう世界があったのかという思いしかない。現在もこの手の世界はあるが、当時のような雰囲気ではなく、違法そのものでもあるためか(抜け道だらけかもしれないが)あんまし味のあるルポ?にはありつけない。その点このような文学者の文章でつづられる下世話な話は、古いながらも味があるし、妙な憧れすら覚える・・
     という「雰囲気」の本だった。

  • うーん…先生のイケナイ部分を見てしまったような気がする…

  • 軽妙でおもしろい。20代の頃ならこんなに面白くは感じなかっただろう。いつの時代も男はこうなのだ。それにしても第三の新人はどの作家もとてもしっくりくる。僕の前世は意外と戦後あたりにあるのかもしれない。

  •  
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4122055660
    ── 吉行 淳之介《不作法のすすめ 1973‥‥ 角川文庫 199112‥ 光文社文庫 20111122 中公文庫》
     
     吉行 淳之介 作家 19240401 岡山 19940726 70 /エイスケ&あぐりの長男
    http://www.enpitu.ne.jp/usr8/bin/search?idst=87518&key=%B5%C8%B9%D4+%BD%DF%C7%B7%B2%F0
     
    http://d.hatena.ne.jp/adlib/20041017 お嬢さま ~ もうひとりのわたし ~
     
    (20120503)

  • いつもの倫理観は捨てて読む。場の雰囲気や相手の立場を広く広くわきまえた振る舞いが、オトナのコミュニケーション。それぞれが各々の役割を演じるということ。

  • 戦前戦中の、筆者の吉原通いの回想録。
    紳士たるとは一体なんぞや。

    今は無い吉原の空気が伝わってくる。

全9件中 1 - 9件を表示

吉行淳之介の作品

不作法のすすめ (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

不作法のすすめ (中公文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

不作法のすすめ (中公文庫)の作品紹介

「紳士とは何ぞや」から始まる、不作法と紳士の関連性。文壇きっての紳士が語るダンディズム、紳士の条件、そして品とは。著者自身の酒場におけるポーズの変遷から、金の使い方に至るまで、アソビを通して、「人間らしい人間」を指南する洒脱なエッセイ集。

不作法のすすめ (中公文庫)はこんな本です

不作法のすすめ (中公文庫)の文庫

ツイートする