達成の人 - 二宮金次郎早春録 (中公文庫)

  • 11人登録
  • 4.50評価
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 植松三十里
  • 中央公論新社 (2012年1月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122055889

達成の人 - 二宮金次郎早春録 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • 二宮金次郎(二宮尊徳)の幼少期からの一生を描いた小説。

    貧乏時代から勤勉と努力が、苦労苦労の背景から、実を結ぶ物語が、読みやすい小説として紹介されている。
    冒頭より、まるで映画を見るような感覚で、読み進めることができた。

    「節約」について、二宮金次郎のそれは、個人の為にあるのではなく万民のためにあるものだという点において、現代の個人主義的な「節約」とは大きく違うものだ。
    また、「節約」の方法論は、単なるケチなのではなくて、喜びや快感を伴うものとなっていて、読んでいて非常に爽快だった。

    物語は、タイトルの通り、幼年期〜青年期・壮年期に重点が置かれていて、晩年についてはやや端折っ手いるように感じたが、そこから学べるもの・教訓は膨大だと感じた。

    ここにある話は、単なる精神論や美談としてではなくて、実践論としても現代に通用するものだと思える。

    いまの不安に満ちた世に希望をあたえることの出来る小説だ。
    是非皆さんにおすすめしたい。

全1件中 1 - 1件を表示

達成の人 - 二宮金次郎早春録 (中公文庫)を本棚に登録しているひと

達成の人 - 二宮金次郎早春録 (中公文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

達成の人 - 二宮金次郎早春録 (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

達成の人 - 二宮金次郎早春録 (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

達成の人 - 二宮金次郎早春録 (中公文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

達成の人 - 二宮金次郎早春録 (中公文庫)の作品紹介

江戸後期、相模国の貧しい農家に生まれた二宮金次郎。相次ぐ両親の死、莫大な借金、洪水…苦難に直面するたび、黒松の苗に十年後の自分を誓う。武家・農村復興に尽力し、学びの姿勢と倹約精神で後世に偉人と称えられた、金次郎(尊徳)の若き日々。新田次郎文学賞・中山義秀文学賞受賞作家による傑作歴史長篇。

達成の人 - 二宮金次郎早春録 (中公文庫)はこんな本です

達成の人 - 二宮金次郎早春録 (中公文庫)の単行本

ツイートする